DIYルーターテーブル

新しいCraftsmanルーターを購入し、それをマウントするためのルーターテーブルが必要だったので、自分でルーターを作成することにしました。

私が欲しかった機能のいくつかは

  • 調節可能なフェンス
  • 集塵
  • 制御ルーターと真空に切り替える
  • ルーターへのアクセスのしやすさ

ステップ1:設計、材料、ツール

Solidworksで設計をモデル化したため、次の一連の計画を立てました。 別のプロジェクトで残した3/4 "の合板で上部とフェンスを設計しました。脚は2x4の素材で作られています。

  • 一番上の寸法は私が持っていた最大の合板から来たので、あなたはあなたのニーズに合わせてこれを変えることができます。
  • 取り付け穴の位置は、ルーターのベースからのもので、ルーターに応じて変更します。
  • フェンスの集塵穴のサイズは、システムに合わせて変更できます。

材料

  • 3/4 "合板
  • 5x 2x4の
  • ウッドグルー
  • 2 xコンセントボックス
  • 1 xスイッチとカバー
  • 1 xコンセントとカバー
  • ハウスワイヤーの〜16 "
  • 2×ワイヤーナット
  • 2 xワイヤーステープル
  • 電気プラグ(古いバッテリーバックアップの1つを使用しました)
  • 1-1 / 2 "から2-1 / 2"のネジの品揃え(周りに置いていたものを使用)
  • 3 x 10-32、ルーター取り付け用の長さ1インチのカウンターシンクボルト(ルーターに適したサイズを使用)
  • 2 x 1/4 "、長さ2-1 / 2"のキャリッジボルト
  • 2 x 1/4 "ワッシャー
  • 2 x 1/4 "ウィングナット

道具

  • 巻尺
  • チョップソー
  • テーブルソー
  • ドリル
  • ドリル/ドライブビット
  • ルーター
  • 1/4ルータービット
  • ネイルガン(オプション、接着剤が乾くまで待つ必要がないように、接着された部分を釘付けするために使用)
  • テーブルソー用テーパジグ
  • サンドペーパー
  • コンセントテスター(オプション、ただし推奨)

ステップ2:トップ

  1. トップを希望のサイズにカットします。私にとっては、これは私が置いていた一片のサイズでした
  2. ルーターを取り付けるためのレイアウトの穴、ルーターのベースから取り外し可能なプラスチックプレートをトレースして、穴を見つけました
  3. 図面から移動可能なフェンスのレイアウトスロット
  4. スロットのすべての穴と端をセンターパンチ
  5. すべての穴をパイロットドリル
  6. ルーターを取り付けるための3/16 "の穴を開ける
  7. カウンターシンクの穴
  8. ルータースピンドル用のドリル1-1 / 2 "穴
  9. スロットの端に1/4 "の穴を開けます
  10. ルーターエッジガイドを6インチに設定し、ルータースロットを1/4インチビットで設定します
  11. すべてのエッジをサンド

ステップ3:脚

脚は、各脚に2x4の12インチピースを1つ使用し、次にクロスバーの中央に12インチピースを引き裂くように設計されています。

  1. 2x4の5、12 "セクションをカットします(1つが台無しになった場合に備えて6つカットします)。
  2. 4ピースのレイアウトアングルカット
  3. テーパージグをセットアップして正しい角度をカットする
  4. 足を切る
  5. それらを一緒に接着するために足をレイアウトし、足の両側を構成するために互いにミラーする2つのセットがあることを確認してください
  6. 大きい側のネジを開始し、小さい部分に接着剤を塗布し、2の上部を洗い流してネジを打ち込みます
  7. 4つの脚すべてについて手順6を繰り返します
  8. すべてのエッジをサンド
  9. 2x4の残りの12 "ピースの1つを中央に引き裂きます。これらはクロスバーになります
  10. すべてのエッジをサンド
  11. 写真に示すように、クロスバーで2本のミラー脚を接着してねじ込みます
  12. 他の脚のセットに対して手順9を繰り返します
  13. 2セットの脚を上部に取り付けます。すべての側面の上端から2インチ

ステップ4:フェンス

  1. 少なくとも7-1 / 8 "幅の合板を上部と同じ長さに切ります(私の場合は22-1 / 2")
  2. 3 "および4"セクションをリッピングする
  3. フェンスの前面と下部の両方にカットアウトセクションを配置し、下部に穴を開けます
  4. セクションを切り取り、マイターゲージを使用してテーブルソーでカットしましたが、ジグソーまたはハンドソーは機能します
  5. センターパンチ、パイロットドリル、およびボトムピースの1/4 "ドリル穴
  6. 砂の縁
  7. 4 "セクションを垂直にした状態で、前部を底​​部に接着してねじ込みます
  8. 図面からの集塵用の切り抜き片
  9. すべてのピースをテストし、必要に応じてトリミングし、すべてのエッジをサンディングします
  10. 斜めのサイドピースと爪を接着し、そうでなければクランプして乾燥するのを待ちます
  11. 接着面にすべての接着剤のビーズを確実に付着させて、アングルピースに適切なシールと爪を作成します。そうでなければ、クランプして乾燥を待ちます。
  12. センタートップエクステンション、接着剤、クランプ、乾燥待ち
  13. 集塵ホース用のドリル穴(私の場合は1-1 / 2 ")

ステップ5:電気

スイッチを垂直にしたかったので、アングルピース(約8度の角度)をカットしてボックスと脚の間に置きました。スイッチが傾いているのを気にしないのであれば、この手順は省略できます。

  1. パイロットドリルは、3/8インチドリルを使用して1つのボックスの上部に穴を開けます
  2. 付属の釘を使用してスイッチボックスを前面に取り付けます
  3. ネジを使用して写真に示すように、後脚の上部に穴が開けられたマウントボックス
  4. スイッチボックスからコンセントボックスへの配線を実行します
  5. ワイヤーの熱線(黒)から真鍮のネジ、中性線(白)から銀のネジ、アース線から緑のネジ
  6. スイッチボックスにアウトレットコードを実行する
  7. スイッチの下部にホット(ブラック)を配線し、上部にホットアウトし、ジャンパーを使用して、図に示すようにアースを配線し、ニュートラル(ホワイト)を一緒に配線します
  8. コンセントとスイッチをボックスにねじ込み、カバープレートを取り付けます
  9. (オプションですが推奨)コンセントテスターを使用して、すべてが正しく配線されていること、プラグを差し込んだり、使用中にショックを受けたりしないことを確認します。

ステップ6:結論と推奨事項

全体的に私はそれが出てきた方法が好きで、それは私の使用に適しています、コメントや提案がある場合は気軽に投稿してください。

追加または変更するいくつかのことは次のとおりです。

  • フェンスの前面にスロットを追加して、調整可能な補助フェンスを異なるルータービットで使用できるようにします
  • テーブルの前面にスロットを追加して、ボルトで円をカットできるようにします
  • マイターゲージスロット

読んでくれてありがとう。このインストラクターを楽しんだら、木工コンテストで投票してみてください。ありがとう、そして良い一日を。

関連記事