自分で乾式壁の天井を掛ける方法

自分で乾式壁の天井を吊るすのに苦労しましたか?

それは本当に面倒で痛いことがあります。

しかし、それを完全に簡単にするいくつかのトリックとヒントがあります。

今日は、乾式壁の天井を自分で背負わずに吊るす方法を学びます。

さらに、浴室のファンを完全に切り取る方法がわかります。

このチュートリアルは小さな浴室で行われましたが、家の他の部分の多くのヒントをコピーできます。

必要なものは次のとおりです

  • インパクトドライバー
  • マグネットドライバービット
  • 乾式壁ディンプルビット
  • 乾式壁ねじ(木製スタッド用ねじ山付きコース)
  • RotoSaw Plus Dust Vault
  • 人工呼吸器
  • ユーティリティナイフ
  • 乾式壁Tスクエア
  • チョークライン
  • 3インチの木材またはデッキネジ
  • 鉛筆
  • 乾式壁
  • スクラップ2×4

このチュートリアルでは、既存の石膏天井を乾式壁で覆いました。 あなたが同様の苦境にある場合、私のヒントが役立ちます。

乾式壁天井を吊り下げる最初のステップは何ですか?

ステップ1:根太を見つける

古い乾式壁に新しい乾式壁を掛けたい場合は、まず根太を見つける必要があります。

壁または骨組みの根太位置にマークを付けます。
もう1つ、このマークは根太の中心を示す必要があります。2つの乾式壁片が1つの根太にねじ込まれ、乾式壁の継ぎ目が作成されるためです。

ステップ2:天井の長さと幅を測定する

天井の長さと幅を測定します。

私が働いているバスルームはとんでもないようです。
正方形の壁はなく、幅は48インチを超える数インチでした。 意味スパン全体に1枚の乾式壁を追加することはできませんでした。

SOOOO ...代わりに、この問題に対応するために乾式壁を切らなければなりませんでした。

ここに小さなスペースの乾式壁を切断するためのいくつかのヒントがあります

  1. テーパーエッジを他のテーパーエッジに対して配置
  2. 部屋の幅全体にまたがる場合は、乾式壁片から1/4インチを引きます
  3. 複数の測定を行う

ヒント1は仕上げに役立ちます。

ヒント2は、乾式壁を根太に取り付けるのに役立ちます。

たとえば、この浴室の幅は52 3/4インチでした。 したがって、1/4インチを差し引いて52 1/2インチを取得しました。

ヒント3は、乾式壁を適切なサイズにカットするのに役立ちます。 たとえば、必要な乾式壁の長さは45 5/8インチでした。 しかし、45 5/8インチの長さでは、幅は52 5/8インチで、最初の52 3/4インチ測定よりも幅が広くなりました。

幅が52 3/4インチ(1/4インチを差し引いた)であると仮定した場合、乾式壁を天井に合わせるのに苦労していました。

これはビデオで一緒にフォローする方が簡単ですが、私は脱線します。 複数回測定!!

ステップ3:乾式壁を切る

鋭利な万能ナイフと乾式壁Tスクエアを使用して、乾式壁を適切なサイズにカットします。

乾式壁の端を立て、膝で背中を叩き、万能ナイフで切り込みます。

ステップ4:乾式壁にラベルを付ける

ドア側の乾式壁の縁に「ドア」のラベルを付けます。

そして、窓側の「窓」としての乾式壁の端。

私のように機械的に挑戦している場合、これは頭の上に持ち上げたときに正しい乾式壁の向きを維持するのに役立ちます。

ステップ5:事前ドリルねじ

さらに、根太の位置を乾式壁と事前に穴を開けた乾式壁のネジに置き換えました。

さらに、フレーミングが木材の場合は、粗いネジ式乾式壁ネジを使用します。

私の素敵なバスルームには、1/4インチのラス、1/4インチの石膏があり、1/2インチの乾式壁を使用しています。

そのため、少なくとも1インチのネジが根太に入り込むように、2インチの粗いネジ式乾式壁ネジを使用することを選択しました

ステップ6:ディンプルビットを使用する

乾式壁ねじを乾式壁に埋め込むときは、磁気ビットホルダーにディンプルビットを使用してください。

これにより、乾式壁ねじが紙にわずかに押し込まれるように埋め込まれます。

そして最終的には、あなたの改造プロセスがより簡単になります。

乾式壁が切断されると、根太に吊るす準備が整います。

しかし、背中を殺すことでこれはどうですか?

ステップ7:壁にサポートを追加する

多くの場合、私は自分で乾式壁を掛けます。 そして、私はアーノルド・シュワルツェネッガーではありません。

そのため、私は自分の脳を使って、乾式壁の作業に伴う痛みを軽減しようとします。

乾式壁の天井を自分で吊るす必要がある場合は、2×4のスクラップ片を壁に取り付けます。

根太の底から約3/4インチになります。

ステップ8:ホイスト乾式壁からジョイストへ

こうすることで、乾式壁を頭の上に巻き上げ、2×4の上に置き、乾式壁を根太に固定できます。

ステップ9:乾式壁に乾式壁を固定する

乾式壁にチョークラインをスナップすると、ネジを開ける場所の参考になります。

壁に付けた根太のマークを覚えておいてください。

ねじは、根太に沿って10〜12インチごとに、各端から約3/4ずつ配置する必要があります。

ステップ10:ファンまたはライトの中心位置を取得する

バスルームのファンまたは埋め込み式ライトの中心位置を取得します。

この寸法をフレームまたは壁に配置します。

私のビデオでは、これについてもう少し詳しく説明します。

中心寸法が必要なのは、RotoZipを使用して完全な正方形または円を切り取ることができるためです。

これについてもう少し説明しましょう。

ステップ11:ファンと照明用の乾式壁を切り取る

ここでは、家の修理の先生に繰り返しテーマがあります。

それがこれです。ツールがすべての違いを生むことがあります。

たとえば、乾式壁に完全な穴を開けたい場合は、RotoZipが非常に役立ちます。

反時計回りに実行すると、RotoZipで乾式壁を簡単に切断できます。

この場合、ファンハウジング内にいることを確認し、小さな部分を切り取りました。

ステップ12:ステップバイステップビデオを見る

本日のチュートリアルのヒントが気に入っていただければ幸いです。

ビデオの手順に従うことで、多くの時間(およびお金)を節約できます。

いつも読んで見てくれてありがとう。

あなたのために私たちのDIYコミュニティは素晴らしいです。

コメントにアイデアを追加してくれたMuchos gracias。

良い一日を

ジェフ

関連記事