Adobe Illustratorで基本的なベクトルのロゴを作成する方法

履歴書、ウェブサイト、または製品の独自のロゴを作成する機能は、手のひらの上にあります。 グラフィックデザインに飛び込むことは始めるのに非常に苦労しますが、Adobe Illustratorの基本を学ぶのは驚くほど簡単です。 ここでは、正しい解像度とカラーモ​​ードを持つ基本的なベクトルロゴを作成する方法を示します。 ペンツールが使用され、シェイプツールとレイヤーの基本機能がカバーされます。

ステップ1:始める前に

推奨される経験レベル:

これらの指示は、Aiの初心者向けです。 基本的なコンピューターの知識が必要です。 Microsoft Wordまたはそのような基本プログラムで作業できる場合は、これらの手順について十分な知識があります。 早く作業する必要がある場合は、このチュートリアルを実行する前に、lynda.comからAiの基本レイアウトに関するチュートリアルをご覧になることをお勧めします。

所要時間:

経験レベルに応じて30分から1時間。

必要な材料:

  • Aiを実行する機能を持つコンピューター
  • Aiプログラムはこちらで購入できます://www.adobe.com/products/illustrator.html

クイックノート:

プログラム内にこれらの手順では十分に説明できない不快な問題がある場合、またはAdobe Illustratorの詳細については、lynda.comを参照してください。

Aiのダウンロードに問題がある場合、またはコンピューターに実行する仕様があるかどうかを確認したい場合は、このリンクをクリックしてください。//helpx.adobe.com/support/illustrator.html?p ...

警告! Aiドキュメントを定期的に保存することが不可欠です。 Aiは素晴らしいプログラムですが、非常に大きなプログラムであり、予期せず終了する傾向があります。

ステップ2:ドキュメントを作成する

最初のステップは、Aiを開くことです。 左上隅に「 新規作成 ...」というボタンがあります。 それをクリックしてください。

新しいドキュメントを作成するためのさまざまなオプションを含むウィンドウが開きます。 私たちの目標は、印刷用に高解像度のロゴを作成することなので、印刷セクションからドキュメントを作成します。 そのため、中央の上部バーにある印刷セクションをクリックします。

印刷を選択したら、次に空白のドキュメントプリセットセクションのすぐ下にあるレターオプションをクリックします。

次に、プリセットの詳細で、向きが垂直に設定されていることを確認します。 次に、カラーモードがCYMKカラーに設定され、ラスター効果が高(300 ppi)に設定されていることを確認します。

最後に、 作成ボタンをクリックします 。これは右下隅にあり、青色です。 これによりドキュメントが開き、設計を開始する準備が整います。

ステップ3:ワークスペースのセットアップ

まず、ワークスペースをpaintingに設定しましょう。 右上隅にあるドキュメントは、ほとんどの場合、 基本モードで開きます。 矢印をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。 ペイントオプションを選択します。 これは、ロゴデザインに最適なワークスペースオプションです。

Aiのクイックルックから、左側にメインツールバーが表示されます。 ここで、設計に使用するツールを選択します。

また、カラーパネルの下の右上隅にあるレイヤーパネルに注意してください。 これらのパネルも両方使用します。

ステップ4:シェイプツールから始める

以前にメモしたメインツールバー、シェイプツールの 楕円オプションを選択 ます 。 最初に、形状ツールは「長方形」に設定されます。 楕円オプションに変更する必要があります。 これを行うには、サブメニューが表示されるまでクリックしたままにします。 マウスの左ボタンを押したまま、楕円オプションにカーソルを合わせて離します。 これで、シェイプツールのシンボルは、長方形ではなく楕円として表示されます。

正しいツールが選択されたので、空白スペースでクリックしたまま、ドラッグして円の形状を作成します。 シェイプを作成するときにShiftキーを押したままにする理由は、完全なシェイプを作成するためにすべての面で同じサイズを維持するためです。 形状に大きなプラス記号が表示されている場合、それが等しいことを知っています。

私は7x7インチまで薬を採掘します。 シェイプのサイズは、リリースする前に作成中に小さなボックスに表示されます。 円が7x7インチであることは必須ではありませんが、小さいグラフィックよりも大きいグラフィックで作業する方が簡単です。

シェイプを作成し、ワークスペースの中心が十分にない場合は、キーボードの「v」を押して選択ツールを選択するか、 メインツールバーから選択ツールを選択します。 ツールバー上部にあります。 図形をクリックしてページの中央にドラッグします。

ステップ5:円を塗りつぶす

円を黒で塗りつぶすには、メインツールバーの上部にある選択ツールを使用します。

円を選択して、 色見本パネルに移動します。

赤い線の入った白いボックスがあります。 これは、円のコンテンツが空で、色がないことを意味します。 その空のボックスをクリックして、色見本パネルから黒色を選択します。

円は完全に黒になります。

ステップ6:新しいレイヤーを作成する

ロゴのベースが完成したので、次に進むために新しいレイヤーを追加します。 レイヤーのポイントは、デザインを整理することであり、レイヤーを使用して深さを作成する方がはるかに簡単です。 現在のレイヤーの上にレイヤーを追加して、ロゴに詳細を追加します。

そのため、レイヤーパネルに注意を向け、 新しいレイヤーボタンを選択します

レイヤー2は、最初のレイヤーの上に自動的にポップアップ表示されます。 これは私たちが望むものです。 ここで、最初のレイヤーまたは「下」レイヤーのコンテンツを調整する場合は、レイヤー1が選択され、強調表示されていることを確認する必要があります。 「上部」のコンテンツを調整する場合は、レイヤー2が選択され、強調表示されていることを確認してください。 次のステップでは、レイヤー2で作業します。そのため、その上で作業しようとしているときに下のレイヤーが動き回らないようにするには、 レイヤー1をロックしましょう。

レイヤー1をロックするには、レイヤーパネルの「目の記号」の横にある空のボックスをクリックします。 これを行った後、レイヤー1のコンテンツは、ロックが解除されるまで編集できません。 ロックを解除する必要がある場合は、ロックした後に表示されるパッドロック記号をクリックするだけで、再び編集可能になります。

次のステップの準備をするには、選択ツールの下にある3つのツールであるペンツールをクリックします。

レイヤーについて質問がある場合は、このチュートリアルを参照してください。

//www.lynda.com/Concepts-tutorials/Layers/41 ...

ステップ7:ペンツールのセットアップ

ペンツールを選択したので、現在レイヤー2で作業していることを確認してください。 もしそうなら、それは強調表示されます。

スウォッチパネルに再び注意を向けます。 上図のように、 塗りつぶしが空で、 アウトラインが白設定されていることを確認してください。

サークルにカーソルを合わせます。 円の中心に移動すると、紫色の小さなテキストがポップアップして"center"と表示されます。 これがペンストロークの開始点になります。

手順8:ペンツールを使用した最初のストローク

ペンツールは、クリックアンドドラッグツールではありません 。 必要なのは、クリックして行を開始し、クリックして終了するだけです。 この図では、線を完全に真っ直ぐにするために、もう一度Shiftキーを使用します。

そのため、前に見つけた中心から開始し、 Shiftキーを押しながら中心を1回クリックし、線を対角線に向け、円の端をクリックして線を閉じます。

作成したばかりの行の選択を解除するには、キーボードの「v」を押すか、選択ツールをクリックします。

次に、ペンツールを再度選択し、先ほどと同じことを繰り返しますが、反対方向に向けます。

行をもう一度選択解除します。

ペンツールについて質問がある場合は、//www.lynda.com/Illustrator-tutorials/Illustrator-CC-2018-One-One-Fundamentals/633853-2.html?srchtrk=index%3a4%0alinktypeid% 3a2%0aq%3aillustrator + line + tool%0apage%3a1%0as%3arelevance%0asa%3atrue%0aproducttypeid%3a2

ステップ9:線を太くする

選択ツールを使用して、作成した行を選択します。

トップバーで、 ストロークパネルを見つけます。 ストロークが4ptに設定されるまで、上矢印をクリックします 。 これにより、ラインが太くなり、より見やすくなります。

ペンツールを再選択します。

ステップ10:行を追加する

最初の行を作成するのに使用したのと同じ方法を使用して、図のように同様の領域にさらに2行作成します。

ステップ11:別のサークルを作成する

前と同じ方法を使用して、大きな黒い円を作成し、小さな円を作成して、白で塗りつぶします。

ステップ12:行を追加する

以前にラインを作成するために使用したのと同じ方法を使用して、上の領域の写真にさらに2つの三角形を追加します。

最初のレイヤーをロックしたままにした場合、線や円がそのままの状態で問題はないはずです。

ステップ13:独自の創造性を追加する

私たちが作成したのは、非常に基本的なロゴです。 自由にレイヤーを追加して、デザインを変更して、独自のデザインにしてください!

ここにいくつかのインスピレーションを与える素晴らしいサイトがあります://www.creativebloq.com/logo-design/get-star ...

また、いくつかの色を追加したい場合は、素晴らしい色ジェネレーターがあります://coolors.co/070707-553555-755b69-96c5b0-adf ...

このロゴを白黒で作成した理由は、ほとんどのプロのデザイナーが色を追加する前に白黒でロゴを作成するためです。 ロゴを使用すると、シンプルさが最適です! ロゴがきれいで、白黒で注目を集めている場合、それは成功したロゴです。 彼らは注意を引くために色に頼るべきではありません。色は松葉杖ではなく、単にデザインを楽しく称賛すべきです。

ステップ14:印刷およびWeb用のセットアップ

プロの印刷は詳細なトピックです。 プリントショップ以外でプロレベルの印刷を実現することは可能ですが、そのために購入する必要があるプリンターは数千ドルになります。

そのため、ほとんどの人はお金を節約するために、必要なものを印刷所に送ります。 それらは、お住まいの地域のGoogleプリントショップで広く見られます。 図に示すようにロゴをPNGとしてエクスポートするのではなく、ロゴを印刷する場合は、TIFFとしてエクスポートします。 PNGとしてエクスポートするのと同じプロセスで、PNGではなくTIFFを選択します。 次に、TIFFをフラッシュドライブに移動して、プリントショップに持ち込みます。 文書はすでに印刷できる状態になっているため、解像度を変更する必要はありません。

ほとんどの人はロゴをウェブサイトにアップロードするか履歴書に追加するだけなので、上記のデモはPNGにエクスポートする方法を示しています。これはWebの正しい形式だからです。

[ファイル]で[エクスポート]に移動し、[エクスポート]に移動します。

次に、PNG(またはTIFF)を選択します。 PNGを選択した場合は、背景に透明を選択してください。 私は解像度を高く設定しましたが、Web用に解像度を使用しているだけであれば、72ppiまで低く設定できます。

関連記事