Javaで簡単な電卓を作成する方法

「Hello World!」の後 プログラム、電卓は、プログラマーがコーディング入門で最初に構築する方法の1つです。 この理由は、プログラミングの基本的な概念のほとんどをカバーすることに加えて、その構造の単純さのためです。 以下の手順に従ってください、あなたもあなた自身の完全に機能する計算機を構築することができます!

ステップ1:Dr. Javaをダウンロードする

すべてのソフトウェアプログラムは、ソフトウェアのビルドとコンパイル専用に作成された開発環境で作成されています。 私たちが使用しているプログラミング言語であるJavaの場合、Dr。Javaは優れたシンプルな入門プログラムです。 www.drjava.orgからプログラムをダウンロードし、コンピューターの種類に応じてWindowsアプリまたはMac OSXアプリを選択することから始めます。

ステップ2:クラス構造を作成する

Dr. Javaを最初に開いた後、何も表示されない空白の画面が表示されます。 とても美しく、手付かずなので、この赤ちゃんをたくさんのコードでカバーします。 最初に、パブリックのCalculatorクラスを宣言してから、その中に、図に示すようにmainメソッドを宣言します。 Javaでは、クラスは単に情報を保持するオブジェクトです。 この場合、構築しているオブジェクトは電卓なので、そのような名前を付けています。 メソッドは、特定のタスクを実行するプロセスです。 後で学習するように、すべてのメソッドはIPO構造に従います。 javaの括弧は、何に含まれているかを示します。 この例では、電卓オブジェクトに作成するメソッドが含まれています。 メソッドの括弧は、コードが含まれる場所です。

ステップ3:入力を宣言する

最後のステップで述べたように、すべてのメソッドは、入力、プロセス、出力構造の略であるIPO構造に従います。 つまり、要するにすべてのメソッドは何らかの形式の入力を受け取り、プロセスを実行し、出力を返します。 まず、入力を宣言します。 入力は異なるデータ型にすることができるため、宣言で具体的にする必要があります。 主なデータ型は、int(1、2、3 ...)、double(1.0、2.7、0.8 ....)、char(a、b、c、d、+、-、#... )、およびstring(hello、yes、hi、word up ....)。 この例では、実行する操作を表す2つのint型の数値とchar型の演算子を宣言する必要があります。 また、注意しなければならないことの1つは、セミコロンの使用です。 コーディングでは、これらはほとんどピリオドとして機能し、コードを読み取るコンピューターの行の中断を意味します。

ステップ4:ユーザー入力メソッドを作成する

次に、メソッドのプロセス部分を開始します。 最初に構築する必要があるのは、ユーザーが好きなタイプの入力を入力するためのメソッドです。 これを実現するには、ユーザーが入力したデータを保存するスキャナーを使用して、以前に宣言した入力に割り当てます。 スキャナーオブジェクト(一番上の行)をインポートし、使用するために宣言してから、ユーザーに入力を求めてそれらの値を割り当てる3行を入力します。

ステップ5:出力値を宣言する

出力値が格納される値を宣言する必要があります。 答えが整数ではない場合に備えて、double型を使用します。

ステップ6:Switchステートメントを作成する

プロセスセクションの最後の部分では、switchステートメントを作成する必要があります。 スイッチは演算子変数を受け取り、その変数に応じて特定のケースを選択します。

ステップ7:出力を表示する

最後に、電卓の出力を表示する行を宣言する必要があります。

ステップ8:プログラムをコンパイルする

コードが完成したので、コードをコンパイル(またはビルド)する必要があります。 最適な場所にプログラムを保存してください。

ステップ9:コードを実行する

これで、実行を押して、コードのパフォーマンスを確認できます。

関連記事