ルガー10/22ライフルのクリーニングのためにフィールドストリップする方法

クリーニングのためにルガー10/22ライフルをフィールドストリップ(分解)する方法は次のとおりです。

必要なツールは次のとおりです。

マイナスドライバー

小さな細いドライバーまたはパンチ

ハンマー

ステップ1:安全第一

すべての付属品(スコープ、照準器など)を外します。 マガジンを取り外し、ボルトを開き、チャンバー内に丸がないことを確認します。

ステップ2:安全ボタンとネジ

両側に同じ量が表示されるように、安全性を押してください。 これを行わないと、ボタンを押して在庫を取りに行くときにボタンがスタックします。 次に、中央のネジを緩めますが、外さないでください。 次に、バレルバンドのネジを緩めて外します。 在庫を持ち上げると、残っているのはバレル/レシーバーアセンブリだけです。

ステップ3:ピンを取り外す

ライフルによっては、ピンが自然に抜け落ちる場合や、何らかの助けが必要な場合があります。 簡単に抜けない場合は、ドライバーまたはパンチとハンマーをそっと使用して、ピンをそっとタップします。 迷子にならない場所に置いてください。 必要な場合を除き、ピンをトリガーアセンブリから出さないでください。 ここでトリガーアセンブリを分解する方法を示します:www.instructables.com/id/How-To-DisReassemble-the-Ruger-1022-Trigger-asse/

手順4:トリガーアセンブリを削除する

トリガーアセンブリを取り出して脇に置きます。

ステップ5:ボルトとスプリングの取り外し

ボルトハンドルを後ろに引き、ボルトの前面を持ち上げると、すぐに出てきます。 スプリングも取り外します。

ステップ6:完了!

これは、ライフルを掃除するために必要な限りです。 必要に応じて、六角キーを使用してバレルを取り外し、バレルを固定しているVブロックを取り外すことができます。

ステップ7:組み立て直す

ボルトスプリングを元に戻します。手とドライバーを使用して、ボルトハンドルを最後まで引き戻します。 ボルトを取り、スプリングに押し込むと、カチッという音がします。

ステップ8:トリガーアセンブリの取り付け

穴が揃うようにトリガーアセンブリを配置し、ピンを挿入します。 ピンが入りたくない場合は、ハンマーでそっとタップします。

ステップ9:ストックを交換してネジを締めます

安全ボタンの両側に同じ量が表示されていることを確認し、ストックをレシーバーに降ろします。 テイクダウンスクリューとバレルバンドを締めます。 アクセサリーを交換すれば、準備完了です! これは私の最初の指導可能なものですので、気に入ったらコメントまたは評価してください。 また、トリガーアセンブリを分解して組み立てる方法についての説明を公開します!

関連記事