Arduino UnoからAttiny85をプログラムする方法

Arduino Unoを使用して、Arduino IDEからATtiny85をプログラムする方法を示すクイックチュートリアル!

このチュートリアルは友人のオーランドから依頼されたので、お役に立てば幸いです!

コメント、懸念、フィードバック、リクエストを歓迎:

しょーた

ステップ1:ATtiny85のサポートをArduino URLボードマネージャーに追加する

デフォルトでは、Arduino IDEはATtiny85をサポートしていません。ArduinoボードマネージャーにAttiny85のサポートを追加する必要があります。

  • Arduino IDEからArduino-> Preferencesに移動し、 Additional Board Managers URLsまでスクロールダウンします
  • 以下をコピーして貼り付けます(ボードマネージャーのURLが既にある場合は、貼り付ける前にカンマを追加するだけです)

Arduinoの創設者の1人、Davidにコードを書いてくれてありがとう!

//raw.githubusercontent.com/damellis/attiny/ide-1.6.x-boards-manager/package_damellis_attiny_index.json

  • 下部の[OK]を押して、Arduino IDEを再起動します

ステップ2:ATtinyボードパッケージをインストールする

  • Arduino IDEから[ツール]-> [ボード]-> [ボードマネージャー]に移動します。
  • 新しいタブが開き、タブタイプの上部にattinyが表示されます
  • DavidのAttinyにインストールを選択します。 メリス
  • Arduino IDEを再起動します
  • ATtiny85ボードが追加されました! [ツール]-> [ボード]-> [Attiny85]に移動します

ステップ3:Arduino UnoをISPモードに設定する

ブートローダーをATtiny85に書き込む必要があるArduino IDEからATtiny85をプログラムできるようにしたいので、ISPスケッチをアップロードしてArduinoの拳を「準備」する必要があります。

Arduino IDEで、「ファイル」->「例」-> 11. Arduino ISP-> ArduinoISPを選択します。

ISPスケッチが開き、Arduino Unoにアップロードされます

ステップ4:マイクロコントローラーのピンのラベル付け方法

接続する前に、マイクロクローラー/ ICのピンのラベル付け方法を知ることは非常に重要です。

Arduino IDEでチップをプログラムするために使用されるピン番号は、チップの製造元がピンを内部的に命名/配置した方法に基づいています。 ATtiny85の製造元はATMELです( AT tiny85のATは実際にはAT MELの略です)。チップを製造する会社の最初の2つのイニシャルがチップに共通することはよくあります。

ピンは「ポート」と呼ばれるグループに集められます。これらのポートにはA、B、Cなどのラベルが付いています。各ポートには0、1、2、3などのラベルが付いたチップがあり、 マイクロコントローラの物理ピンは、多くの場合、チップをプログラミングするときに使用されるピン番号と時間は異なります。


例:

PB0(上のデータシート)は、ピン0がチップのポートBにあることを意味します。

ピン0がポートAにある場合、名前はPA0のようになります(ポートAピン0

複雑さを増すために、ピンには複数の機能を持たせ、複数の名前を付けることができます。

すべてをまとめてラッピング!

ATtiny85のピン0のLEDを点灯するプログラムを書くと、最初は混乱するかもしれません。なぜなら、チップを見るだけではピン0がないからです! ただし、上記のATMELスニペットからATtiny85のデータシートを確認すると、ピン0はチップのポートBに内部的に配置されています(実際にはチップの物理ピン5です)。

ステップ5:ArduinoをATtinyピンに接続する

電解コンデンサを使用してください-10uFが推奨されますが、22uFを使用し、ArduinoがArduinoのGNDおよびRESETに自己接続して再起動するのを防ぐために正常に機能しました

ブレッドボードとジャンパー線を使用して、Arduino UnoからATtiny85への接続を蛇腹にします。

 Arduino-> ATtiny85 5V Vcc GND GNDピン13ピン2ピン12ピン1ピン11ピン0ピン10リセット 

ステップ6:ATtiny85 Arduinoを互換にする

デフォルトでは、購入した新しいマイクロコントローラチップは、そのままArduino IDEでプログラムすることはできません。 そのため、Arduinoブートローダーをチップに焼き付けて、Arduino IDEを介してアップロードされたプログラムをチップが受け入れるようにする必要があります。

「ブートローダーの書き込み」を押す前のクイックチェックリスト

  • [ツール]-> [ボードスクロール]に移動してATtiny25 / 45/85を選択します。
  • [ツール]-> [プロセッサ]-> [8 MHz(内部)]
  • [ツール]-> [プログラマ]-> [Arduino as ISP]
  • すべての配線、コンデンサ、およびボードの選択が正しいことを確認します
  • 最後に、 ブートローダーの書き込みを選択します
  • ワイヤを接続したままにして、次のステップで使用します

「Done Burning Bootloader」というメッセージが表示されます

ステップ7:点滅スケッチをアップロードする

まばたきの例をアップロードして、ATtiny85がArduino IDEからスケッチを受け取ることができることをテストします

  • ファイルに移動->例-> 01。基本->点滅
  • ピン13を0に置き換えてスケッチを編集します
  • 前のステップで選択したATtiny85ボード設定がまだ選択されていることを確認してください
  • すべての配線が前のステップと同じであることを確認してください
  • スケッチをアップロードする
  • アノードをピン0(物理ピン5)に接続し、カソードをグランド(物理ピン4)に接続された1K抵抗に接続して、LEDを配線します
  • バッテリーは3V(LEDを爆破するには不十分)を提供するため、抵抗は必要ありませんが、LEDの輝度を下げることをお勧めします

今後のチュートリアルのリクエストはすべて歓迎します! 以下のコメントを残してください

関連記事