ソフトウェアを使用せずに起動可能なUSBドライブを作成する方法

起動可能なUSBドライブを手動で作成するには、Windowsのデフォルトプログラムとしてコマンドプロンプトを使用します。 Windowsインストールメディアとして起動可能なUSBドライブを作成する手順を次に示します。 ブータブルUSBドライブをWindowsインストールメディアとして作成するには、最小容量として少なくとも4 GBが必要です。 容量が大きいほど優れています。 現時点では、例として2 GBの容量のUSBフラッシュドライブを使用しています。 私の4 GBフラッシュドライブに、後で修正する必要がある異常な問題が発生したのは、いくつかの理由によるものです。 :D

ステップ1:DISKPARTコマンドの使用

  1. 実行中のコンピューターにUSBフラッシュドライブを挿入します。 最初のステップとして、管理者としてコマンドプロンプトを実行する必要があります。 これを行うには、Windowsの[スタート]メニューの検索ボックスに「 cmd 」と入力してcmdを見つける必要があります。 「 cmd 」の検索結果が表示されたら、右クリックして「 管理者として実行 」を選択します。
  2. コマンドプロンプトで「 diskpart 」と入力し(引用符なし)、Enterキーを押します。 DISKPARTプログラムが実行されるまでしばらく待ちます。
  3. list disk 」と入力して、コンピューター上のアクティブなディスクを表示し、Enterキーを押します。 アクティブディスクは、ハードドライブの場合はディスク0として表示され、USBフラッシュドライブの場合はディスク1として表示され、その総容量が表示されます。
  4. ' select disk 1 'と入力して、ディスク1が次のステップで処理されることを確認し、Enterを押します。
  5. clean 」と入力してEnterキーを押し、ドライブ内のすべてのデータを削除します。
  6. create primary primary 」と入力し、Enterキーを押します。 プライマリパーティションを作成し、さらにWindowsによって「 パーティション1 」として認識されます。
  7. パーティション1を選択 」と入力し、Enterキーを押します。 アクティブパーティションとして設定するために「 パーティション1 」を選択します。
  8. アクティブ 」と入力し、Enterキーを押します。 現在のパーティションをアクティブにします。
  9. format fs = ntfs quick 」と入力し、Enterキーを押します。 現在のパーティションをNTFSファイルシステムとしてすばやくフォーマットします。
  10. exit 」と入力し、Enterキーを押します。 DISKPARTプログラムを終了しますが、代わりにコマンドプロンプトを閉じないでください。 次のプロセスにはまだ必要です。

ステップ2:ブートセクターの作成

フラッシュ/ USBドライブがD:ドライブであり、ドライブF:にあるDVDインストーラーであると仮定しましょう。 最初のステップでは、コマンドプロンプトをナビゲートして、インストールDVDをアクティブディレクトリとして設定します。

  1. デフォルトでは、管理者権限のコマンドプロンプトのアクティブディレクトリはC:\ Windows \ System32>にあります。 コマンドプロンプトをナビゲートして、DVD(F :)にアクティブディレクトリとして設定します。 「 f: 」と入力してEnterキーを押すと、アクティブディレクトリがF:に変更されます。
  2. cd boot 」と入力し、Enterキーを押します 。 Active DirectoryがF:\ boot>に変更されました。
  3. bootsect / nt60 d: 」と入力し、Enterキーを押します。 D:ドライブ(USBフラッシュドライブ)にブートセクターを作成します。
  4. exit 」と入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトを閉じます。 この手順まで、ブート可能なUSBドライブを作成し、フラッシュドライブをブートメディアとして使用する準備ができました。

ステップ3:インストールファイルのコピー

起動可能なUSBドライブからWindowsをインストールするには、DVDインストーラーに含まれるインストールファイル全体をフラッシュドライブにコピーするだけです。 これを行うには、前の手順と同様にコマンドプロンプトを開きます。 開いたら、 ' xcopy f:\ *と入力します。 * d:\ / E / H / F 'を押し、Enterを押します。 DVDインストーラー内のすべてのファイルがフラッシュドライブにコピーされるまで待ちます。 これで、ブート可能なUSBドライブを使用して、フラッシュドライブからWindowsをインストールする準備ができました。完了です!

元のソースを英語版とインドネシア語版で表示します。

関連記事