ファンシーペントリック

高校の長くて暗い日々の間に、私は自分自身を楽しませる多くのペンのトリックを学びました。 私と同じように小柄な人にとって、これらは気晴らしの良さの生涯のソースを証明しています。

彼らは次のとおりです(現在、名前を作成しています...): The Rise 、およびThe Twirl

ステップ1:上昇:ペンの配置

中指と薬指の間にペンを置き、人差し指と親指の間の軟組織に端を置きます。 鉛筆または均等に重さのあるペンを使用している場合は、どちらの側も使用できますが、ペンの一方の端がもう一方の端よりも重い場合は、重い端が手を超えて病気になっていることを確認してください。

ステップ2:上昇:フリップの開始

これは、物事がトリッキーになり始めるところです。

中指でペンを下方向に押して、人差し指と親指の間に置かれている場所からポイントまたはエンドが滑るように十分な圧力を加えます。 離すと、ペンが下に飛びます。

ステップ3:上昇:フリップの継続

中指で押し下げ続けると(この時点で少し圧力をかける必要があります)、ペンの裏側(太い側)が伸ばした人差し指の外側の部分に突き当たります。 十分な速さで行うと、重量と運動量の組み合わせにより、重い端が人差し指で跳ね返り、中指の指の関節に向かって落下します。 重力により、重い端が手の外側にさらに落下し、ペンは中指と薬指の2番目の関節の間で回転します。 Momentumは、ペンの前面を中指の上に運び、中指と人差し指の間でペンを再びキャプチャできます。

ステップ4:上昇:空想を得る

ペンは同じ位置に戻りますが、親指に向かって指の次のセットの間で、小指と薬指の間から開始するようにチェーンすることができます。 前述と同じ手順を実行するだけですが、すべてを循環させます(つまり、インデックスが中央になり、中央がリングになり、リングが小指になります)。

ステップ5:上昇:すべてをまとめる

そして、これがモーション全体のビデオです。


ステップ6:クルクル回す:ペンの配置

回転は理論的には単純であり、実際にはより困難です。 まず、人差し指と中指と親指の間にペンを持ちます(重い側を出し入れしますか?写真を見てください)。

ステップ7:くるくる回る:上と上

中指で、ペンを親指に向けて鋭くすばやく押します。 ペンが中指と親指の間で回転し始め、背中/重い端が揺れ動きます。

ステップ8:クルクル回す:モーションの完了

ペンを親指に巻きつけます。 重い方の端は、親指と人差し指の間に収まるようにしてください。

ステップ9:くるくる回る:ビデオ

そうそう、あなたはそれが来ることを知っていました。



他のペンのトリックはありますか? 私はいつもそわそわする新しい方法に目を光らせています。

関連記事