グリーンサンドフォーミュラ-成形砂の作り方

緑の砂を作るため、または成形砂(鋳物砂)とも呼ばれるようにするには、砂、粘土、水という3つの材料が必要です。

ステップ1:粘土を掘る

粘土を購入または掘ります。 近くの店でも大きなスーパーでも、粘土(火粘土を除く)は見つかりませんでした。 粘土は建築中に使用されないものであり、改装は現在機能しています。 もちろん、それは多くの建築材料の重要な成分であるにもかかわらず、純粋な状態では使用されないことを意味します。

セラーで粘土を掘らなければなりませんでした。 このセラーは半世紀前に建てられたので、床は粘土でできていました。 また、これは茶色の粘土であることに言及する必要があります。 グリーン(ベントナイト粘土)の使用が推奨されていると聞きましたが、持っていなかったので、持っていたものを使用しました。

粘土と砂が濡れている場合は、太陽やその他の手が届く場所で乾かしてください。

ステップ2:砂を見つける

砂を購入または掘ります。 砂を買うことができる最も近い貯水池と川まで十分だったので、私は砂を買いました。

ステップ3:粘土を細かくする

粘土を細かくして、汚れがあれば砂をきれいにします。

ステップ4:数式

私の生砂の処方は、砂の70%と粘土の30%です。 最初は、粘土の15%を使用しようとしましたが、うまくいきませんでした。 私は、緑色のベントナイト粘土では15%でも細かくても茶色の粘土ではないと推測します。

ステップ5:

最後に砂と粘土を混ぜます。 プロセス中に、いくつかの水をスプレーします。 混合物がフォームを維持できる場合、それで十分であることがわかります。

それで全部です。 このグリーンサンドフォーミュラは機能しています。 この鋳物砂を何度も使用することができます。

関連記事