2色のサバイバルブレスレットの作り方

このInstructableを通して、私はバックルで2色のサバイバルブレスレットを作る方法を紹介します。 終了すると、手首のサイズに応じて、ブレスレットはそれぞれ約5〜6フィートの 2つの等しい長さのパラコードに解かれます。 長いです。

ステップ1:必要なもの。

•パラコードの2つの異なる色。 Amazonで検索:ここ


•はさみ
•ライター
•プラスチック製のサイドリリースバックル。 Amazonで検索:ここ


•定規/テープメジャー
•スコッチテープ/バインダークリップも非常にうまく機能します。

ステップ2:手首の測定

1.手首にひもまたはロープを巻き付け、手首にぴったりとフィットするようにします。
2.マーカーを使用して、文字列/ロープに直接線を引きます。 たとえば、次の画像を参照してください。
3.写真編集ソフトウェアの線を暗くして、図のパート3の例を参照できるようにしました。
4.文字列/ロープをまっすぐ伸ばし、マークごとに測定します。 下の紙に線を引いて、マークが見えるようにしました。 私の手首は、次に示すように8インチの手首です。

ステップ3:コードを切断し、端を溶かします。

•パラコードの等しい4フィートの部分を、各色ごとに2つずつ切り取ります。
•これが完了したら、ほつれないように両端を溶かします。
•内部のひも、またはコードの「ガット」が少し露出している場合は、端でコードの約1センチを切り取り、きれいな火傷を可能にします。
1.ライターを使用して、コードを約3〜4秒間炎に当てて均等に火傷します。
2.指先でペン先が溶け始めたら、またはプライヤーの一部を絞って、平らにします。 これは、バックルにコードを通すときに役立ちます。

ステップ4:両方のバックルをコードにスライドさせます。

•コードをまとめて、図のパート1に示すように、バックル部分Bをフィードします。 サイドリリースバックルを確認してください

正しい方法で弧を描いています。 バックルパーツBは、図のパート1で右外側に弧を描いています。
•図のパート2に示すように、バックル部分Aをコードにスライドさせます。 繰り返しますが、バックル部分Aが正しい方向に弧を描いていることを確認してください。 バックルパートAは、図のパート2で左外側に弧を描いています。
•バックル部分Aの下部スリットにコードを通すようにしてください。図の右下の画像に例を示します。
•バックルパートAの後に約1インチの余分なコードを残します。これは、図のパート2に示されています

ステップ5:一時的なステップ:余分なコードをテーピングします。

•Thi sは一時的なもので、終了時にブレスレットが正しいサイズであることを保証します。
•余分なコードを既存のコードの上に折り重ね、図のようにテープで留めます。

ステップ6:ブレスレットが正しいサイズであることを保証するための測定

•ご覧のように、バックル部分Aは左側にあり、バックル部分Bは右側にあります。
•ここで測定するときは、手首のサイズを測定するときに得た合計測定値に1インチを追加します。
•この図の例では、手首の長さは7.5インチであるため、コードの長さは8.5インチであると測定しています。
•測定する場所を正確に示すために線を描画しました。 バックルパートAの端から測定していないことに注意してください。

ステップ7:最初のCobraブレードの開始

•図では、ブレスレットの内側を向いて作業しています。 (内側は、着用時に手首に接する側です。)
•図に示すような「中間色」は、ブレスレットの内側とブレスレットの外側で異なります。
この例では、ブレスレットの内側に「中間色」として「ガンメタルグレー」があり、ブレスレットの外側に「青色」が「中間色」です。 (誰もが見る部分!!!)
•ダイアグラムの下部には、ダイアグラムで作成しているブレスレットの内側の例があります。

1.図のパート1では、青いコードを取り、ブレスレットコードの下に配置します。 これは、前述のように、外側の「中間色」が「青」になることを意味します。 外側の「中間色」を「ガンメタルグレー」にしたい場合は、ブレスレットコードの下に「ガンメタルグレー」コードを配置することから始めます。
2.パート2で2番目のコードを取り、最初のコードの下とブレスレットのコードの上に移動します。
3.ダイアグラムのパート3で、2番目のコードを取り、ダイアグラムのパート1で作成されたループに通します。
4.図の4番目と最後の部分で、ブレードをバックルまで締めます。

ステップ8:2番目のコブラ編組を織る

•このステップでは、逆の場合を除き、ステップ7を繰り返します。

1.図のパート1で青いコードを取り、ブレスレットコードの下に置きます。
2.図のパート2で2番目のコードを取り、最初のコードの下とブレスレットのコードの上に移動します。
3.ダイアグラムのパート3で、2番目のコードを取り、ダイアグラムのパート1で作成されたループに通します。
4.この図の4番目と最後の部分で、ブレードを最初のブレードまで締めます。

ステップ9:オプションのステップ。 Slackのプルブレスレット。

•このステップはオプションですが、サバイバルブレスレットで可能な限り多くのコードを使用する場合は重要です。
1.図の最初のボックスを見るとわかるように、場合によっては、余剰のたるみが生じることがあります。
2.片手で、バックルと1インチの余分なコードを保持し(抜けないようにします)、もう一方の手で、最後に行った組み紐の端をつかんで引き戻します。 (図のパート2で矢印が示す方法。)
3.図のパート3を見るとわかるように、編組を保持する余地がはるかにあり、コードをすべて使用して最大限に活用できます。

ステップ10:1âにコードを編組しますか? 余分なコード。

1.テープに到達したら、テープを取り外します。
2.余分なコードをブレスレットコードに当てます。
3.バックルまでの余分なコードを編む。

ステップ11:仕上げの仕上げ

1.図の最初の部分では、ブレスレットの上部で作業していることがわかります。 上部から、残ったコードをバックルの残りのスリットに通します(バックル部分A)。
2.パート4で使用するコードの1つを持ち上げ/引き出し、パート2でどのコードを引っ張るかを示します。 現在、ブレスレットの内側に取​​り組んでいます。
3.図のパート3では、どのコードを引っ張るか、どこで引っ張るかを示しています。
4.残りのコードを、図のパート3で作成したループに通します。

ステップ12:端を締める

1.図のパート1で、矢印の方向に引いて、残りのコードの周りの最後のコードを締めます。
2.コードを締めた例。
3.締めたコードを親指で押さえ、残りのコードを引っ張って残りのたるみを引っ張ります。
4.抜けたすべてのたるみの例。

ステップ13:残りのコードの切断/溶融

•残りのコードを約3/8 "-1/4"残して切り取ります。
•ライターを使用してほつれているコードをすべて溶かし、指またはプライヤーでコードを平らにします。

ステップ14:完了です!

私のInstructableを読んでくれてありがとう、そしてあなたがそれを楽しんでくれたことを願っています!

関連記事