スクラップ電池に大金を稼ぐ

私は、2ダースの古い鉛蓄電池に300ドルの現金を支払いました。 方法は次のとおりです。

多くの読者が尋ねています: 電池切れはどこで入手できますか?

私はそれらを見て、尋ねることでこれらのバッテリーを手に入れました。 車のコンピューターが実際にオフになることはないので、新しい車はバッテリーをかなり早く破壊します。 そのため、車を定期的に運転しないと、バッテリーが過放電して硫酸塩が発生します。

友人たちに有毒廃棄物を渡すように言ったら、それを取り除きます。雨の中でバケツに油が残っているのを見るのが嫌だからです。 彼らはまた私に彼らの死んだバッテリーを与えます。

私は、人々が孤児になったガソリンスタンドや部品店の後ろのいくつかを拾いました。 いくつかはごみ箱の隣にある私のマリーナから来ました。もっと多くは海洋供給店から来ました。 私はバッテリーを脱硫酸化する実験をしていると彼らに話し、彼らは自分のスクラップの山を手伝うように言った。 いくつかの魔法の治療から生き返った人もいます。私はそれらを友人にあげたり、プロジェクトに組み込んだりしました。

これらのプロジェクトには、ソーラー溶接機の溶接機および電力貯蔵、電動工具の稼働、フリーヨットのバッテリーの始動および照明などが含まれます。

私はついに悪いものをスクラップヤードに連れて行って気になりました!

スクラップ置き場のロボキャッシャーが私にたくさんの有毒廃棄物をくれたのはこれだ!

適切なバイヤーを見つけることができれば、バッテリーは今では本当のお金の価値があります。

ステップ1:市場を確認する

市場は上下します。 現在、ドルは低く、中国とインドはそれを製品として私たちに売り返すために狂ったようにスクラップを買っています。 それはスクラップの価値を高めます。 世界中の軍の射撃と弾丸の引き付けも、鉛の価値を損ないません。

商品市場のリストがある場合は、オンラインまたは論文の値を確認してください。
満車の電車を売っていないので、これよりも少なくなります。 小売業の経済学とは異なり、収集の経済学では、ポンドあたりの価値は小さくなります。
中国に出荷する港がある都市にいる場合は、他の場所よりも高い価格が得られることを期待してください。
数量が多い場合は、より高い価格で値引きしてください。 トラックを積まない限り、積荷を積むヤードは通常あなたに迷惑をかけませんが、もしそうすれば、それらはそれに応じてより高く支払います。

「TL」は「トラック負荷」を意味します。 「LTL」は「トラックロード未満」を意味します。

ステップ2:コールアラウンド、ロード、および運搬

缶詰のトラックまたはショッピングカートでスカベンジャーに出くわした場合は、さまざまな種類のスクラップを販売するのに最適な場所を尋ねてください。
次に、これらの場所、他の地元のスクラップヤード、リサイクル業者に電話して、彼らがあなたが持っているものを買うかどうか、そして彼らが支払う金額を尋ねます。
私(およびオークランドの港)から5マイル以内で、
「いいえ」、「バッテリーあたり5ドル」、「1ポンドあたり15セント」、「1ポンドあたり20セント」。
彼らはあなたが望むものを何でも提供することができます。 それはビジネスであり、費用がかかります。
どれだけ持っているか聞いてきます。 あなたがもっと持っていると言うなら、彼らはより良いレートを提供するかもしれません。

CASSのリサイクルは、私が電話をかけた場所のバッテリーとしては最高の価格でした。

電池を入れて出てください。 背中を傷つけないでください。 背骨はスクラップの量よりも価値があります。 Ugly Trucklingのリアスプリングがどれだけ低いかに注目してください。 乗り心地はとてもスムーズでした。

ステップ3:キャッシュイン

スクラップヤードのオフィスに立ち寄り、彼らに何をすべきかを尋ねます。 私たちは他のトラックの列でしばらく待っていましたが、そのうちの1人がバッテリーを持っているのですぐに運転できると言いました。
庭の中に入ると、彼らは私たちにバッテリーをカートに載せ、カートをスケールに押し込ませました。
彼らは私にIDと私の住所を尋ね、私が私がそれらを売っていたものの合法的な所有者であると約束するフォームに署名してもらいました。 「銅鉱山労働者」がお金をリサイクルするために金属線、パイプなどを盗むという大きな問題が都市にありました。したがって、このフォームを要求する法律があります。
それから彼らは私に一番下にバーコードが付いたレシートを印刷しました。

「黄色の女性の後ろはクローゼットのような小さな部屋です。そこでバーコードをスキャンすると、ATMがお金をくれます。ドルは手に入りますが、コインは手に入りません。」

ここにATMがあり、本当に欲しいのならコインの小切手を書くと書かれています。
私は領収書を見ていないので、百ドル札が機械から噴き出し始めたとき、私はかなり驚いた。 それらのバッテリーは思ったよりも重かったと思います。

関連記事