カナスタの遊び方

Canastaは非常に用途が広く楽しいカードゲームですが、学ぶのは恐ろしいと思われるかもしれません。 この一連の指示は、初心者プレイヤーにカナスタのゲームを教えることを目的としています。

Canastaは、2つのチームに分かれた4人のプレイヤーでプレイできるゲームです。 ゲームは、3人または2人の個々のプレーヤーでプレイすることもできます。

Canastaは、完全なゲームが1時間以上続く場合があるため、少数の人々と交流するのに最適なゲームです。

ステップ1:ゲームの目的

Canastaは2枚のフルデッキのカードでプレイされ、各デッキから合計108枚のジョーカーが含まれています。

ゲームの主な目的は、相手のチームまたはプレイヤーを上回ることです。 ポイントは、ワイルドカードの助けを借りて、または借りずに、同じランクの3枚以上のカードの組み合わせを形成することによって得点されます。

少なくとも7枚のカードを持つメルドはカナスタと呼ばれます。

ステップ2:ゲームプレイフロー

詳細に進むことなく(これらの手順と用語については後で説明します)、ゲームのプレイ方法の簡単な概要を以下に示します。

1)すべてのカードがシャッフルされ、各プレイヤーに11枚のカードが配られます。

2)各プレイヤーは、自分がカードまたはデッキを受け取る順番を取ります。 プレイヤーは、テーブルにメルドを置くか、溶かすことができます。 その後、各ターンの終わりにカードを1枚捨てなければなりません。 プレイは時計回りに動きます。

3)1人のプレイヤーが外に出るまで、すべてのカードのハンドをクリアすることにより、プレイは継続します。

4)各チーム(またはプレイヤー)のポイントが記録され、既存のスコアに追加されます。

5)スコアが5000に達すると、ゲームは終了し、最初に5000に達したチームまたはプレーヤーが勝ちます。 そうでない場合、別のラウンドが開始されます。

ステップ3:チームと取引の選択

4人のプレーヤーでプレーする場合、それぞれ2人のプレーヤーで構成される2つのチームを選択する必要があります。 チームメイトは互いに向かい合って座ります。 ゲームが2人または3人のプレーヤーでプレイされている場合、チームは形成されず、各プレーヤーは自分でプレーします。

デッキは一人のプレイヤーによってシャッフルされます。 その後、シャッフラーの左に座っているプレイヤーは、各プレイヤーに11枚のカードを伏せて配ります。

注: 新しいラウンドが開始されると、前のラウンドでカードを配ったプレイヤーがシャッフルの役割を引き受けます。

各プレイヤーは自分に配られたカードを拾い上げて見て、相手のプレイヤーからカードが隠されていることを確認します。 個々のプレーヤーが持っているカードは、そのプレーヤーのと呼ばれます。

デッキの残りの部分は表の中央に裏向きに配置され、 stockという名前のパイルが作成されます。 一番上のカードが裏返され、ストックの隣に置かれ、 破棄パイルが始まります。 最初のアップカードがジョーカー、2、または3の場合、ナチュラルカード(4以上)が表示されるまで、前にフリップされたカードに対して1つ以上の追加カードをオンにする必要があります。

プレーヤーがゲーム中の任意の時点で赤3 (ダイヤモンドまたはハートの3)を手に見つけた場合、プレーヤーは赤3を表の正面に置き、テーブルから交換カードを引く必要があります。株式。 各赤3には100ポイントのボーナス値がありますが、1つのチームまたはプレーヤーが4つの赤3をすべてプレイした場合、各カードは200ポイントまたは合計800ポイントとしてカウントされます。

ステップ4:カードとメルト

各カードのポイント値は次のように割り当てられます。

ナチュラルカード:

-エース:20

-Kから8:10

-7〜4:5

-黒3秒:5

ワイルドカード:

-ジョーカー:50

-デュース(2秒):20

特別なカード:

-赤3:各100(1チームまたはプレイヤーが4つすべてをプレイする場合は各200)

メルドは、ワイルドカードの追加の有無にかかわらず、同じ数のランクを持つ「ナチュラル」(エースから4秒まで)カードのグループで構成れます。 メルドは、2枚以上のナチュラルカードを持ち、ワイルドカードが3枚以下の場合にのみ有効です。

カナスタは、合計7枚以上のカードを含むメルドです。

ナチュラルカナスタは、少なくとも7枚のナチュラルカード(ワイルドカードなし)を含むメルドです。

重要: プラスのスコアとしてカウントするには、プレーヤーのプレーの順番中に表に表を上にしてメルドを置く必要があります。 有効なメルドをテーブルに配置するプロセスは、 メルディング と呼ばれ ます。 ラウンド終了時にプレイヤーの手札に残っているすべてのカードは、負のポイントとしてそのスコアにカウントされます。

ステップ5:開く

プレイヤーが自分のターン中(カードを拾った後、カードを捨てる前)にテーブルにメルドまたはカナスタを配置できるようにするには、プレイヤーまたはチームがオープンでなければなりません。 開くためには、プレーヤーは(自分のターン中に)自分の前にメルドを配置する必要があります。 開かれるためには、プレイされたカードのポイントは、それらの前のテーブルにある特定の合計ポイント値(以下で定義)に達する必要があります。

-プレーヤーまたはチームの合計ゲームスコアの範囲が0〜1499の場合、開くために必要なポイントは50です。

-プレーヤーまたはチームの合計ゲームスコアが1500〜2999の場合、開くために必要なポイントは90です。

-プレーヤーまたはチームの合計ゲームスコアが3000〜4999の場合、開くために必要なポイントは120です。

プレイヤー(またはプレイヤーのチーム)がオープンすると、次のターンで、制限なしに新しいメルドを追加またはプレイできます。

チームでプレーする場合、チームから1人のプレイヤーのみがオープンする必要があり、各チームのプレイヤーによって作成される将来のすべてのメルドは、最初にオープンしたチームメイトの前に配置されます。

ステップ6:廃棄パイルを取る

前述したように、各プレイヤーのターンの開始時に、プレイヤーは常にストックの一番上からカードを引くオプションを持っています。 ただし、プレイヤーに適切な前提条件がある場合、彼または彼女は、廃棄パイル全体を拾い、それを自分の手に追加することができます。 プレイヤーが廃棄物の山を拾いたい場合、廃棄物の山が凍結しているか、 凍結していないか(両方の状況を以下で直接説明します)を知ることが非常に重要です。

冷凍廃棄パイルを取る:

重要: すべてのラウンドの開始時に、すべてのチームまたはプレーヤーに対して破棄パイルが凍結されます。

プレイヤーが自分のターン中に凍った山を拾うためには、プレイヤーは手に2枚の一致する自然なカードを持っている必要があります(テーブルにはありません)。 次に、プレーヤーは、自分が保持している一致するカードを破棄パイルの一番上のカードと組み合わせて、新しく作成したメルドをテーブルに置く必要があります。 作成されたメルドは、少なくとも3枚の自然なカード(プレーヤーの手から2枚(またはそれ以上)のカード、および廃棄パイルの上部から1枚のカード)で構成されている必要があります。 メルドがプレイされた後、プレイヤーは残りの破棄パイルを自分の手に追加し、デッキはプレイヤー(および該当する場合は自分のチーム)に向かってフリーズ解除されます。 必要に応じて、捨て札の山を拾ったプレーヤーは、残りのターン中に追加のメルドをテーブルに置くことができます。

破棄パイルは、プレイ中にチームまたは他のプレイヤーに対して凍結することができます。 これは、対戦相手のチームまたはプレーヤーがワイルドカードを捨て札として使用した場合に発生します。 捨て山の凍結の直後にいるプレイヤーは、捨て山を拾うことができません。 廃棄パイルは、自然のカードがフリーズカードの上に廃棄された後にのみピックアップできます。

デッキが意図的に凍結されている場合、凍結廃棄物は、廃棄パイルの上部に横向きに配置する必要があります。

ヒント: プレイヤーは、相手チームが既に融合している可能性のある特定のカードを破棄したい場合、デッキを凍結することができます。 デッキをフリーズすると、対戦相手のプレイヤーが手札に2枚以上の一致するカードを持たない可能性が高いため、対戦相手が以前に融合したカードを拾うのを停止します。

固定されていない廃棄パイルの使用:

プレイヤーの番になったときに破棄パイルがフリーズされていない場合、次のいずれかを使用して破棄パイルを取ることができます。

a)2枚以上のホールドされたナチュラルカードと破棄パイルの一番上のカードを組み合わせて、メルドを作成します。

b)一番上のカードを、保持されている一致する自然なカード1つと、彼の手からのワイルドカード1つと融合させる

c)獲得したカードをメルドに追加することにより、プレーヤー(またはプレーヤーのチームメイト)はすでにテーブルでプレーしました。

新しく作成されたメルドをプレイした後、プレイヤーは自分の手に残りの捨て札パイルを追加し、自分のターンのままで追加のメルドをプレイできます

ステップ7:外出

プレーヤーが出て行くか、手札のすべてのカードを取り除き、現在のラウンドを終了します。 外出するには、プレーヤーまたはチームが少なくとも1つのカナスタを溶かしているか、外出中にカナスタを作成する必要があります。 それ以外の場合、プレーヤーは常に少なくとも1枚のカードを手に持っている必要があります。

プレイヤー、またはチームがオープンせずに外出した場合、そのプレイヤー、またはチームはさらに100ポイントを獲得します。 これは隠し出と呼ばれています。

ヒント: 隠された外出は非常に効果的な戦略である可能性があります。相手チーム、またはプレイヤーが気付かないうちにキャッチし、かなりの数のネガティブポイントを残す可能性が高いからです。 ただし、すべてのカードを手に持っている間に相手のプレーヤーが出て、負のポイントしか残さないため、危険です。

ステップ8:スコアリング

ラウンドが終了すると、各プレーヤーはラウンド中に蓄積したポイントを数え、合計ゲームスコアに加算する必要があります。

各ラウンドの終わりにスコアを集計するときは、次のポイントシステムを使用します。

-各天然カナスタ:500

-各混合カナスタ:300

-各赤3に対して:100(4つすべてが1つのチームまたはプレーヤーによって開催されている場合、各200)

-外出の場合:100

-隠された外出の場合:(追加)100

-融合された他のすべてのカード値:それぞれのカードポイント値(「カードと融解」セクションを参照)

ゲームの終了時に外に出なかったプレイヤーの手札に残っているカードは、それぞれのスコアに負のポイントとしてカウントされます。 プレイヤーまたはチームがラウンドの終了までにオープンしていない場合、蓄積された赤のスリーは、プレイヤーの手札のカードとともに負のポイントとしてカウントされます。

ハンドのパートナーシップのスコアは、両方のプレーヤーが融合したすべてのカードの合計ポイント値に、獲得した追加ポイントを合計し、両方のプレーヤーの手に残ったカードの値を引いたものに等しくなります。

最初に5000ポイントに達したチームが勝利します!

関連記事