初めてのJavaプログラムの作成方法

多くの人々にとって、コンピューターがどのように行うかは信じられないほどの謎です。 このハウツーガイドは、プログラムの作成を支援することにより、プログラムがどのように機能するかを理解するための道筋を示します。

このガイドを効果的にするには、Windowsのバージョンを実行する必要があります。 これは、ほとんどの指示がWindowsでのみ機能するためです。プログラムをダウンロードしてインストールする必要がありますが、これらの指示の後半でどのプログラムについて説明します。

ステップ1:ファイルを作成する

1.ファイルエクスプローラーでマイドキュメントフォルダーに移動します。
2.そのウィンドウで、newの上にマウスを置いて右クリックし、[テキストドキュメント]をクリックします。これにより、名前が強調表示された[新しいテキストドキュメント]というファイル名が作成されます。
3.後で名前を変更するため、ドキュメントから離れた場所をクリックします。

ステップ2:プログラムのフレームワークを書く

1.新しく作成したテキストドキュメントを開きます。
2.ファイル内に「class MyFirstProgram {」と入力します
中括弧を忘れないでください。これは、プログラムの要点がどこにあるかをコンピューターに伝えるからです。
3. Enterキーを2回押して新しい行を作成し、「}」と入力すると、このプログラムを構成するすべてのものが入力されたことがコンピューターに通知されます。
4.この時点で、プログラムはこのステップの添付画像のようになります。

コードを理解する:
この時点で、実際にプログラムを生成できます。 唯一の問題は、何もしないことです。 実際、プログラムを実行しようとすると、「エラー:クラスMyFirstProgramにメインメソッドが見つかりません。メソッドを次のように定義してください」というエラーメッセージが表示され、特定のコード行が表示されます。 このコード行は次のステップで記述します。これは、理解することがプログラムの重要な部分であるためです。

Javaと呼ばれる特定のプログラミング言語を使用しています。ほとんどの言語と同様に、Javaにはそれ自体を整理して表現する非常に特殊な方法があり、この組織はコードの構文と呼ばれ、従う必要があります。そうしないと、コンパイラーによってプログラムを生成できません。 このプログラムの基本的なフレームワークを設定しました。

すべてのJavaプログラムは、クラスとメソッドで構成されています。 クラスはより一般的にオブジェクトと呼ばれ、コードを整理する方法を提供します。 クラスには情報と命令が格納され、プログラムは単一の命令またはメソッドを持つ単一のクラスになります。 簡単に考えると、クラスはキーボード全体であり、メソッドはキーボード上の個々のキーです。 現在、プログラムは空のクラス(キーのないキーボード)です。 私たちはこれを知っています。さらに重要なことは、最初に入力した単語が「クラス」と言っているため、コンパイラがこれを知っていることです。

クラスJavaの構文を読んだ後、プログラム名(キーのラベル)を述べる必要があると指示された後、この例では、プログラムに「MyFirstProgram」という名前を付けます。 私たちのプログラムが何であるかを説明しているので、これに名前を付けます:私たちの最初のものです! 注意すべき重要なことは、ほとんどのプログラミング言語では、名前にスペースを使用できないことです。 これは、コードで空のスペースを使用すると、コンパイラが何が起こっているのかを理解するのに役立つためです。

コンパイラは、クラスの名前を読んで、ファイルのどの部分がクラス自体を構成するかを示す方法を示すことを期待しています。これを行うには、中括弧( "{" "}")を使用して開始位置を示します( " {")およびそれが終了する場所("} ")。 コンパイラにファイルを渡すときにファイルがこれを行うため、コンパイラはプログラムを生成しますが、クラスには使用するメソッド(押すキー)がないため、エラーが生成されます。

ステップ3:「main」メソッドのセットアップ

1.プログラムの2行目でTabキーを押し、「public static void main(String [] args){」と入力します。
2. Enterキーを2回押し、もう一度Tabキーを押して「}」と入力します。
3.プログラムは図のようになります。

コードを理解する:
書いたのは、プログラムの「メイン」命令またはメソッドです。 クラスの「メイン」メソッドは、文字通りプログラムのメイン命令です。 クラスに「main」メソッドが含まれている場合、プログラムを実行できます。 これは、Javaプログラムが実行されると、コンピューターが最初に探すのは「main」という名前のメソッドであり、そのメソッド内のすべての指示に従うためです。 現在main内には命令がないため、プログラムを実行しても何も起こりません。

メインメソッドの名前の前には3つの単語があります。 これらの単語は、メソッドの特定の属性を説明しています。 最初の単語は、誰がメソッドを使用できるかを説明します。これは主要なメソッドであるため、すべてのユーザーが使用できるようにして「パブリック」と言う必要があります。

次の単語はオプションであり、メソッドをいつ使用できるかを説明しています。 単語の特定の詳細は、完全に理解するためにより深い知識を必要とするので、著者はそれを読者に任せて、この理解を得るために自分自身でさらに調査することを読者に任せます。

最後の言葉は、メソッドが生成するオブジェクトの種類を説明しています。 この場合、何も生成したくないので、「void」と表示するため、コンピューターは命令の最後に何も期待していないことがわかります。

mainの隣には、左括弧とコードがあり、左括弧の後に中括弧が続きます。 中括弧は、プログラムのこの部分の開始位置と終了位置を再び示しています。 括弧内のコードは、メソッドの入力、またはメソッドがそれを使用する人から受け取ることを期待するものを示します。 この場合、実行する文字列の配列(「[]」で示される)を受け取ることを期待します。つまり、単語のリストを受け取ることを期待します。 それらは、「引数」の省略形である「引数」という名前のメソッドで使用できます。 mainメソッドがコンピューターによって呼び出されると、それ以降のすべての単語がそのリストに入れられ、プログラムに渡されます。

このプログラムには引数は必要ないので、心配する必要はありませんが、入力引数はそのままにしておきます。そうしないと、コンピューターが混乱してしまいます。

ステップ4:指示を書く

1.プログラムの中央の空の行でタブを2回押して、「System.out.println( "Hello、World!");」と入力します。

コードを理解する:

この命令により、文「Hello、World!」が発生します。 プログラムを実行する場所に表示されます。

プログラムのこの部分は、コンピューターに何かをするように指示する場所です。 プログラミングの中心は、これを実行できることにあります。 このコード行を書いて、あなたは本質的にそれをやった。 「System.out」は、理解する必要があるこの命令の最初の部分です。 システムは、いつでもどこでもすぐに利用できるクラスです。 Systemに「.out」を追加すると、Systemに含まれるクラスにアクセスできるようになり、コンピューターの出力にアクセスできるようになります。 outから "println"メソッドを呼び出すと、メソッドに渡されたテキストが利用可能な出力に書き込まれます(または印刷されます)。 私たちの場合、これはコマンドラインになります。

ステップ5:プログラムを保存する

1.テキストエディタで[ファイル]をクリックし、[名前を付けて保存...]を選択します。
2.次に表示されるダイアログウィンドウには、[種類として保存]というラベルの付いたドロップダウンセレクターがあります。現在、[テキストドキュメント(* .txt)]セレクターをクリックして[すべてのファイル]を選択します。
3.「ファイル名:」で、ファイルの名前を「MyFirstProgram.java」に変更します。
4. [保存]をクリックします。

ステップ6:Java JDKをインストールする

1. //www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk7-downloads-1880260.htmlに移動し、[同意する]ラジオボタンをクリックします。
2. Windows x86のダウンロードをクリックします。
3.ダウンロードが完了したら、ファイルを開いてセットアップに従います。 すべてのデフォルトオプションが機能します。

このステップでは、Java JDKまたはJava Developer's Kitをインストールします。これにより、JavaコンパイラーおよびJavaプログラムを実行できるコマンドにアクセスできます。

ステップ7:Javaツールへのパスをコピーします

1.ウィンドウファイルエクスプローラーを開き、コンピューターのメインディレクトリ(CDとUSBスティックのある場所)に移動します。
2.通常は「(C :)」の後に続く「ローカルディスク」をダブルクリックします。
3. [プログラムファイル]をダブルクリックします
4.折り目を強調表示して、「j」キーを押します。
5.これにより、「Java」という名前のフォルダーが開きます。
「Java」フォルダが見つからない場合は、「ローカルディスク」に戻り、「プログラムファイル(x86)」を開きます。 それでも見つからない場合は、手順6を繰り返します。
6. 2つのフォルダーオプションが表示され、小文字の「jdk」で始まるフォルダーが開きます。
7.フォルダのタイトル「bin」を開きます。
8.ファイルパスをクリックしますが、パスのどの部分もクリックしません。
9.これにより、図のようにパスが強調表示されます。
10. [crtl]と[c]を同時に押すと、そのパスがコピーされます(パスはコンピューターにそのディレクトリの場所を伝えます)。

ステップ8:コマンドプロンプトを開く

1.ファイルエクスプローラーでマイドキュメントディレクトリに移動します。
2.新しいフォルダーを作成します([新規]を右クリックして[フォルダー]をクリックします)
3.「MyFirstProgramFolder」という名前を付けます(フォルダーが作成されたらすぐに名前を入力します)。
4.「MyFirstProgram」ファイルをフォルダーにドラッグします。 フォルダを入力しないでください
5. Shiftキーを押しながら「MyFirstProgramFolder」を右クリックし、「ここでコマンドウィンドウを開く...」を選択します。 写真のように。
6. 2番目の図のように、コマンドプロンプトが開きます。

ステップ9:プログラムをコンパイルする

1.コマンドプロンプトで「」と入力します
2.ウィンドウを右クリックして、「貼り付け」を選択します。
3.手順7からコピーしたパスが表示されます。 そうでない場合は、コマンドプロンプトを閉じずに手順7を繰り返して、もう一度やり直してください。
4.パスを貼り付けたタイプ '"'
5.「\ javac MyFirstProgram.java」と入力します。
6.コマンドプロンプトのカーソルは次の行に移動し、図のようになります。

どうしたの

プログラムをコンパイルしました。 これは、コンピューターが、理解できる指示が記載されたファイルにアクセスできるようになったことを意味します。

ステップ10:プログラムを実行する

1.コマンドプロンプトを閉じずに、上矢印キーを押します。
2.これにより、実行したコンパイルコマンドが表示されます。
3. [削除]を押すと、Javaツールディレクトリのみが残ります(引用符付き)。
4.「\ java MyFirstProgram」と入力して、プログラムを実行します。

今回の結果は、前の手順と似ていますが、今回は「Hello、world!」というテキスト行を印刷する必要があります。 絵のように。

追加のチャレンジについては、MyFirstProgram.javaファイルを編集し、最後の2つのステップを繰り返して変更したプログラムを実行することにより、印刷されるメッセージを変更します。

関連記事