Arduino経由で「ATコマンド」を使用してESP8266を開始する

ESP8266 Wifiモジュールは、Wifi無線信号を介してインターネットの世界と通信するために設計された統合チップです。 プロジェクトとインターネットの間のリンクです。 オンボード処理とメモリを備えているため、GPIOを介して電子機器と統合できます。 ESP8266を使用して、Arduinoプロジェクトをインターネットに接続できます。

このインストラクタブルでは、ESP8266の基本と、ATコマンドを使用してESP8266をプログラミングする方法を開始します。

ステップ1:部品

ESP8266をプログラムするには、次の部品が必要です。

1-ESP8266

2-Arduino Uno

3-抵抗330Ω

4-抵抗180Ω

5-ジャンパー線

6-ミニブレッドボード

ステップ2:ESP8266の接続

ESP8266をプログラミングする方法の1つは、Arduinoマイクロコントローラーボード全体です。 ESP8266はATコマンドを使用してプログラムされます。 受信すると、確認応答で応答します。 ESP8266は3.3ボルトの電源を使用して起動されます。ArduinoUnoは、3.3 Vの安定化電源ピンを介してESPを起動できます。

ESP8266は、TXD、RXD、GNDを介してArduinoに接続され、VCCピンをそれぞれRX、TX、GNDおよび3.3 Vピンに接続します(Arduino MEGAを使用している場合)。 Arduinoから受信したTXは、ESP8266のRXDが5ボルトではなく3.3ボルトのロジックの信号を受信できるように、分圧器に接続する必要があります。 5ボルトで信号を受信すると、ESP8266は誤動作します。 分圧器については、次のステップで説明します。

Arduino Unoを使用している場合は、次の手順を実行します。

Arduino ------------------------------------------------- -ESP8266

ピン10( ソフトウェアRX )-----------------------------------> TXD

ピン11( ソフトウェアTX )-------> 圧器-----> RXD

GND ------------------------------------------------- -------> GND

3.3 V ------------------------------------------------ --------> VCC

3.3 V ------------------------------------------------ --------> CH_PD

ステップ3:分圧器

分圧器は、入力電圧の一部である出力電圧を生成するために使用されます。 ArduinoのTXとESP8266のRXD間の分圧器を使用して、3.3 Vの出力電圧を生成します。

R1とR2として、それぞれ180Ωの抵抗と330Ωの抵抗を使用しました。

異なる抵抗値がある場合は、このWebサイトを使用してください。

ステップ4:プログラミング

上記のピンの接続後、次のコードがArduinoにアップロードされ、Arduinoを介したシリアルモニターとESP8266間のシリアル通信が可能になります。 コンピューターのシリアルモニターにコマンドが入力されると、ArduinoはそのコマンドをESP8266に中継します。 添付のArduinoコードをダウンロードして、Arduino Unoボードにアップロードします。

添付ファイル

  • WriteToESP_UNO.inoダウンロード

ステップ5:ATコマンド

ESP8266 Wifiモジュールのプログラミングに使用できる多くのATコマンドがあります。 こちらをご覧ください。 ESP8266をプログラムするには、次のATコマンドをArduinoのシリアルモニターに(順番に)書き込む必要があります。

  1. 「AT」これは、モジュールが適切に接続され機能しているかどうかを確認し、モジュールは確認応答で応答します。
  2. 「AT + RST」これにより、wifiモジュールがリセットされます。 プログラムする前または後にリセットすることをお勧めします。
  3. 「AT + GMR」これには、ESP8266にインストールされているファームウェアバージョンが記載されています。 (オプション)
  4. 「AT + CWLAP」これは、エリアで利用可能なアクセスポイントとその信号強度を検出します。
  5. AT + CWJAP =” SSID”、” PASSWORD”これは、ESP8266を前のコードで述べたATコマンドで指定されたSSIDに接続します。
  6. 「AT + CIFSR」これは、ESP8266が取得したIPアドレスを表示します。
  7. ユーザーがアクセスポイントから切断する場合は、次のATコマンドAT + CWJAP =”””””を使用します
  8. 「AT + CWMODE = 1」これはWifiモードを設定します。 モジュールをノードとして使用する場合は、常にモード1に設定する必要があります(モバイルのアクセスポイントへの接続と同様)
  9. この手順が完了したら、手順2を繰り返してWifiモジュールをリセットします。 「AT + RST」

これで、ESP8266をインターネットに接続して、IoTを開始できます。

関連記事