Skanectで3Dスキャンする方法

Microsoft KinectおよびSkanectソフトウェアを使用した、Shapewaysの美術館での3Dスキャン。

ステップ1:セットアップ

必要なもの:

-コンピューター
できればファイルが大きいデスクトップ

-Skanectソフトウェア
(//skanect.manctl.com/)

-Microsoft Kinect
このデバイスはカメラで色を読み取り、赤外線センサーで深度を読み取ります。

-ライト
均一な色のスキャンを得るには照明が非常に重要です

-回転プラットフォーム(オプション)
これにより、被験者が回転してスキャンがはるかに簡単になります
私たちは、素晴らしいフレディニのデザインのおかげです//thegreatfredini.com/
独自のビルド方法の説明:
//makezine.com/projects/guide-to-3d-printing-2014/heavy-duty-turntable/

ステップ2:ソフトウェア設定

Skanectを開く/新規に移動する/設定が写真の設定と一致することを確認

(子供の場合、境界ボックスを少し小さくしたい場合があります)

STARTを押す

ステップ3:ワークスペース

画面が表示され、中央に境界ボックスが表示されます。 赤外線画像とビデオ画像は右側にあります。

ステップ4:素敵なアシスタント

素敵なアシスタントがプラットフォームに足を踏み入れてください。 注意してください! 回転します! 被写体の照明が一貫していることを確認してください。

ステップ5:記録

プラットフォームから数歩足を戻して、被験者の腰でKinectを水平に保ちます。 記録を押します。 Kinectは、深度(赤)と色(緑)の記録を開始します。

ステップ6:くるくる回る

被験者の頭からつま先まで一掃した後、ペダルを押してプラットフォームを回転させます。 被写体が動いているので、Kinectを上下にゆっくりと動かし、頭の上部がプラットフォームの底部まで回転するようにします。

回転台がない場合は心配ありません。 モデルを歩き回ったり、お好みの手動回転ベースを使用したりできます。

ステップ7:裏地を付ける

スキャンしているときに、18〜24フレーム前後の高いフレームレートが得られることを確認してください。 18未満になった場合、Kinectをより速く移動する必要があります。 画面の下部にある白い数字を見て、これを監視できます。 これらの数値は、被写体を一直線に並べる方法としても役立ちます。 頭からつま先までスキャンするときに数字を被写体の中央に保持すると、スキャンがまっすぐになることを確認できます。

ステップ8:スキャンのクリーンアップ

被写体が完全に回転したら、左上隅にある[記録]ボタンをもう一度押してスキャンを停止します。 全身スキャンが完了したので、印刷の準備を整えるために後処理を行う必要があります。 まず、水密にすることです。 WATERTIGHTオプションに移動します。 スムージングLOWを選択し、RUNを押します。

これで、スキャンに色が付きます。 しかし、それはまっすぐではないか、平らなベースを持っているかもしれません。 次に、MOVE&CROPツールを使用する必要があります。 スライドバーを使用して、スキャンのX、Y、およびZ軸を調整し、スキャンを平らでまっすぐにします。 基部がXY平面と平行であることを確認してください。切り取りにより、その下にあるものがすべて切り取られ、平坦な基部が作成されます。 テキストボックスにファイルの名前を入力します。 CROP TO GROUNDを押します。

ステップ9:モデルのエクスポート

それをコンピューターにエクスポートするには、SHAREに移動し、LOCALオプションでエクスポートメニューが開きます。 [ローカル]で[モデルのエクスポート]に移動し、画像に表示されている設定を使用して、印刷用にエクスポートします。 ファイルタイプとしてVRMLを選択することが重要です。 このファイルタイプは、形状と色の両方を読み取ります。 [エクスポート]をクリックすると完了です。 これで、そのファイルを使用して、選択した3Dプリンターにアップロードできます。

ステップ10:3D印刷されたSelfie

このモデルを3D印刷したい場合は、SHAPEWAYS.COMを使用してアップロードし、FULL COLOR SANDSTONEで印刷することをお勧めします。

ここにアップロード


数週間であなたのドアに出荷します!

楽しい!

関連記事