弓矢の作り方

シンプルになった古典的な弓と矢。

ステップ1:歴史

これから作成する弓はロングボウと呼ばれます。 ロングボウはイチイから作られたものが理想的で、イタリア産イチイが最高でしたが、入手しやすいため、白木ニレ、トネリコ、ヘーゼルが一般的に使用されていました。 ロングボウはしばしば射手と同じ高さになるように作られ、よく作られたボウは飛行矢を使って300ヤード(275メートル)をはるかに超えて撃つことができました。 クロスボウの男性は最大3本しか発射できないため、ロングボウの射手は1分あたり最大12本の矢を放つことができました。 この記事の残りの部分については、ここをクリックしてください。 さあ、楽しいことを始めましょう!

ステップ2:材料

この弓と矢は木で作られます。 木材は曲がりやすいものでなければならず、小さな木から入手するのが最も簡単です。 弓の場合は直径約1インチ、長さ4〜5フィートの枝と、直径の場合は約0.5インチ、長さ1フィートの枝が必要です。 弓の長さは、実際にあなたの身長によって異なります。 私の身長は約5フィート半、弓の高さは約4フィート半です。

ステップ3:弓を作る

弓を作ることは非常に簡単です。 行う必要があるのは、弓の両端にある2つのノッチをカットすることだけです。 ノッチは、弓に約半分ほど入り、弓の両端から約0.5インチ離れている必要があります。 また、ノッチは、ブランチの自然な曲線の内側とは反対側の弓の側面になければなりません。 それらが可能な限り直角にある場合に役立ちます。 これらのノッチは、使用中に弓の弦を所定の位置に保持するために使用されます。 これを説明するのは少し難しいので、明確にするために以下の写真を確認してください。

ステップ4:弓を引く

今、弓に残されたすべてはそれをひもにすることです。 これを行うには、弓のサイズの約4分の3の弦を切り取ります。 弓に力を与えるために、弦は弓よりも小さくなければなりません。 弦が短いほど、より多くのパワーを得ることができますが、弦が短くなるにつれて弓を弦にするのも難しくなります。 次に、最後のステップで作成したノッチの周りに収まるのに十分な大きさの文字列の両端のループを結びます。 結び付けたばかりのループを取り、スティックの両端のノッチの周りに配置します。これを行う最も簡単な方法は、弓の内側に足を置くことです。 ノッチが正しく作られていれば、弓のひもを所定の位置に保持します。

ステップ5:矢印

矢印は、枝または木製のダボから作成できます。 木製のダボが最適だと思います。 ただし、ダボにはない追加のステップが含まれているため、ブランチから1つを作成する方法を示します。 ダボがある場合は、この手順をスキップできます...

最初にすることは、枝から樹皮を切り落とすことです。 樹皮は、望まない重量を追加し、矢印をより粗くします。 これを行うには、ナイフを取り出してスティックから樹皮をいじりますが、矢印の付け根に2インチの樹皮を残すようにしてください。この樹皮は次のステップで接着するために使用されます 次に、必要に応じて、矢印をサンディングしてドラッグを減らし、精度を向上させることができますが、実際には必要ありません。

ステップ6:矢印に羽を追加する

飛行中に矢印を回転させるために、矢印の付け根に羽が使用され、より正確になりました。 ほとんどの人は余分な羽毛が横たわっていないので、厚紙(厚紙)を使用します。 紙の代わりにプラスチックを使用することもできます。 紙を取り出して、そこから直角三角形を切り取ります。三角形の脚は、1インチと1/4インチ、1インチと4分の3インチです。 (脚は、直角とは反対の三角形の辺です。)これらの三角形を取り、矢印の付け根近くの2番目に長い辺を、一番下から約1/4インチ離して接着します。 三角形を矢印の周囲に均等に配置してください。 さて、弦が収まるように弓の付け根の中央に小さな切り込みを入れます。この切り込みがないと、矢印を撃つのは非常に困難です。

ステップ7:弓矢の使用方法

映画では、弓矢を撃つことはケーキのように見えますが、そうではありません! 弓の中央で弱い腕で弓を持ちます。 次に、親指、ポインター、および中指で矢印を握り、それぞれを紙の羽の間に挟みます。 できる限り弦に対して矢印を引き戻し、矢が飛ぶのを見ると、この簡単な弓の射程に驚くでしょう。

関連記事