折り紙占い師の折り方+使用方法

別のハウツー折り紙チュートリアルへようこそ! このInstructableは、とても楽しく簡単な折り紙占い師の作り方を教えてくれます。 このチュートリアルには、このモデルを使用して友人に幸運を伝える方法を教えるセグメントも含まれています! 最高の学習体験のために、上記の埋め込みビデオとこのインストラクションを使用してください。 このチュートリアルをお楽しみになりたい場合は、How To Origami youtubeチャンネルの購読をご検討ください。 詳細については、他のすべてのビデオをご覧ください! 幸運を!

ステップ1:両方に半分に折ります

明るい色または白い面のある正方形の紙を使用します。 最後に紙に書く必要があるので、これは必要です。 縦と横に折り目ができるように、用紙を両方向に半分に折ることから始めます。 完全に展開します。

ステップ2:両方の対角線で折ります

対角線の折り目を作成するには、角を折ります。 両方の対角線が作成されるように、逆方向にコーナーを広げて折ります。 完全に展開します。 明るい色または白い面が下を向くように方向を合わせます。

ステップ3:コーナー1で折りたたむ

紙の四隅をそれぞれ取り、中心点(すべての線が交差する場所)に折ります。 これが完了すると、用紙は2番目の画像のようになります。 次に、モデルを裏返します。

ステップ4:コーナー2で折ります

前の手順のように、角を中心点に折り込みます。 これらが強い折り目であることを確認してください。 モデルをもう一度裏返します。 結果(反転後)は、上の3番目の画像のようになります。

ステップ5:ポケットを開く

モデルの角をつまんでポケットを開きます。 次のポケットで作業している間、ポケットを開いたままにするには、ポケットに指を挿入する必要がある場合があります。 すべてのポケットが開くと、占い師は2番目の画像のように見えるはずです。 占い師を操作するには、各ポケットに指を挿入します。

ステップ6:占い師を設定する

これは私が使用していた方法です。 これを行うには多くの方法があり、自由に独自のメソッドを作成してください! 私が知っている方法を使用するには、最初の画像に示すように、4つの外部フラップのそれぞれに色を書くことから始めます。 次に、占い師を開き、平らにします。 色が書かれていない側に回し、2番目の画像に示すように1から8までの数字を時計回りに書きます。 それぞれの数字の下に、3番目の画像に示すようにメッセージまたは幸運を書きます。 メッセージを書くには、フラップを持ち上げる必要があります。

ステップ7:Fortune Tellerの使用

占い師を使用するには、4色のいずれかを選択するように誰かに依頼することから始めます。 たとえば、個人が「黒」を選択した場合、単語「黒」の文字ごとに占い師を5回開きます。 占い師を上下から左右に開くこともできます。 説明どおりに占い師を5回開くと、内側の4つの数字が表示されます。 表示された4つの数字のいずれかを選択するように個人に依頼します。 前と同様に、個人が選択した回数に対応する回数だけ占い師を開きます。 完了すると、同じ4つのセットまたは4つの新しい番号セットが表示されます。 個人に再度番号を選択するよう依頼してください。 今回は、フラップを持ち上げて、選択した番号の下に隠されたメッセージを表示します。 大金を読みます。

このチュートリアルが気に入ったら、お気に入りにするか、YouTubeで気に入ってください。 また、折り紙チャンネルへの登録を検討してください。 ありがとうございました!

関連記事