家庭用品を使用した自家製太陽電池(更新)

質問:誰かが家庭用品を使って自宅で太陽電池を作ることができますか?

回答:はい、家の周りにある非常に珍しいアイテムを使用できます。

ソーラーパネルは、クリーンな電気を生産するのに最適です。唯一の問題は、購入コストが数千になり、安価なものはほとんど電気を生産しないことです。 今日は、地元の店やインターネットから入手できる興味深い素材を使って、自宅で太陽電池を作る方法を紹介します。

私が作った太陽電池は約1ボルトを生成しますが、そのうちの2つでLEDを点灯でき、5つでデバイスを充電することもできます。 私がこれを作るために使用したガラスは、キットに付属しているいくつかのガラススライドに付属していた古い顕微鏡のものでした。 これを作りたいと決心した場合、ガラススライドを使用する必要はありません。どんな大きさのガラス片でも大きなものにしか使えません。セルは、より多くの電力を生産します。

最良の結果を得るには、化学物質がホイルと確実に接触し、光がガラスを通過できるように、ガラスとともにホイルを必ずきれいにしてください。 私が見つけたアルミホイルは簡単に裂けることができるので、次の1つでは、ペイントをサンディングしてからポップ缶から2つのアルミニウムストリップを使用します。これらの新しい接続はより強力になるので、アルミホイルの代わりにポップ缶ストリップを使用するために白くなります。

ステップ1:

これを作成するために必要なものは次のとおりです。
  • 2本のアルミニウムストリップまたはコーティングされていない銅線(ホイルを使用せず、ポップ缶を使用)
  • 接着剤
  • セロテープ
  • ボウル(ジュースを入れるため)
  • 同じサイズの2枚のガラス(スライドを使用しました)
  • ブルーベリーまたはブラックベリー
  • SPF 90日焼け止め(TiO2、二酸化チタン)
  • ティーキャンドル
  • カップ
  • コーヒーフィルター
  • ヨウ素

ステップ2:

各スライドガラスに銅線またはアルミストリップを接着することから始めます。

ステップ3:

次に、あなたはあなたのボウルを取り、それをあなたのベリーで満たすべきです。

ステップ4:

ジュースを自由にろ過できるように、ベリーをつぶします。

ステップ5:

果肉からジュースをろ過します。 アントシアニンは、このプロセス中に抽出される色素です。

ステップ6:

ボウルを空にし、ろ過した液体をボウルに入れます。

ステップ7:

ジュースを使い終わったら、後で使用するために取っておきます。 次に、スライドの1つを取り、端をテープで留めます。

ステップ8:

スライドに日焼け止めを優しく塗ります。

ステップ9:

丸いオブジェクトを使用して、日焼け止めを滑らかにします。

ステップ10:

テープをはがし、15分間乾燥させます。

ステップ11:

スライドを取り、ジュースに15分間入れます。

ステップ12:

最初のスライドが浸っている間、もう一方のスライドを持ち、ホイルを下にした側で火のともったろうそくの上に置きます。 あなたが見るものは、ガラスが黒くなり始めます、これはスライド上に堆積している炭素です。 これが、ガラス越しに見えなくなるまで行います。

ステップ13:

スライドが浸漬されたら、それを取り外し、余分なジュースをq'tipで拭き取ります。

ステップ14:

ジュースに浸していたスライドに、4滴のヨウ素を乗せます

ステップ15:

カーボンコーティングされたスライドを取り、スライドの上にヨウ素を載せてセットし、ペーパークリップを取り、写真で指定された2つのスライドに置きます。

ステップ16:

スコッチテープを取り、3つの非常に薄い部分にカットします。 スライドを一緒に保持するために、両端に1つずつ、中央に1つずつ配置します。

ステップ17:

どのように機能しますか? シンプルな二酸化チタンはブルーベリージュースと反応して半導体材料を形成し、半導体が周囲の光に当たると、炭素原子とヨウ素原子の電子を励起して電流を発生させます。 これらの複数を取り出して直列にハンダ付けすると、毎回1ボルトずつ電圧が増加します。これらを大きくすると、1平方インチごとに電圧が0.5ボルトも増加します

結論:私が作った太陽電池は1ボルトを生成することがわかりました。これが気に入ったら気に入ってください。このようなものをもっと見たいなら、必ず私に従ってください。 あなたがこれを自分で作ったなら、私はそれを見たいです、下のコメントに写真を残してください。 すべてのフォロワーに、サポートに感謝します。 科学的方法コンテスト、ガジェットハッキングコンテスト、グリーンエレクトロニクスコンテストに投票することを忘れないでください。

関連記事