Arduinoを使用してラインフォロワーロボットを作成する方法

このインストラクションでは、非常に一般的なマイクロコントローラーボードであるArduinoを使用しラインフォロワーロボットを作成する方法を説明します。 ロボットは2つの赤外線近接センサーを使用してラインを検出し、センサーから受信した入力に基づいて、 Arduinoモーターシールドの助けを借りてモーターを動かします。

ステップ1:作業

そのため、ロボットの前面の両側に赤外線近接センサーが配置されます。 センサーには次の4つの結果があります。

ケース1:-

この場合、 両方のセンサーが回線を検出しません 。 両方のモーターが前方に回転ます。 その結果、車は前進します。

ケース2:-

この場合、 左センサーのみがライン検出します。これは、車が左方向に曲がる必要があることを意味します。 左のモーターは回転し、右のモーターは正回転ます。 その結果、車は左に曲がります。

ケース3:-

この場合、 右のセンサーのみがライン検出します。これは、車が正しい方向に曲がる必要があることを意味します。 左のモーターは前方に回転 、右のモーターは後方に回転ます。 その結果、車は右に曲がります

ケース4:-

この場合、 両方のセンサーが回線を検出します 。 これは終わりが来たことを意味します 。 両方のモーターが回転を停止します。 その結果、車は停止します。

それが私たちのロボットの 動作構造です...

ステップ2:必要な部品

ロボットの構築に必要な部品は次のとおりです。

  • シャーシ(モーターとホイールを含む)
  • Arduino Uno r3
  • L293Dモーターシールド
  • IR近接センサー(ペア)
  • ジャンパー線
  • スイッチ
  • 4AAバッテリーホルダー

必要なツール:-

  • はんだごて
  • ホットグルーガン
  • ドライバー

これらの部品を集めて、次のステップの準備をしてください...

ステップ3:シャーシを組み立てる

次に、ロボット本体を組み立てます。 誰もが異なるシャーシを持っているかもしれません。 シャーシを適切に組み立ててください。 ほとんどのシャーシには取扱説明書が付属しており、私の場合でも付属しているので、それを見て、それに応じてシャーシを構築してください。 次に、コンポーネントをシャーシに取り付けます。 モーターシールドが取り付けられArduino 、およびバッテリーホルダーシャーシに固定する必要があります。

また、 近接センサーを下に向けて、両側の前面に取り付けます。 それらが隅に取り付けられていることを確認してください...

スイッチも取り付けます...

ワイヤーをモーターにはんだ付けし、切り替えて準備を整えます...

ステップ4:メイン接続

上の図のように接続してください...

左センサー>> Arduino:-

  • Vcc >> 5v
  • Gnd >> Gnd
  • アウト>> A4

右センサー>> Arduino:-

  • Vcc >> 5v
  • Gnd >> Gnd
  • アウト>> A5

モーターをモーターシールドに接続し、モーターシールドをArduinoボードに差し込みます。 スイッチを介しバッテリーホルダーをシールドに接続します。 接続はこれで終わりです。次のステップに進みましょう...

ステップ5:Arduinoコード

今こそ、ロボットのコーディングの主な目的です...

Arduinoコードファイルをダウンロードするか、独自のコードを作成して完了してください...

添付ファイル

  • LinoBot_v1.0.inoダウンロード

関連記事