簡単なかぎ針編みのふきん/手ぬぐい

私は最近いくつかの編み物をしていましたが、退屈していて、もう一度かぎ針編みを試してみるべきだと思いました。 何をすればいいかわからなかったので、しばらく前にやったイージーニットディッシュクロスを思い出しました。 簡単なかぎ針編みのふきんを思いつくのは楽しいだろうと思いました。 私は、基本的なかぎ針編みの知識がある人なら誰でもできるデザインを決めました(ここでは、チェーンとシングルかぎ針編みで十分です。フリルのボーダーが必要な場合はダブルクロシェ)。 その後、基本的なかぎ針編みの知識でまだ達成できる他のバリエーションを試しました。 基本的なデザインと、他のヒントもカバーします。

ステップ1:消耗品

私はそれぞれのふきんに無地の綿を使用した多彩な/オンブルを使用することを好みますが、好きな色を使用できます。

用品:

  • サイズF-5かぎ針編みのフック-これは、私が持っているようなきついステッチの布地を与えます。ステッチを少し緩めたい場合は、大きなフックに行くことができます
  • 大きいか小さいサイズのかぎ針編みのフック(オプション)-最初のチェーンがきつすぎるか緩すぎる場合に役立ちます。 手順4で説明
  • お好みの色の綿100%-ふきんに綿100%が必要です-ブランドの推薦が必要な場合は、リリーシュガーN 'クリーム綿100%の糸はあなたを間違って操らないでしょう
  • 糸の針-かぎ針編みのフックで両端を編むのに問題がある場合、糸の針がここで役立ちます。

raringに行く場合は、ステップ5に進んでください。それ以外の場合は、基本的なかぎ針編みに関する追加情報について次のステップを確認してください。

ステップ2:最初の行のかぎ針編み-バージョン1

今、私はかぎ針編みの専門家ではありません。これらのふきんを作るには、基本を知るだけで十分ですが、いくつかのことをカバーしたかったのです。

最初に、開始するときは、布巾にしたい幅のチェーンから始めます。 これは、かぎ針編みのきつさや布の大きさによって異なりますが、25から30ステッチの範囲で良いと言えます。

作業を開始する最も簡単な方法は、必要なステッチ数をチェーンしてから、1余分にチェーンすることです。 次に、作業を開始し、その最初のチェーンをスキップし、フックから2番目のステッチに1つのかぎ針編みを入れます(写真に示すように)。 その後、最後までかぎ針編みを続けます。 次に、フックから2番目のステッチに余分なチェーンを1つ入れ、回転させ、単一のかぎ針編みと同じことを行います。

ステップ3:最初の行のかぎ針編み-バージョン2

開始時のもう1つのオプションは、必要なステッチ数をチェーンしてから、さらに2チェーンをチェーンすることです。 あなたの仕事とシングルかぎ針をフックから4番目のチェーンに変えます。 最初の3つを最初のシングルクロシェとして残します。 かぎ針編みを続け、最後に到達したら、チェーン2を追加し、最初の3つをスキップし(最後の3つは最後に行った行の最後のステッチにする必要があります)、次にフックから4番目のチェーンにシングルかぎ針編みをし、横切って続行します。 行の最後に到達したら、かぎ針編みをチェーンに入れてください。

この方法はもう少しわかりにくく、正直なところ、なぜこのようにしたのか覚えていませんが、ほとんどのふきんにこの方法を使用したところ、うまくいきました。 すべてのステッチを追跡するので、見逃すことはありません。 そうした場合、正方形はそれほど正方形になりません。

ステップ4:きつすぎるか緩すぎる?

サプライ品のステップで述べたように、最初のチェーンがきつすぎたり緩すぎたりするのは、デザイン全体を台無しにする可能性があるためです(少しゆるくて少しきついと、かぎ針編みになるとうまくいくかもしれませんが、重要に見えますが、手遅れになる前にやり直し、それに応じてステッチを調整することをお勧めします。

最初のチェーンがきつすぎると、作業は最初の図のようになり、2番目の行がよりゆるくなり、結果として作業が湾曲します。 これを修正するには、最初の行を緩くする必要があります。 これを実現する1つの方法は、1〜3サイズが大きすぎるかぎ針編みのフックで初期チェーンのみを実行することです。 次に、単一のかぎ針編みの最初の行に到達したら、Fかぎ針編みのフックに切り替えます。

最初のチェーンが緩すぎると、シングルクロシェの最初の列がきつくなり、作業がゆがみます。 最初のチェーンをより緊密にする必要があります。 自分でできない場合は、サイズが1つか2つ小さいかぎ針編みのフックを使用してみてください。

ステップ5:ふきん+フリルボーダー

かぎ針編みの時間!

このパターンは非常に基本的なものです。

25〜30ステッチのチェーンを作ることから始めます。 あなたに十分に見えるものなら何でも行きましょう。

それから、かぎ針編みのシングルステッチの列を続けて続けます。 それでおしまい :)

行をカウントしませんでした。必要なのは、それが正方形であることを確認するだけだからです。 あなたはそれを測定することができます、またはちょうどあなたのふきんを斜めに折って、あなたがまだ正方形を持っているかどうか見ることができます。

今、あなたはこのようにそれを残すことができ、それは非常に簡単ですが、それは非常に退屈です。 それを修正するために、私たちはあなたができるいくつかの国境を越えようとしています。 はじめに、フリルのボーダー。

ラッフルボーダー

きれいな色の入れ替えが必要な場合は、ふきんの最後のステッチに到達したら、最後に新しい色を引っ張ると、新しい色で境界線を開始する準備が整います。

フリルを作成するために必要なことは、布を一周する各ステッチに2〜3の二重かぎ針編みのステッチをすることだけです。 私は3つの二重かぎ針編みをやりました 。 これにより、素敵な太い境界線が作成されます。 (境界線を開始するには、3をチェーンして最初の二重編みを作成します。)

各ステッチの3つの二重かぎ針編みステッチは混雑する可能性があります。ここに表示されているよりも少しフリルを抑えたい場合は、3 DCと2 DCを交互に試してください。 何をするにしても、一貫性を保つか、ある場所ではフリルがより重要になり、他の場所ではラフになりません。

一番上まで来たら、最初の二重かぎ針編みにステッチを入れて、境界線を閉じます。

さらに先に進みたい場合は、色を再度変更し、フリル全体を1かぎ針で縫うことができます。 本当に好きなだけ続けることができますが、ダブルかぎ針編みのフリルの周りにもう1色あれば十分だと思います。 しかし、誰が知っている、試してみて、あなたの考えを見てください:)

ステップ6:ふきん+かぎ針編みのシングルボーダー

少し簡単にしたい場合は、手ぬぐい全体の周りに異なる色のかぎ針編みの列を1つ作成します。

きれいにボーダーをきれいにするために、各コーナーで2から3ステッチを行うことを忘れないでください。 2または3と言うのは、ステッチがゆるい場合は2にする必要があるからですが、かぎ針編みを締める場合は、丸くせずに角を曲がるのに3が必要になる場合があります。

あなたが最後に到達すると、スリップステッチは完了です!

フリルのボーダーと同じように、さまざまな色のボーダーをさらに作成できます。 これは、この時点で小さすぎると思われる場合、ふきんを大きくするのにも役立ちます。

念頭に置いておくべきことは、ふきんの周りに派手なボーダーを作りたい場合、基本的な単一のかぎ針編みのボーダーを最初に行うと、ステッチがどこにあるか、何を持っているか、デザインがうまくいくかどうかを正確に見ることができます周り。 する必要はありませんが、役立ちます。

手順7:バックループのみのかぎ針編み

最後に付け加えたいことは、かぎ針編みの基本を知っている人にとっては、バックループでのみかぎ針編みすることです。 単一のかぎ針編みだけでは退屈だと思う場合、これは楽しいバリエーションを追加できます。

あなたがする必要があるのは、両方のループをかぎ針編みする代わりに、列の後ろのループだけをかぎ針編みすることです。 上記の最初と2番目の画像は、この手法を示しています。 本当に大したことはありません:)

これを前後に行うと(常に作品の見方に基づいてバックループに入ります)、布で素敵なリブの外観が得られます。

この青いふきんについては、完全なふきんの周りに白の基本的な単一かぎ針編みの境界線を作成して終了し、さらに青い単一のかぎ針編みの列を追加しましたが、バックループだけを通過しました。

ステップ8:完了!

このチュートリアルの基本を使用して作成した3つの手ぬぐいを見てみましょう。

赤にはかぎ針編みのボーダーが1つだけあります。

ピンクには二重かぎ針編みのフリルのボーダーがあります。

青は、バックループのみでかぎ針編みによって作成され、単一のかぎ針編みの白い境界線と、バックループのみを通る青の単一のかぎ針編みの境界線があります。

物事を変えて楽しんで、あなたのふきんがどうなるか見てください:)

ステップ9:写真

関連記事