ぴったりとフィットするフィンガーレスグローブの編み方

そこにあるパターンを使用して多くのペアを作成した後、ニットの指なし手袋用にこのパターンを作成しましたが、手を「抱きしめる」ものは見つかりませんでした。 サムラップを追加し、パターンの上部にリブ編みステッチを使用すると、手袋のようにフィットします。

このパターンは、女性の小さいサイズから大きい手袋サイズの手、および男性の小さいサイズから中程度の手袋サイズに合うことができます。

ゲージの場合、手首は6.75インチ、手は親指の関節から小指の外側の端まで約5.5インチです。 全体で28ステッチを使用しています。

パターンをお楽しみください!

ステップ1:サプライ品を集める

1組のフィンガーレスグローブを編むには、次のものが必要です。

1組のサイズ7(4.5 mm)の編み針。 (サイズ8も機能します)
1本のかせ毛糸、任意の色。
1本のタペストリー針

これらの用品はすべて、米国のJoAnn Fabrics店とMichaels Craft店で入手できます。 総コストはおそらく10ドルを超えないでしょう。

私は経験豊富な編み物であり、各手袋は、私が得る中断の数に応じて、作るのに約2〜3時間かかります;-)

ステップ2:24または28ステッチでキャストします。

最初の手袋を開始するには、編み針の1つをつかんで、手が小さい場合は24針、または平均して大きな女性の手/中程度の男性の手では28針で縫います。 25/29のステッチではなく24/28のステッチがあるように、必ず最初のステッチとしてスリップノットを含めてください。 プロセスに慣れていない場合のキャストの手順は次のとおりです。

ステップ3:行1

このパターンの最初の4行は、リブとして知られています。 このタイプの編みは、前腕にぴったりとフィットし、パターンの端で使用すると、他のステッチのように巻き上げられません。

このステップの手順は、リブの最初の行用です。

**一針編みます。
糸を「後ろ」から「前」に持ってきます。 以下の最初の写真は、後ろに糸を示しています。 2番目の写真は前にあります。

1針縫います。
糸を「前」から「後」に持ってきます。

**からずっと繰り返して、行を完成させます。

ステップ4:作業を確認する

この行のステッチ数をカウントします。 番号を書き留めます。

最初の行をニットステッチまたは裏編みで終了しましたか? 奇数のステッチでキャストする場合、ニットステッチで行を終了している可能性があります。 その場合は、手順5を無視して手順6に進みます。

それ以外の場合は、手順5に進みます。

ステップ5:偶数ステッチの2〜4行目


手順3をさらに3回繰り返します。 終了すると、作業は次の図のようになりますが、編み針をさらに横切って進みます。

これで、ステップ4で書き留めたように、各行に4列の編み物と同じ数のステッチができます。

ステップ6をスキップして、ステップ7に進みます。

ステップ6:奇数番号のステッチの行2〜4

ニットステッチで最初の行を終了したため、ここにいます。

行2:
** 1針縫います。
糸を前から後ろに持ってきます。

1針編みます。
糸を後ろから前に持ってきます。

**から繰り返して、行を完成させます。

行3:
このInstructableでステップ3を繰り返します。

行4:
上記のように、行2を繰り返します。

これで、ステップ4で書き留めたように、4列の編み物と各列に同じ数のステッチができます。

この図に示すように、4つの行が表示されますが、針にはより多くのステッチがあります。

ステップ7:行5から27


次の列のグループは、ニットの1行、次に裏編みの1行を交互に、ストッキネットステッチで行います。

行5-全体に編みます。
行6-全体に渡って回転します。 この行のステッチをカウントし、ステップ4の番号と一致することを確認します。

行7〜27:行5と6を繰り返して、ニットの行で終わります。 注:各列のステッチ数に注意してください。 それらは、手順4で書き留めた番号と同じでなければなりません。27行目を終了するまでに誤って3つ以上のステッチを追加した場合、完成した2つの手袋のサイズが著しく異なる可能性があります。 3つ以上のステッチを追加した場合は、3つの余分なステッチを引き継いだ行にリッピングして、その行からやり直すことをお勧めします。

あなたの作品は、このステップの絵のように見えるはずです-下部にリブ、上部にストッキング。

次のいくつかの手順では、全体のステッチの数を増やしてから数を減らします。したがって、27行目を終えたときに持っているステッチの数を確認してください。

ステップ8:行28


全体に渡ってカールします。

列の最後で、5針でキャストします(最初の針でキャストし、5針すべてをキャストした後の外観を示すスクリーンショットを参照)。


ステップ9:行29


全体を編む。

列の最後で、5針でキャストします(最初の針でキャストし、5針すべてをキャストした後の外観を示すスクリーンショットを参照)。

ステップ10:行30-33


30行目-全体に渡って回転します。

31行目-全体に編み込みます。

32行目-全体に渡って回転します。

33行目-全体にニット。

ステップ11:行34


行34-最初の5針をキャストします。 全体に渡ってカールします。
最初の写真をご覧ください。

ステップ12:行35

最初の5針を落とします。 全体を編む。

ステップ13:行36〜40

行36:1ステッチを落とします。 全体に渡ってカールします。

行37:1ステッチを落とします。 全体を編む。

行38:行36を繰り返します。

行39:行37を繰り返します。

行40:全体に渡って回転します。

ステップ14:行41

プロジェクトの残りの部分については、リブパターンを再度行います。 図は、完了した行41〜45を示しています。

**一針編みます。
糸を「後ろ」から「前」に持ってきます。 以下の最初の写真は、後ろに糸を示しています。 2番目の写真は前にあります。

1針縫います。
糸を「前」から「後」に持ってきます。

**からずっと繰り返して、行を完成させます。

奇数のステッチがあり、この行をニットステッチで終了した場合は、手順15をスキップします。

ステップ15:偶数ステッチの行42〜52

ステップ14(行41)をさらに11回繰り返します。 写真は、完了したすべての行を示しています。

ステップ16をスキップして、ステップ17に進みます。

ステップ16:奇数番号のステッチの行42〜52

ニットステッチで行41を終了したため、ここにいます。

行42:
** 1針縫います。
糸を前から後ろに持ってきます。

1針編みます。
糸を後ろから前に持ってきます。

**から繰り返して、行を完成させます。

行43:ステップ14(行41)を繰り返します。
行44:この手順を繰り返します(行42)
行45〜52:行43、44を繰り返します。

ステップ17:バインドオフ

すべてのステッチをバインドまたはキャストします。 糸を切るときは、この写真のように、縫製のために長い尾を残します。

必要な場合の手順を以下に示します。

ステップ18:縫製の準備


この手袋はぴったりとフィットするため、平らで未使用の状態では奇妙な外観になります。 ただし、親指スリーブがはっきりと見えるようになりました。

グローブを縦に半分に折り、すべての端を揃えます。

縫うときは、エッジをできる限り厳密に揃えておく必要があります。

タペストリーの針を尾からの糸に通します。

ステップ19:エッジを縫い合わせる

糸が手袋を出るところの反対側の端に針を挿入します。 たとえば、手袋の左側にぶら下がっている場合は、手袋の右端に針を挿入し、左端から持ち上げて、シングルホイップステッチを実行します。 親指が突き出る親指の端に達するまで、このステッチ(右から左または左から右)を繰り返します。

以下のコメントへの回答として、ここで提案を追加して、ホイップステッチのヘルプについてこのリンクを確認します。

//rensfibreart.files.wordpress.com/2010/04/join-1.jpg

ステップ20:親指スリーブに巻き付ける

親指スリーブの開口部を閉じたくないので、糸を片側だけに巻き付けます。 両方のレイヤーをつなぎ合わせないでください。

糸の織り方を正確に理解できる場合は、手袋を手に滑り込ませ、袖に親指を刺します。 写真に示すように、縫い合わせる必要のある手袋の次の端に達するまで、針をステッチに通します。 画像が役に立たない場合は、図面も参照してください。


グローブエッジの残りの部分を、完全に揃うまでホイップステッチし続けます。 糸を約3インチのホイップステッチで織り戻して端を隠し、糸を切ります。

ステップ21:完了です!


あなたの手袋を試して、あなたの成果を楽しんでください! 次に、もう一方の手用に作ります。 手袋はどちらの手でも着用できるため、指示は両手でまったく同じです。 楽しい!

関連記事