革を染める方法

革細工について初めて学び始めたとき、革を染める方法に関するフォーラムのトピックをたくさん読み、それを行う「正しい」方法について多くの異なる答えを見つけました。 少し試してみたところ、何がうまくいき、何がうまくいかなかったのかがわかったので、ここですべてをまとめようと思いました。 :D

革の染色は難しいものではありませんが、試行錯誤が少し必要です。 この説明は、プレーンな植物なめし革を染色することのみを対象としていますが、植物なめし革でも染色に対する反応が異なる場合があります。

ここで詳しく説明したのは、多くの染色方法の1つにすぎません! 詳細については、Leatherworker.netフォーラムにサインアップすることをお勧めします。 :D

革細工の基本については、他の革の聖書をご覧ください。

  • 革針の糸の通し方
  • 縫製のための革を準備する方法
  • 革の縁を磨く方法
  • 革のひだの作り方
  • 革を切る方法
  • 縫製のために革を接着する方法
  • 革財布の作り方
  • 革を中とじする方法

ステップ1:必要なもの:

  • 選択の革染料(私はタンディのエコフロを使用しています)
  • 植物なめし革
  • レザーオイル/選択のコンディショナー(私はホホバオイルを使用しています)
  • 染料を塗る何か(私は古いきれいなTシャツのスクラップとqチップを使用しています)
  • ある種の革シーラー

また、余分なペーパータオルと水を手元に置いて掃除するのも好きです! 染料を全面的に使用するのが心配な場合は、ワークスペースを裏打ちして手袋を着用することもできます。 :D

染料に関しては、多くの選択肢があります-油、水、アルコールベースの染料があります。 どちらを使用するかを確認するには、少しテストする必要がある場合があります。 水性の革の染料は、革をより寛容に感じ、石鹸と水で簡単にきれいにできるので、私の頼みの綱です。

ステップ2:革の準備とオイル塗り

始める前に、革を準備することをお勧めします。 革に溝をつけ、折り、縁を面取りし、大きな穴を開けます。 もちろん、これはすべてあなたがしているプロジェクトに依存しますが、均一な仕上がりが必要な場合は、最初にすべてのカットとパンチを行います。

何度もテストした結果、革に少し水分を与えると染料の仕上げが滑らかになることがわかりました。 水が染色を妨げた-少し斑点ができた。 しかし、オイルは非常にうまくいきました!

また、すでに十分な量の革を扱っている場合、手に残ったすべてのオイルをきれいにするために、少量の消毒用アルコールで前面を下にスワイプすることは悪い考えではありません。

このためには、ワックスや光沢剤を加えたレザーコンディショナーではなく、ストレートオイルを使用します。これらはバリアを形成し、染料はレザーに浸透できません。 私は革にホホバ油を使うのが好きです。 それはかなり安く、永遠に続き、奇妙な香りを与えません。 多くの人がオリーブオイルを染色後にコンディショニングすることをお勧めしているのを見たことがあるので、プロセスのこの部分でも機能すると思います。

ペーパータオルまたはスクラップTシャツを使用してオイルを軽く塗り、数分間浸します。 色を劇的に変化させるのではなく、薄いコーティングを施すだけで済みます。 エッジも取得するようにしてください!

ステップ3:染料を希釈する(またはしない)

染料の使用方法は、プロジェクトに完全に依存します。 大胆で明確な色が必要な場合は、最大限の力を発揮してください。 しみが発生した場合は、完全な強度の染料で2回目の塗りを適用する必要があります。

より落ち着いた、またはアンティークな仕上がりが必要な場合は、希望の彩度が得られるまで染料を希釈し、多くの薄い層を作成できます。

染料を希釈する場合は、染料のベースを使用して行います。 私のものは水ベースなので、希釈するために水を加えています。 染料が油またはアルコールをベースにしている場合、油またはアルコールを加えて希釈する必要があります。

上記の染料の次の濃度を見ることができます:

  • 100%染料
  • 染料75%、水25%
  • 染料50%、水50%
  • 染料25%、水75%

これらの正方形の色素はそれぞれ1つの薄い層です。

ステップ4:染料を塗る

ここでは誰もが独自のテクニックを持っていますが、古いTシャツの生地を使用して平らな表面に適用するのが好きです。 qチップを使用して、染料をエッジに適用します。 私はさまざまな方法を試しましたが、ソフトTシャツで完璧に仕事をしました。

彩度に満足したら、革を完全に乾かします。 乾燥する前に作業を続けようとすると、深刻な汚れが発生する可能性があります。

2番目の写真は、染料を乾かす(右)と、革に軽く油を塗った後に染料を付ける(左)の違いを示しています。 右側の領域には、カバレッジがむらがあり、明るい領域が多数あります。

ステップ5:仕上げ

革を染めて完全に乾いたら、ワックスベースのコンディショナーまたは好きなオイルを追加できます。 あなたは革のコンディショナーを購入するか、自分で作ることができます。 Antagonizerには、独自のレザーコンディショナー/ポリッシュの作り方に関する素晴らしい説明があります。

コンディショニングが完了したら、エッジを磨き、そうでなければ作業を素晴らしいものにすることができます。 染色する前にトラガカントゴムを使用してバニシングしないでください。革が染料に抵抗する可能性があります。

(上は染められ、磨かれたエッジです!)

染めた革が装飾以外のものになる場合は、染料を所定の位置に保つために革を密封する必要があります。 これには多くのオプションがありますが、私の研究で最も人気のある2つのオプションは、Fiebings Acrylic ResoleneとBee Natural Leather Finishです。 Fiebings Resoleneはより高い光沢仕上げを実現し、Bee Natural仕上げはより繊細になります。 :)

関連記事