DIYメイソンジャーキャンドル

これは、DIYメイソンジャーキャンドルの私自身のバージョンです! 描かれた用品のほとんどは、ホビーロビーから購入したか、私のキッチンの周りで購入しました。

ロウソク作りキットを購入するだけで済みますが、このバージョンではより個別化が可能です。 ほとんどのキットには、ハンドルが付いたスズのるつぼが付属しています。 これにより、特に注ぎ始めるときに多少簡単になりますが、ダブルボイラーの自家製バージョンを使用しました。

ステップ1:サプライ品を集める

このプロジェクトで使用したもの:

1.プレミアムワックス(より自然なキャンドルが必要な場合は、大豆ワックスまたは蜜蝋を購入できます)

2. 1つのメイソンジャー(これは約7オンスでした)

3. 3.5 "インチの芯

4. 1個の4杯のパイレックスガラス計量カップ

5. Pyrexが収まる大きさの1ポット

*アイテム4と5はダブルボイラーになります!

6.キャンドルの香りの選択(私が買ったものはすべて1/2オンスのボトルでした)

7.ストーブ

8. 1つの温度計(オプション)

9. 1つの測定シリンジ(オプション)

10.着色(オプション)

ステップ2:ワックスを準備する

私が使用したワックスは4ポンドでした。 ブロック。 1ポンド ブロックは1パイントのメイソンジャーを満たしますので、あなたが持っているジャーのサイズに応じて、ワックスを切る必要があります。 このワックスを大きな彫刻ナイフで切ります。

ステップ3:ダブルボイラーをセットアップする

ポットに水を入れ(ポットのサイズに応じて約1/4の方法)、パイレックスの計量カップをポットにセットするだけです。 パイレックスにワックスを入れます。

ステップ4:メイソンジャーのセットアップ

液体ワックスを注ぐときに芯が動かないようにするには、芯を固定する必要があります。 一部のキャンドルキットには木製のダボが付属していますが、2本のクレヨン鉛筆とテープを使用しました。 これらの芯は瓶の唇の上には届かないので、2本の芯をテープで留めて、そのように固定しました。 いくつかのキットでは、ホットグルーまたは溶融ワックスの一部を使用して、芯を瓶の底に配置することを提案しています。 ただし、前に失敗した試行を行った後、単に芯をしっかりと固定し、ゆっくり注ぐことをお勧めします。

ステップ5:ワックスを溶かす

これはあなたが待つところです。 中火でストーブを使用すると、ワックスが溶けるのに時間がかかりすぎないはずです。 それまでの間、jarを強化することをお勧めします。

*また、沸騰したお湯の入ったポットを別に用意することもお勧めします。 これは、より多くの水が必要な場合に、ボイラーからワックスを完全に取り除く必要がないようにするためです。 パイレックスを持ち上げるだけで(ポットホルダーを忘れないでください!とても暑いです!)、必要に応じてさらに水を注ぎます。

ステップ6:香りを選ぶ

このキャンドルには、ペパーミントの香りを選びました。 説明書には、1ポンドのワックスブロックには1オンス1/2オンスのボトルを使用する必要があると書かれています。 ワックスを1ポンドの半分以下にカットしたので、約1ミリリットルの香りを使いました。 より多くの香りを使用すると、キャンドルの匂いも強くなりますので、好みに応じて慎重に注ぎます。 量が決まったら、溶けたワックスに香りを注ぎ、かき混ぜます(スプーンを使用しました)。

これは、必要に応じて色を追加する場所でもあります。 色は、あなたが溶けたワックスに注ぐ砂の硬さ、または色の「タブ」のいずれかとして見ました。 タブの場合は、必要な量を分割して溶かしたいだけです。 砂のために、あなたは単にあなたの望む量を注いで、かき混ぜます。 希望する色に応じて、さらに色を追加するか、分割する必要があります。

ステップ7:ジャーを温める(このステップはオプションです)

瓶を温めると、注ぐときに瓶が割れるのを防ぐことができます。 ジャーを沸騰したお湯の入った小さなポットに入れるだけですが、ヘアドライヤーも使用できます。

ステップ8:注ぐ準備ができました!

このステップは非常に慎重に行う必要があります!

耐熱性のない表面に注ぐ場合(熱にさらされると溶けたり燃えたりする)、表面を保護するために瓶の下に何かがあることを確認してください。 木のテーブルに注いでいたので、ポットホルダーを使いました。 ジャーを温めたので、温かいジャーを拾わないように、ジャーを温かい水で小さなポットに入れました。 たとえ温めなくても、瓶の下に何かが必要です。

注ぐときは、必ず手を保護してください! ダブルボイラーからパイレックスを持ち上げて(保護を着用した後)、瓶に注ぎ始めます。 アンカーや芯にかけないでください。 ワックスを希望する高さにそっと注ぎますが、ウィックを覆わないでください。 また、十分な芯を残して、キャンドルを使用する前に芯を整えることもできます。

ステップ9:クールに....

別の待機ステップ。 *ため息*

ステップ10:締めくくり!

このステップもオプションです。 注ぐ温度に応じて、キャンドルが固まり始めると、キャンドルに沈みが生じることがあります。 このステップのために、ストーブの上に液体のワックスをいくつか入れておきます。

ステップ11:多田! あなたの完了!

ろうそくが完全に固まったら、芯を少し整えてください。 ギフトとして装飾でカスタマイズしたり、単に燃やしたりすることができます。

関連記事