I2C液晶ディスプレイをArduino Unoに接続する方法

こんにちは、このInstructableでは、i2c液晶ディスプレイをarduinoに接続する方法と、液晶ディスプレイに印刷する方法を説明します。

このチュートリアルを開始する前に、i2c通信に関する簡単な知識が必要です。

各I2Cバスは、SCLとSDAの2つの信号で構成されています。 SCLはクロック信号で、SDAはデータ信号です。 クロック信号は常に現在のバスマスターによって生成されます。 スレーブデバイスによっては、マスターがより多くのデータを送信するのを遅らせるために(またはマスターがクロックアウトを試みる前にデータを準備するためにより多くの時間を必要とするために)クロックを時々低くする場合があります。 これは「クロックストレッチング」と呼ばれ、プロトコルページで説明されています。

詳細については、Electronics Projects Hubをご覧ください

このInstructableを開始しましょう。

ステップ1:必要なコンポーネント

Arduino Uno://goo.gl/TlOucU

I2C LCDディスプレイ://goo.gl/Fh6su4

男性から女性へのジャンパー-4://goo.gl/nsAkuw

ステップ2:回路

LCD Arduinoの I2Cボード

GND GND

VCC 5V

SDA A4

SCL A5

ステップ3:コード

添付のコードを機能させるには、2つのライブラリを含める必要があります。

アタッチメントLCDライブラリからライブラリをダウンロードします。

コードで使用する基本機能

lcd.begin(16, 2); //液晶ディスプレイの16列2行の定義

lcd.backlight(); //バックライトの電源をオン/オフするには

lcd.setCursor(0, 0); //最初の行、最初の列から書き込む位置を定義します。

lcd.setCursor(0, 1); // 2番目の行、最初の列から書き込む位置を定義します。

lcd.print( "ここに印刷して書き込む"); // 1行につき16文字を引用符で書くことができます。

lcd.clear(); //画面をきれいにします

添付ファイル

  • LCD library.zipダウンロード
  • I2C_LCD_TUTORIAL.inoダウンロード

ステップ4:出力

添付された出力は、上記のコードに従って実行されます。

ステップ5:ビデオチュートリアルを完了する

YouTubeチャンネルを登録することを忘れないでください

私のウェブサイトElectronics Projects Hubをご覧ください

関連記事