基本的なデスクトップPCを組み立てる方法

この一連の手順は、一般ユーザーが遭遇する最新のソフトウェアパッケージのほとんどを実行できる基本的なコンピューターを組み立てるのに役立ちます。 ユーザーが数時間の努力で金銭的投資を補うと、現代のコンピューターは手頃な価格になります。 このコンピュータービルドは非常に基本的なものであり、機能的なシステムを持つために必要な最小限のハードウェアになります。 すべての部品と材料が必要になった後、コンピューターを組み立てるのに2〜4時間かかり、ドライバーやペンチなどの簡単な手工具を使用できるようになる必要があります。

ステップ1:部品の調達

最初に、コンピューターの構築に必要な部品を購入する必要があります。 このプロジェクトで使用する部品には、図1のラベルが付けられています。

1.プロセッサー(CPU)
2.コンピューターケース
3.光学ドライブ(DVD RWおよびSATA対応)
4.メモリ(RAM)
5.電源
6. SATAケーブル
7.マザーボード(SATA対応)
8.プロセッサーファン
9.ケースファン
10.ハードドライブ(SATA対応)
11.ケースとドライブのネジの品揃え(写真はありません)
12.花(重要な他の人のスペースに侵入している場合に必要)

これらの部品のすべてではないにしても、ほとんどは「ベアボーンキット」として知られているもので一緒に購入できます。 この例では、ケース、マザーボード、CPU、ハードドライブ、およびメモリがtigerdirect.comからベアボーンキットとして約200ドルで一緒に購入されました。 DVDドライブとケーブルは、出荷前にnewegg.comから30ドル未満で購入しました。 一緒にバンドルされた部品を購入することには明らかな経済的利点がありますが、部品の互換性を調査しようとする時間を節約することで実現するメリットはそれほど明白ではありません。

注意 :購入する前に、すべてのアイテムについてメーカーの仕様を再確認してください。 キットには互換性のある部品が含まれているはずですが、間違いが発生する可能性があります。

ステップ2:ツールと消耗品を集める

Normal0falsefalsefalseEN-USX-NONEX-NONEMicrosoftInternetExplorer4

プロジェクトに必要なツールを収集します。

  • ドライバー(マイナスおよびプラスねじ用)
  • ワイヤーカッターおよびストリッパー
  • ラジオペンチ
  • ユーティリティナイフ
  • 小さな懐中電灯
  • 調節可能なレンチ
  • ネジを保持する小さな容器
  • ヒートシンクコンパウンド
  • 接地ストラップ

すべてのインストールでこれらのツールのすべてを使用することはできませんが、それらを使用する場合に備えて、すべてのツールを手元に用意することをお勧めします。

警告:タスクに不適切なツールを使用すると(ナイフの刃でネジを回すなど)、機器が損傷したり、怪我をしたりする可能性があります。

ステップ3:ケースを開く

サイドパネルを取り外してコンピューターケースを開きます。 サイドパネルを所定の位置に固定しているネジを見つけて取り外します(図3の赤丸部分)。 最初にパネルを後方にスライドさせ(図4)、次にケースから持ち上げてパネルを取り外します(図5)。

警告:ケースには鋭いエッジがある場合があります。 けがをしないように注意して扱ってください。

ステップ4:アセンブリ用のケースの準備

アセンブリを開始する前に、次の3つのことを行う必要があります。
  • ケース内に出荷された可能性のある部品または梱包材をすべて取り外します(図6)。
  • 光学ドライブのカバーを取り外します。 このケースでは、図7に示すように、DVDドライブを取り付けるために最上位のドライブベイのカバーを取り外します。これを行うには、図8に示す保持タブを押し込みます。
  • ケースにあらかじめ取り付けられているケーブルをメモします。 これらは、電源スイッチ、オーディオジャック、USBポートなどの機能のフロントパネル接続である必要があります。 ラベルが付いていない場合は、製造元のドキュメントを参照して、ケースに他の部品を取り付ける前に自分でラベルを付けてください(図8)。


ステップ5:自分自身を接地する

接地ストラップを手首に付け(図10)、もう一方の端をコンピューターケースに接続します。 ストラップにケースにフックするクリップが装備されていない場合は、図11に示すように金属に押し付けられる場所を見つけます。これにより、身体に静電気が蓄積され、コンピューターのコンポーネントが損傷するのを防ぎます。

注意:静電気はコンピューターのコンポーネントを破壊する可能性があります。 内部コンポーネントを取り扱うときは、常に接地ストラップを着用してください。

ステップ6:マザーボードをインストールする

マザーボードをインストールするには、購入したコンポーネントに含まれているはずの部品が必要です。
  • I / Oベゼルは、ケースの背面に取り付けられたトリムパネルで、マザーボードのインターフェイスポートを囲みます。 マザーボードに含まれている必要があります。 図12に、マザーボードボックスの内容を示します。
  • スタンドオフはケースのネジ穴に取り付けられ、ケースとマザーボードを分離するライザーを作成します。 図13に示すように、ネジをスタンドオフに取り付けます。ネジとスタンドオフはケースに含まれている必要がありますが、含まれていない場合に備えてこれらのアイテムを注文することをお勧めします。
次の手順に従って、ケースにマザーボードを取り付けます。
  1. I / Oベゼルプレートをケースの背面の開口部に取り付けます(図14)。 内側から押し込みます。
  2. スタンドオフをケースに取り付けます。 図14に示すマザーボードの取り付け穴にスタンドオフをねじ込みます。正確な配置については、マザーボード上のねじ穴の位置を確認してください。
  3. マザーボードをケースに下ろし、I / Oベゼルに合わせます。
  4. ネジを取り付けます。
図15は、ケースに取り付けられたマザーボードを示しています。 すべてのネジが起動し、ボードがベゼルに揃うまで、ネジを緩めたままにしておくのが最適です。

注意:マザーボードへの損傷を防ぐため、スタンドオフとネジにのみ接触してください。 すべてのスタンドオフとネジを取り付ける必要があります。

手順7:ハードドライブをインストールする

ハードドライブは、すべてのデータを保存するデバイスです。 幅3.5インチで、背面のケーブル接続にアクセスできるように取り付ける必要があります(図16)。それが不可能な場合は、ドライブを取り付ける前にケーブルを接続する必要があります。ドライブを取り付けるには:
  1. ドライブを取り付ける3.5インチドライブベイを見つけます。ドライブを取り付ける場所が見つからない場合は、ケースのドキュメントを参照してください。
  2. 側面のネジ穴がケースの穴と揃うまで、ドライブを所定の位置にスライドさせます。
  3. ネジを取り付けます。

ステップ8:光学ドライブをインストールする

光学ドライブの幅は5.25インチで、前の手順でカバーを取り外したドライブベイに取り付けられます。ケーブルアクセスの考慮事項はこのドライブにも適用されます。ドライブを取り付けるには:
  1. ネジ穴が一列に並び、ドライブの前面がケースの前面と揃うまで、ドライブをドライブベイに挿入します(図18)。 正しい向きになっていることを確認してください。
  2. ネジを取り付けます。

ステップ9:CPUを取り付ける

CPUはコンピューターの頭脳です。 図20に示すソケットのマザーボードに取り付けられています。CPUを取り付けるには、次の手順を実行します。
  1. 図19に示すように、CPUのピン1を示す角のマークを見つけます。このAMDブランドのプロセッサーでは、角に矢印が付いています。 プロセッサに関する特定の情報については、製造元のドキュメントを参照してください。
  2. 図20に示すように、ソケットの横にある小さな金属棒を持ち上げます。
  3. CPUソケットで対応するマーキングを見つけ、マーキングが並ぶようにCPUを挿入します。
  4. ロッドを押し下げて、プロセッサを所定の位置にロックします(図21)。

ステップ10:RAMをインストールする

RAMは、プロセッサが動作する一時メモリの場所です。 永続的に保存されたデータはディスクから引き出され、プロセッサが動作する間、RAMに保存されます。 メモリは簡単にインストールできます。
  1. 図22に示すように、ソケットにRAMボードをセットします。ボードのノッチが正しい位置にあることを確認してください。 そうでない場合は、180º程度回します。
  2. ボードの両端をしっかり押して、ソケットにセットします。 図23に示すように、タブが所定の位置にロックされていることを確認してください。
注意:タブが揃っていない状態でボードを押し込むと、マザーボードだけでなくRAMボードも損傷する可能性があります。

ステップ11:CPUファンを取り付ける

CPUファンは、実際にはヒートシンクとファンを組み合わせたものです。 ユニットはCPUから熱を奪います。 ファンを取り付けるには:
  1. 化合物に付属の説明書に従って、サーマルコンパウンドをCPUに配置します。
  2. 取り付けタブを揃えて、CPUにファンアセンブリをセットします。
  3. ファンアセンブリのロッキングロッドを引き下げて、所定の位置にロックします。
  4. ファンアセンブリの電源コネクタをマザーボードに接続します。 適切な配置を決定するには、マニュアルを参照してください。
注意:サーマルコンパウンドを塗布しないと、冷却が不十分になり、CPUやマザーボードに損傷を与えます。

ステップ12:ケースファンを取り付ける

ケースファンは通常、ケースの背面パネルに取り付けられています。 ファンマウントが明らかでない場合は、ケースのドキュメントを参照してください。 ファンを取り付けるには:
  1. 図25に示すように、ファンをケース内側の取り付けパッドに保持して、取り付け穴の位置を合わせます。ファンは、ケースから空気を吹き出すように取り付ける必要があります。
  2. ケースの外側からネジを挿入して締めます。

ステップ13:電源を取り付ける

詳細についてはケースのドキュメントを参照し、次の指示に従って電源をインストールしてください。
  1. 図26に示すように、ケースと電源の取り付け穴を合わせます。
  2. ネジを挿入して締めます。

ステップ14:ケーブルを接続する

すべてのコンポーネントがケースに取り付けられているため、ワイヤーのジャングルが気が遠くなる可能性があります。 適切に接続されていることを確認するには、マザーボードのマニュアルを参照することが重要です。 接続には、電源とデータの2種類があります。
  • インストールされているすべてのデバイスには電源が​​必要です。 図27に、電源コネクタを示します。 マザーボードには2つの電源接続があり、SATAデバイス(ドライブ)専用の2つのコネクタがあります。 他のコネクタは、ファンおよびその他の非SATAデバイスを実行します。
  • データケーブルは、ドライブとフロントパネルデバイスをマザーボードに接続します。 コネクタの正確な配置については、マザーボードのマニュアルを参照してください。
警告:接続が正しくないと、コンポーネントが損傷し、怪我をする可能性があります。

ステップ15:まとめ

コンポーネントが完全にインストールされたので、最後に行うことは、ケースにサイドパネルを再インストールすることです。 これで、コンピューターの電源を入れてソフトウェアをロードする準備が整いました。 コンピューターの起動に問題がある場合は、すべてのコンポーネントの接続と取り付けをチェックして、すべてが正しく接続されていることを確認します。 問題が解決しない場合は、個々のコンポーネントのマニュアルで特定のトラブルシューティング情報を参照してください。

関連記事