水泳のための人魚の尾を作る方法

3つの簡単な手順で、泳ぐことができる人魚の尾を作ります。 パターンペーパー、水泳用の生地と伸縮性のあるゴム、モノフィンが必要です。

ステップ1:パターンをトレースする

へそレベルからつま先の先端まで下半身の周りをトレースします。 パターン用紙、郵便用紙、切り開いた紙袋など、十分な大きさの用紙を使用してください。

モノフィンをつま先領域に合わせ、トレースしてパターンを完成させます。

子供の場合はトレースラインの周りに1インチの余裕を、大人の場合は2+インチの余裕を追加します。

ステップ2:スイムテールを切り取る

生地の表側を一緒に折ります。 パターンをファブリックにピン留めします。 パターンを切り取り、上部に伸縮性ケーシング用のスペース(約2インチ)を追加します。

ステップ3:スイムテールを縫う

ファブリックの前面の両側をピンで留め、側面と下端を縫い付けます。

上部を折り畳み、ゴムのケーシングを縫います。 ウエストの周りにぴったりとフィットするようにゴムを測定し、ケーシングに挿入して終了します。

モノフィンをスイムテールに挿入します。 水泳の準備ができました。

ステップ4:人魚スタイルの水泳の安全性のヒント

大人の監督下でのみ使用してください。 常に若いスイマーや経験の浅いスイマーに参加してください。

コア筋肉を使用して、イルカのように泳ぎます。 テールを前方にスイープして、プールの底に足を置き、いつでも立ち位置に戻るようにします。

尾は簡単にスライドしてオン/オフできます。 伸縮性をしっかりと保ち、足と足を解放するために簡単に滑るように緩めます。

ステップ5:ビデオ



ここでは、一番下の娘がフローティングリングで人魚のしっぽを使用しているのが見えます。 彼女は今や年をとっており、尻尾に慣れています。 しかし、責任ある監督があれば、非常に小さな子供でも人魚になれるのは楽しいことです。

関連記事