ドロダンゴ

ドロダンゴは「泥アート」の一種で、日本全体で非常に人気があります。 幼稚園で、そして何人かの日本人の趣味としてよく行われます。 すべてのドロダンゴは本当に、泥のボールを作っています。 しかし、あなたはそれよりもずっとクールだと思うでしょう。

ステップ1:材料

これは非常に単純なプロジェクトです。 必要なのは次のとおりです。

汚れ/土(砂ではない)

乾燥した砂/乾燥した土
ビニール袋
時間
忍耐

ステップ2:ボールを作る

大丈夫ですので、最初にあなたがする必要があるのは、湿った土/土がある場所を見つけるか、または乾いた状態でそれを作ってから水を加えることです。 これを手に入れたら、ボールに形作り始めます。 あなたがこれを行うように、すべての水を絞り出すために可能な限り努力してください。 だから、あなたは下の写真のような泥のボールのようなものを持っている必要があります。

ステップ3:乾燥砂を追加する

今、あなたは本当に輝くものではなく丸いボールを作ることに集中する必要があります。 数分間ボールを形作った後、乾いた砂を取り、ボールの上に小さな山を振りかけ、拭き取ります。 これにより、ボールに砂がくっついたままになり、乾燥した砂でボールが覆われ、丸い形状が維持されます。

ステップ4:スムーズになるまで続ける

ボールに乾いた土の山を吐き出し、ボールが滑らかな表面になり始めるまで30〜40分間それらを取り除きます。 完了したら、さらに1分間続けてから、ボールを吹き付けて、付着していない土壌を取り除きます。

ステップ5:ボールを乾かします

次に、ビニールの買い物袋に密封した袋を慎重に入れる必要があります。 柔らかい表面に置いてください。 これにより、ボールに残っている水が吸い出されます。 これを少なくとも数時間または一晩放置します。

ステップ6:こすり続ける

袋からボールを​​取り出したら、乾燥した表面で2〜3分間、より乾燥した砂の上でこすり続けます。 次に、乾いた砂で手をこすり、20〜30分間、ボール全体をホコリでこすります。 その後、布や靴下などで磨き始めて、輝き始めます! 最後に、それは一種の砲弾のように見えます。

関連記事