Keurig Coffee MakerなしでKカップでコーヒーをCoffeeれる方法

私たちのオフィスにこのコーヒーメーカーがあったとき、それは本当に弱いコーヒーを作るでしょう、それで私はこの修正を思いつきました。

(時間、スペース、スキルに依存します)。

必要なもの:

-K-Cupフレーバーの選択(フィルターを内蔵したほとんどのシングルサービングコーヒーメーカーでこれを変更できます)

-2カップ(1カップのみを使用する場合は代替方法が利用可能)

-はさみ

-温水タップ

ステップ1:

kカップの上部からホイルを取り外し、コーヒーカップの1つにコーヒーを捨てます。 この時点でコーヒーかすを置換または追加することもできます。

ステップ2:

はさみを使用して、カップの下部1/4を切り取ります。

ステップ3:

地面が入っているカップをお湯で満たします。 自動コーヒーメーカーの中には、お湯栓が側面にあるものもあれば、お湯のオプションがあるものもあります。 コーヒーをれるのに十分な暑さが必要です。 これを約2〜4分急勾配にします。

ステップ4:

Kカップの上部を2番目のコーヒーカップにかぶせ、filterれたコーヒーが入ったカップにフィルターをゆっくりと注ぎます。 これにより、根拠が削除されます。

(別の方法は、kカップに地面を残し、スピゴットからkカップにゆっくりとお湯を注ぐことです。これには時間がかかり、この方法でこぼれやすくなります。)

ステップ5:

希望のクリーム/ミルク/大豆などを追加してお楽しみください。

関連記事