●DIYモカシン●

このモカシンの靴は簡単に作ることができ、作るのに約2時間かかりました。

ステップ1:必要なもの

必要なもの:

-革をスクラップ;

-革のひも(私は革の切れ端から自分でやった);

-紙または厚紙;

-鉛筆;

-はさみ;

-革接着剤;

-革の穴パンチ(より小さなサイズとより大きなサイズ);

-大きな針。

ステップ2:形状

これらは、革にカットする必要がある形状です。

最初の写真にあるものを印刷すると、サイズが36, 5のモカシン(米国の女性サイズ6〜6.5)がペアになります。

20 cmバーと実際の20 cmを一致させます。 ヨーロッパのサイズアップごとに、長さ約0.5 cmを追加します。

形状を厚紙または硬い紙に切ります。

ステップ3:革を切る

革の異なる部分をカットします。

必ず半分を一方向に、半分を裏返して切断してください(左右の靴)。

ステップ4:穴を開ける

パターンがそれらを必要とする小さな革のパンチで穴を突く。

ステップ5:縫製を開始する

写真のように、小さな革の形を革の紐で大きな革の形に縫い付けます。

底部の最初の穴から始めて、外側に結び目を残し、次に2番目の穴からのみ縫製を始めます。

(大きな部分には2つの余分な穴があります)。 同様に反対側で終了します。

ステップ6:バック

Aのような幅2 cmの長い革の小さな長方形を切り取ります。

革の接着剤を背中全体に広げ、AとAをつなぎ、靴の内側の小さな革の四角を接着します。

ステップ7:背中を縫う

次に、フラップを引き上げ、靴の後ろの部分にいくつかの穴を開けます(フラップの1つに一致します)。

写真のように革紐で縫い、靴の外側の下部に2つの結び目を残します。

ステップ8:サイド

革の長いストリップ全体に接着剤を広げ、写真のように、外側の部分に穴を開けて、縁の内側半分と外側半分に靴に接着します。

ステップ9:レースを追加する

靴の内側の端にある、より大きなサイズの革のパンチでより多くの穴を開けます(靴は内側に移動する必要があるため、より大きくする必要があります)。ストリップ。 また、ストリップが終了したときに2つの余分な穴を開けます。

レースを追加します。フロントパーツの中央の穴から始まり、ストリップを通り抜け、フロントパーツのもう一方の穴で外側に出ます。

蝶結びを結ぶことができるより。

ステップ10:もう1つを行う

他の1つを行うと完了です!

★私は彼らがどのように出てくるかが好きですが、私は次のペアがやるということを言う必要があります。

長い革のストリップを長くし、2つの余分な穴を開けて、ストリップが前部の穴の近くに届くようにします。

★靴の底部分は非常に薄いので、家やビーチの靴のように良いですが、外で履きたい場合は、中敷を追加し、底のように厚い革を底のように接着できます(適切な革の接着剤)。

関連記事