AR-15をフィールドストリップする方法

この一連の指示は、クリーニングまたはライフルの点検のためにAR-15を現場で剥ぎ取りたい/必要としている人向けです。 代わりにそれを使用したり、補足として使用したい場合のために、最後のステップに添付されたビデオもあります。

危険: AR-15はおもちゃではありません。銃器を扱うときは常に基本的なルールを実行してください。 常に安全な方向に向けてください。

ステップ1:必要なアイテム

1. AR-15ライフル

2.作業エリア

3.細い端の小さなツール(小さな六角キー)(オプション)

ステップ2:ライフルのクリアと安全チェック

ライフルをクリアする:

ライフルを安全な方向に向け、マガジンを取り外し、充電ハンドルを最後まで数回引き、チャンバーが空であることを確認します

ライフルの安全チェック:

充電ハンドルでボルトを最後まで引き、アクションを見ながらそれを保持して、実際にチャンバー内に実際にラウンドがないことを視覚的に確認します。

手順3:背面のテイクダウンピンを取り外す

上部と下部のレシーバーを一緒に保持する2本のピンがあります。ライフルの後方(バットストックのある端)にあるものは、取り外され、リアテイクダウンピンと呼ばれます。

ボルトが前方の位置にあることを確認し、小さい方の端を指で押し込んで後部のテイクダウンピンを取り外してから、もう一方の大きい方の端を引き出します。 ピンは完全に出てはなりません(下のレシーバーに保持する必要があります)が、下のレシーバーと上のレシーバーを分離するために十分に引き出して、前方のテイクダウンピン(2番目のピン)でヒンジで固定する必要がありますそれはライフルの正面(バットストックの反対側の端)に向かっています。

手順4:充電ハンドルとボルトキャリアグループを削除する

部品が緩んで飛び出した場合に備えて、上部と下部のレシーバーをゆっくりと分離します。 この時点で、選択肢があります。前方のテイクダウンピンを引き出して、上部レシーバーと下部レシーバーを完全に分離するか、そのままにして開いて開きます。 この一連の指示のために、前方のテイクダウンピンはそのままにしておきますが、ライフルの実際のフィールドストリッピングに関しては、どちらの方法でも違いはありません。

次に、上部と下部のレシーバーが約半分ほど離れた状態で、充電ハンドルをゆっくり引き戻します。 次に、ボルトキャリアグループを引き出して、脇に置きます。 最後に、充電ハンドルを取り外しますが、充電ハンドルにあるノッチに注意してください。 充電ハンドルをライフルの上部から持ち上げて、ノッチが上部レシーバーに引っ掛からないようにする必要があります。 取り出したら、それも脇に置きます。

ステップ5:ボルトキャリアグループを分解する

次に、AR-15のフィールドストリッピングの最も複雑な部分について、ボルトキャリアグループ(BCG)を分解します。 まず、保持ピンを取り外します。 保持ピンは、指の爪でつかむことができる小さなループのあるピンで、撃針が抜けないようにします。 保持ピンは、ボルトキャリアの小さなくぼみの内側のBCGの背面(BCGの開放端)の近くにあります。 指の爪でピンを引き抜くことができない場合は、小さな六角キーなど、小さな先端を持つオブジェクトを使用して引き抜くことができます。

保持ピンを取り外した後、BCGを後方に傾けるだけで、撃針がスライドしますが、場合によっては、撃針に炭素がたまりすぎて脱落しないことがあり、その場合は引き抜くことができます保持ピンを引き抜くのに使用したものと同じもので指で取り出すか、こじ開けます。

撃針を取り外したら、カムピンを取り外すことができます。 カムピンは、BCGの前面(BCGの閉じた端)の近くにあるスロットにある大きなピンです。 取り外すには、ボルトをBCGの後方に押し込み、ピンのまっすぐな端がボルトキャリアと平行になるようにカムピンを回転させてから引き抜きます。回転とウィグリングが必要になる場合があります。

最後のステップは、ボルトを取り外すことです。 ボルトは、BCGの前面を閉じる部分です。 それを取り外すには、引き出します。正しく潤滑されていない場合、またはカーボンが蓄積しているため、引き出しにくい場合があります。

これで、上部レシーバーのフィールドストリッピングが完了しました。

手順6:バッファースプリングとバッファーを削除する

AR-15をフィールドストリッピングする最後のステップは、下部のレシーバーからバッファスプリングとバッファを取り外すことです。 バッファスプリングとバッファは、バッファチューブの内部に収容されています。バッファチューブは、バットストックで覆われています。 バッファーチューブの開放端を見ると、バッファー戻り止めが突き出ており、バッファースプリングとバッファーをバッファーチューブ内に保持しているのがわかります。 バッファが出てくるまでゆっくりとバッファの戻り止めを押してください。注意を払わないと、バッファスプリング、バッファ、およびバッファの戻り止めが飛び出す可能性があります。

ステップ7:再組み立て

AR-15のフィールドストリップが正常に完了したので、再組み立てする必要があります。 再構築するには、逆に行ったすべての操作を行いますが、特に注意する必要があることがいくつかあります。

BCGを再組み立てするときは、エクストラクタが10時の位置になるように、ボルト面が回転していることを確認してください。

BCGを再組み立てするとき、カムピンを元に戻すときは、まっすぐなエッジがBCGに垂直になるように回転させてください。そうしないと、撃針が完全には動きません。

充電ハンドルをライフルに入れるときは、充電ハンドルの切り込みが上部レシーバーの切り欠きに入ることを確認してください。そうしないと、充電ハンドルは入りません。

BCGを上部レシーバーに戻すときは、ボルトが引き抜かれていることを確認してください。そうしないと、BCGが上部レシーバーに収まりません。

ステップ8:機能チェックと安全性チェック

ライフルを組み立て直した後は、ライフルの機能チェックと安全チェックを行うだけです。

この機能はライフルをチェックし、充電ハンドルを最後まで引いてから放します。 引っ張ってスムーズに解放できる必要があります。引っ掛かったり、スムーズに動作しない場合は、一部の部品を潤滑する必要があります。

最後のステップは、ライフルの安全性をもう一度確認することです。これは冗長で無意味に思えるかもしれませんが、安全性は重要であり、長くはかかりません。 ライフルを安全にチェックするには、充電ハンドルを引き戻し、チャンバー内を目視で確認して、クリアーであることを確認します。

これで、AR-15を完全に現場で剥ぎ取り、組み立て直しました。

この手順で説明したことのほとんどを行う方法については、この手順に添付されているビデオがありますが、含まれていないのは、バッファーとバッファースプリングの削除だけです。 ライフルのフィールドストリップの方法についてさらにサポートが必要な場合は、YouTubeでさらに動画を検索できます。

関連記事