ドライヤーが温まらない

先日、私は衣類の負荷が乾くのに永遠にかかっていることに気づいた。 私は乾燥機のドアを開け、すべてが触るとクールでした。 この問題をどのように解決したかをお見せします。 うまくいけば、それが参考になるでしょう。 これはKenmoorシリーズ90ドライヤーでした。

ステップ1:ドライヤーのプラグを抜く

最初に乾燥機を壁から引き抜き、すべての電気と同様に、プラグを抜いてください!

ステップ2:フロントパネルを取り外します。

フロントパネルを引っ張るだけで、飛び出します。 パネルの内側には電気回路図があります。 動作中のサーモスタット、サーマルカットオフ、上限サーモスタット、発熱体など、見つけたいものがいくつかあります。 これらはすべて、直列に配線された行である必要があります。 これらのいずれかが悪い場合、どれも機能しません。

ステップ3:中身は?

右側には、ヒーターボックスがあります。 そのヒーターボックスには、すべてのスイッチとサーモスタットがありますが、1つを除いて、作動サーモスタットです。

ステップ4:メーターを取得します。

次に、メーターを取り出してオームに設定します。 最初にヒーターコイルをテストします。 それは7.8から11.8オームの間を読むべきで、私のものは10.2を読んで、それはそれが良いことを意味します。 開いていると表示されている場合(開いているときにメーターが「1」を読み取ります)、ヒーターエレメントを変更する必要があります。
次に、次のサーモスタットである上限サーモスタットをチェックしました。 通常は閉じてください。 したがって、メーターは連続性があることを読み取る必要があります。 私はチェックアウトしました。
次は、サーマルカットアウトスイッチです。 これは、ヒーターボックスの温度が350度Fを超えた場合にすべての流れを停止するように設計されています。 3つ目の写真でわかるように、私は悪いです。 なぜ過熱したのかはわかりませんが、交換されます。

ステップ5:新しい部品をインストールします。

私はシアーズに行き、新しい熱遮断スイッチを買いました。 私は実際にサーマルカットオフスイッチとハイリミットスイッチの両方を29.00ドルでパッケージしました。 私はすでにそれをバラバラにしたので、両方を変更することもできると考えました。
ご覧のとおり、非常に熱くなりますので、テスト後にしばらく触れたり、長時間テストしたりしないでください。ヒーターボックスはまだ何にも接続されていないため、そこから空気が引き込まれ、物が過熱する恐れがあります。
だから、あなたがしなければならないのは、すべてを元に戻し、そこに行くと、あなたはドライヤーを取り戻します。 もちろん、私は太陽電池式の衣類乾燥機を好みますが、今は寒すぎて雨が降っています。

関連記事