Quicktimeを使用してコンピューターからオーディオを録音する方法。

現在のAppleコンピューターでは、組み込みのプログラムを使用してコンピューターのオーディオを録音することはできません。 システムのオーディオを録音できるほとんどのプログラムはかなり高価です。 これは、スクリーンレコーディングや著作権のないオーディオの合法的な録音など、何らかの理由でシステムオーディオを録音する安価な方法を必要とするほとんどの人にとって問題です。 幸いなことに、この問題を回避する方法があります。

このチュートリアルでは、QuicktimeとSoundflowerという無料のプログラムを使用して、コンピューター(マイクではない)からシステムオーディオを録音する絶対に無料の方法を紹介します。 これは、コンピューターの音声をキャプチャするために必要な画面記録、または著作権のない音声を合法的に記録する場合に便利です。 それでは、見てみましょう...

(私はWIndowsのコンピューターにはあまり詳しくありませんが、「Jack」と呼ばれる別のプログラムがあり、ほぼ同じことを行う必要があると思います。しかし、100%確信はありません。)

ステップ1:システム設定

最初にすべきことは、システム環境設定を開き、サウンドに移動することです。 入力をクリックします。 「Internal Microphone」や「Line-in」などが表示されるはずです。 出力をクリックします。 「Internal Speakers」や「Headphones」などのように表示する必要があります。 そして、「入力」部分。 入力は、何らかのオーディオ録音を行うときに、コンピューターがオーディオを受信する場所を指定します。 出力は、コンピューターでオーディオを再生する場所、または音声を聞きたい方法を指定します。

気付いた場合、コンピューターの音声の受信に関する入力には何もありません。また、コンピューターの音声の出力に関する出力には何もありません。 しかし、心配する必要はありません。修正できます。

ステップ2:サウンドフラワー

コンピューターの音声をQuicktimeに送信できないというこの問題を解決する方法は、Soundflowerという無料のプログラムを使用することです。 Soundflowerは、プログラムがオーディオを他のアプリケーションに渡すことを可能にするMac拡張機能です。 これは、オーディオデバイスとして機能し、プログラムは他のサポートなしでオーディオデバイスからオーディオを送受信できます。

ここからダウンロードできます。

//www.macupdate.com/app/mac/14067/soundflower

.dmgファイルを開き、画面の指示に従ってこのプログラムをダウンロードしてインストールします。

(何らかの理由でダウンロードが機能しない場合は、ベータ版などの別のバージョンをダウンロードしてみてください)

ステップ3:

Soundflowerが正常にインストールされたら、システム環境設定の[サウンド]タブに再度アクセスします。 「出力」をクリックします。 これで、「Soundflower(2ch)」と「Soundflower(64ch)」の2つのオプションが追加されました。 これは、インストールしたばかりの拡張機能です。 すべてをさらに簡単にするために、オーディオデバイスとして表示されます。

[出力]セクションで[サウンドフラワー(2ch)]をクリックします。 これで、コンピューターはSoundflower(2ch)拡張機能を介してすべてのオーディオを出力しています。 (唯一の欠点は、これが選択されている限り、スピーカーからオーディオを聞くことができないことです。)

次に、Quicktime Playerを開き、[ファイル]> [新しい画面の記録]をクリックします。 Quicktimeウィンドウの横にある小さな矢印をクリックします。 マイクセクションの下にある[Soundflower(2ch)]をクリックします。

画面ではなく音声のみを録音する場合は、[ファイル]、[新しい音声録音]の順にクリックして、同じ操作を行います。

録音ボタンをクリックして、コンピューターの音声を録音してください!

完了したら、スピーカーから音声をもう一度聞きたい場合は、[システム環境設定]> [サウンド]> [出力]に戻り、[内蔵スピーカー]をクリックします。 これで、オーディオは内蔵スピーカーから再び再生されます。

これを楽しんでください!

関連記事