DIY高解像度、低コスト3Dプリンター

過去数年にわたって、3Dプリンティングは、そこにいるすべてのビルダーとメーカーに、彼女/彼自身の独立したプロデューサーとデザイナーになる素晴らしい機会を開いてきました。 私は自分のパーツをデザインして印刷できるというアイデアにいつも驚いています。 私は小さな町に住んでいて、マイルのたった1つの3Dプリントサービスしかありません。そのビジネスは、パーツをプリントするのは安くないので、間違いなくその場所を利用しています。 そこで、必要なすべての部品に大金を払うのではなく、自分が望むときにいつでも部品を印刷できるように、独自の3Dプリンターを設計および構築することを考えました! しかし、私はすべての部品を購入して3Dプリンターを組み立てたくありませんでした(とにかく実行を検討するには高すぎました)。 はるかに手頃な価格のデザインを作成し、商用の3Dプリンターの解像度と同等の印刷解像度を維持するために、構造とデザインの変更をいくつか実装したかったのです。 従来の3Dプリンターの価格は約250ドルから始まり、値上がりします! 同じ機能、解像度、大規模なビルドボリュームで、約87ドル(お住まいの地域によって価格が若干異なる場合があります)で作成できました。 私はすべての部品をINR(Indian Roupees)で購入しました。 このプリンタの設計と構築に約1年半かかりました。すべての作業を短縮できてうれしいです。 また、元の設計からいくつかの小さな変更を加えて、構築プロセスを簡素化および改善しました。

このプリンターを正確に再構築できるように、各パーツの正確な測定を含む非常に詳細なマナーでこのInstructableを作成しました。 私がやったのと同じくらいこれを楽しんでいただければ幸いです! このプロジェクトは、独立して何か新しいものを手に入れることを好むすべてのメーカーと革新者のためのものです。 楽しい! :)

これは私の最初の指導可能なものですので、以下のコメントセクションにフィードバックと質問を残してください。このプロジェクトが気に入ったら投票を忘れないでください。 :)

このプリンターは、従来の3Dプリンターとどのように違いますか?

  • このプリンターは、X軸とY軸に従来のベルトプーリーシステムを使用しません。 代わりに、ネジ付きロッドとナットを使用して各軸を移動します。 これを行うことにより、同じ印刷解像度を維持しながら、コストを大幅に削減できることがわかりました。
  • Z軸に2つではなく1つのステッピングモーターを使用します。 これにより、同じ量の安定性と解像度が維持され、コストが削減されます。
  • X軸は、Z軸の上ではなくY軸の下に配置されます。 この小さな変更は、単一のZ軸ステッピングモーターの負荷を減らすために行われました(従来の3Dプリンターには、Z軸と共に上下に移動するX軸があります)。 印刷解像度はまだ完璧です!
  • そしてもちろん、従来のプリンターよりも100〜150ドル安です!!

注:私は画像を図1、図2と呼んでいます。 2など。すべて順番に追加されています( "fig.1" =ステップの最初の画像など)。 画像もクリックすると、画像自体に「フィグ」があることがわかります。 名前。

Instructables Fusion 360の設計クラスはとても楽しく、このプリンターの設計を助け、読者が部品や備品を視覚化するのを容易にしました。

仕様:

ビルドボリューム: 20cm x 15cm x 35 cm

解像度: 0.2mm

移動速度: 80-100 mm / s

印刷速度: 40-60 mm / s

これを行うには、いくつかの強力なツールを備えたワークスペースが必要になります。

準備が必要なものは次のとおりです。

  • 掘削
  • 切断(金属、アクリル)
  • 少しのはんだ付け
  • いくつかの決意と努力! :)

地元の家電店で販売されていない限り、オンラインで購入する必要がある部品を以下に示します。 Ebay Indiaで必要なものがすべて見つかりました。 (構築に必要な部品を除く)

ヒント:これらの部品については、お近くのリサイクルショップにお問い合わせください。 あなたが何かを見つけた場合、それらははるかに安くなり、あなたは物事をリサイクルするのに役立ちます!

  • Arduinoメガ
  • Ramps 1.4(プリンターのマザーボード)
  • 3 x NEMA 17 12vステッピングモーター
  • 4 x A4988ステッパードライバーモジュール

  • フィラメント押出機

  • 214 x 214 mm加熱ベッド

  • ホットエンドノズル

  • 加熱ベッド用の100kサーミスタ

  • 3 xエンドストップ

  • 12V 15A電源

これは私にとって74ドルでした。 お住まいの地域によって価格は異なります。

構築する材料:

長方形の金属棒:(長さx幅x高さ)

サイズ2本のロッド:58 cm x 2.5 cm x 2.5 cm

1本のロッドサイズ:60 cm x 2.5 cm x 2.5 cm

35 cm x 2.5 cm x 2.5 cmのサイズのロッド1本

アクリル/パースペックスシート4 mm厚さ:(長さx幅)

1枚のサイズ:35.5 cm x 35.5 cm

サイズ1枚:31 cm x 22 cm

サイズ1枚:35 cm x 15 cm

サイズ1枚:22 cm x 7 cm

メタルUチャネル幅:2.5 cm、高さ:1.3 cm (地元の店舗では幅と高さがわずかに異なる場合があります。サイズはこれらに近い必要があります)。 (長さのみ):

2つのUチャネルサイズ:60 cm

4つのUチャネルサイズ:10 cm

4つのUチャネルサイズ:35 cm

2つのUチャネルサイズ:7 cm

Uチャンネルの全長:314 cm

全長を一度に購入し、必要なサイズにカットできます。 これを行う場合、切断中の損失を補うために、少なくとも5 cm余分に購入してください。

M8(直径8 mm)ねじ付きロッド:(長さ)

1本のロッドのサイズ:65 cm

サイズ2本のロッド:36 cm

マウントされた玉軸受:

内径8 mmのボールベアリング6個

カプラー:

5 mm x 8 mmの3つのフレキシブルカプラー

カップリングナット:

3 M8 * 13 * 24カップリングナット

そして最後に、いくつかの頑丈な金属シート(いくつかのカスタムLブラケットとモーターホルスターを作成するためにこれらが必要になります)。

これで構築を開始できます!

ステップ1:フレーム/ベース

注:上の画像の寸法はすべてミリメートルです)

これが3Dプリンターのベースになります。 3本の金属棒(上記の図1の寸法)を使用し、各コーナーの2つのL字型金属片にネジを取り付けてそれらを結合します。 経験と設備があれば、それらを一緒に溶接してもうまくいきます。

上の写真のように、Lブラケットと金属棒に4つの穴を開けます(図4)。 2つのLブラケットとロッドにネジを取り付け、反対側のナットを締めます。 穴のサイズは指定していませんが、持っているネジのサイズに完全に依存しています。 Lブラケットは、丈夫で頑丈なフレームになります。

金属のUチャンネルは、それぞれの方向にスライドするときにX軸とY軸をサポートします。 幅2.5 cm、高さ1.3 cmのUチャネルを使用しました。 店舗で正確なサイズが見つからない場合は、値に最も近いサイズを探してください。 60 cmの長さの2つのUチャンネル(手順1を参照)を取り出し、図1のようにフレーム全体に配置します。 各チャネルの分離距離を示す5。 Uチャンネルと名声(両端に1つずつ)を貫通する4つの穴を開け、ネジをしっかりと固定します。

これを行った後、Z軸フィクスチャ用のフレームの背面に1つの穴を開け、ロッドを完全に貫通させます(図7)。 後でこれを行うのは難しいかもしれません。 穴は、バックロッドの中央(1つのコーナーから30 cm)になければなりません。

ステップ2:取り付けられたボールベアリングの固定

注:画像の寸法はすべてミリメートルです。

ボールベアリングを取り付けたら(図1)、2つのUチャンネル間の距離を測定します。 私の場合、24.5 cmでした。 距離がわかったら、中央(私にとっては12.25 cm)をマークし、そこにベアリングの中心を配置します。

ヒント:取り付けたボールベアリングの穴にペンを刺して、ドリルする必要がある金属棒の場所をマークできます。

ベアリングをいくつかのネジでしっかりと固定します。 別のボールベアリングを取り付けて、フレームの反対側でこれを繰り返します。

最後に、65 cmのネジ付きロッド(ステップ1を参照)を両方のベアリングにスライドさせます(図4)。

ヒント:取り付けられたボールベアリングが互いに直接向かい合っていることを確認してください。 これは、両方のベアリングにネジ棒をスライドさせているときに確認できます。 ロッドがフレームの両側に垂直であることを確認してください。

ステップ3:X軸ステッピングモーターホルスターの作成

注:別の色のカプラーを使用しました。 使用する機能と同じ機能を備えています。

このステップには、丈夫で頑丈な金属シートが必要です。

ステッピングモーターの前面に4つの穴があります。 2つの穴の間の水平距離を測定します(私の場合は31 mmでした)。 これを「mes。1」と呼びます。

次に、カプラーに付属の小さなネジを使用して、カプラーをステッピングモーターとネジ棒に固定します(図4)。 (3つすべてのステッパーに対してこれを行います)。 カプラーが金属棒から約1 cm離れるまで、ボールベアリング(図5)にねじ棒をスライドさせます。 その位置でステッピングモーターを保持し、金属棒(フレーム)の上部からステッパーの表面の上部の穴の1つまでの水平距離を測定します。 これは「mes 2」です。

最後に、そのセットアップでそれを保持して、最後の1つの距離を測定します: "mes 3"(図6で説明)。

図7は、すべての測定値を含む完全なホルスターを示しています。 作成中に必ず参照してください。

図のように切り抜きます。 8あなたから金属シートと図のように曲げます。 7。

ヒント:曲げるには、その上で曲げる必要のある部分で、万力でピースを保持します。 ハンマーを使用して90度まで曲げます。

ステッパーモーター用のホルスターに2つの穴を開け、フレームに取り付けるためのネジ用の底部に2つの穴を開けます(図3)。

まだフレームに取り付けないでください!

ステップ4:Z軸プラットフォームの作成

注:画像内のすべての測定値はミリメートル単位です。

このステップでは、35 cm x 15 cm(厚さ4 mm)のアクリルシート、さらに2つの取り付けられたボールベアリング、2つの35 cm長さのUチャンネル、35 cm長さの長方形の金属棒、および少しの金属シート(コンポーネントリストについては、手順1を参照)。

まず、取り付けられたボールベアリング(図1)をアクリルシートの中央に取り付け、両端に1つずつ(境界から約1 cm)取り付けます。

長方形の金属棒は、アクリルシートと同じ長さです。 アクリルシートを裏返し、ロッドをその中央に配置し(図2)、両方に3つの穴を開けます。 まだ一緒に修正しないでください!

アクリルシートを裏返し、Uチャンネル用の穴を開けます(図3に示す測定値)。 先に進み、4つのナットとボルトでUチャンネルを固定します(図4)。

金属シートから長方形の断片を切り取り、図1のように長方形の金属棒に収まるようにします。 5. 2.5 cmがフレームに接合できるように突き出ていることを確認します。 幅は、金属棒の幅とほぼ同じにする必要があります。

次に、6個のナットとボルトで長方形の金属棒をアクリルに取り付けます。 これを行っている間、作った小さな金属片を忘れずに取り付けてください!

金属シートから2つのL字金具を作成し、それらと長方形の金属棒に穴を開けます。 2本のナットとボルトを使用して、ロッドにしっかりと固定します(図6)。

構造全体をナットとボルトでしっかりとフレームに固定します(図7)。

ステップ5:X軸のキャリッジとプラットフォームの作成

注:画像の寸法はすべてミリメートルです。

ショッピングバッグから3つのM8カップリングナット(手順1を参照)、および頑丈な金属シートを見つけます。

これらのナットには6つの側面があり、必要なのは図のように金属シートをナットの4つの角の周りでできるだけきつく曲げることです。 1.これらの3つを各軸に1つずつ作成する必要があります。

約3 cm(ナットの幅)x 7 cmの金属シートを切り取ります。 2 cm突き出したまま、金属シートをナットの片側に持ち、万力に取り付けます。 ハンマーを使用して、金属シートを2番目の面に折り畳みます。 シートがナットの5辺に折り畳まれるまでこれを繰り返します。 シートの2つのまっすぐな緩い端を一緒に押し、図のように小さな穴を開けます。 1.両端が完全にくるのではなく、間に小さな隙間があるはずです。 両端を固定すると、クランプのように機能し、ナットを内側にしっかりと保持します。 それぞれをねじ付きロッドにねじ込みます(すべてのねじに対してこれを行います)(図2)。 完了したら、ステッパーモーターホルスター(手順3で作成)をフレームに固定できます。 これらのカップリングナット構造は、両方のベアリングの間にあるねじ付きロッドにあります(図13)。 そのため、ネジ付きロッドを一方のベアリングにスライドさせ、カップリングナット構造をねじ込んでから、ネジ付きロッドをもう一方のベアリングにスライドさせる必要があります。

ベアリングの間に保持されるように、ネジ付きロッドの両端(ベアリングを通過した直後)にプラスチックのストッパーを配置することができます。 または、スレッドをすり抜けないように何かを埋めることもできます。 アラルダイトを使用しましたが、うまくいきました。 ねじ棒をボールベアリングに貼り付けないように注意してください。

ヒント:ラップとナットの間にスーパーグルーを数滴入れて、ナットにしっかりと貼り付けることができます。 ただし、スレッド内に何も入らないようにしてください!

35.5 cm x 35.5 cmのアクリルシート、2つの長さ10 cmのUチャンネル、および2つの長さ35 cmのUチャンネルを見つけます(手順1を参照)。

フレーム上のUチャネル間の距離を思い出してください(図3)。これを「mes 1」と呼びます。 長さ10 cmの2つのUチャンネルをアクリルの底に固定し(図4)、両端間の距離(図5)がmes 1に等しくなるようにします。これらの新しいUチャンネルはもう一方に沿ってスライドしますUチャンネルとヘルプは一直線になります。 図のようにフレームに構造を置きます。 6、しっかりと収まり、左右に揺れることを確認します。 図を見てください。 14の下からどのように見えるかを確認します。

他の2つの長さ35 cmのUチャネルを図1のように構造に固定します。 7.ただし、ナットとボルトで固定する場合、図2のようにUチャンネルとアクリルを分離する2つの小さなボルトが必要です。 8および9。

次に、取り付けられたボールベアリングを中央のプラットフォームに取り付けます(図10)。

アクリル片の中央に穴を開けます。 プラットフォーム全体を、ねじ付きロッドにあるカップリングナット(図11)に固定します。 近づいています! 図。 12。

ステップ3のホルスターをステッピングモーターに取り付け、所定の位置にスライドさせて、2つのナットとボルトでフレームに取り付けます(フレームに穴を開ける必要があります)。

ステップ6:Y軸プラットフォーム

31 cm x 22 cmのアクリルシート、2つの10 cmの長さのUチャンネル、および加熱ベッドを準備しておきます。

図に示すように、Uチャンネルをアクリルシートに固定します。 1.(前の手順の方法を使用して、下部のUチャネルを測定および接続します)。

X軸の手順5で行ったように、アクリルシートの中央に穴を開け、カップリングナット構造を底に取り付けます。

加熱したベッドをアクリルの上に置き、穴を開ける必要がある場所に印を付けます(図2)。 ドリルを取り出して、マークされた領域をドリルします。

この構造は別にして、ステップ11で処理します。

ステップ7:Y軸ステッピングモーターホルスター

このステップには、ステップ3(X軸ステッパーホルスター)と同じ測定が含まれます。 疑問がある場合は、それを参照してください。 この時間を除き、ネジはステッピングモーターの底の穴に入ります。

手順5で作成したプラットフォームに穴を開けて、ホルスターをアクリルに取り付けます。 ねじ棒は両方の空のボールベアリングを通過する必要があります。 プラスチック製のストッパーを使用するか、ロッドをボールベアリングの間に固定するようにネジ山を埋めることを忘れないでください(手順5を参照)。

注意モーターをホルスターに固定するときは、カップリングナット構造がねじ棒にねじ込まれていることを確認してください。 それ以外の場合は、後で元に戻すためにすべてを元に戻す必要があります。

ステップ8:Z軸キャリッジ

最後のアクリルシート(22 cm x 7 cm、手順1を参照)、および最後の2つの7 cm長さのUチャンネルを取り出します。

これらのUチャンネルは、Z軸のレールになりますが、今回は、より長いUチャンネルの間にあるのではなく、図のように外側にレールを固定します。 1と2。これにより、キャリッジの安定性が向上しました。 (測定の詳細については、ステップ5および6を参照してください。)

シートの中央に穴を開けて、ステップ5のようにカップリングナットデバイスを接続します(今回は、カップリングナットがまだネジ棒にありません。(図3)

ステップ9:押出機のホルスター

注:画像の寸法はすべてミリメートルです。

このステップでは、頑丈な金属シート、フィラメント押出機、ホットエンドノズルが必要になります(ステップ1を参照)。

図1は、金属を切断して曲げる方法を示しています。 図3は、ホルスターの測定値を示しています。

図に示すようにスリットを切ります。 押出機ノズルの場合は2。 スリットは、ホットエンドのネジ付きロッドの直径よりわずかに大きくする必要があります(それについては、図4を参照してください)。 スリットの長さは約4.5 cmです

図に示すように、フィラメント押出機とホットエンドノズルをホルスターに取り付けます。 5.押出機全体をホルスターに締め付けるための追加のナット(図4の上部)があることに注意してください。 押出機を組み立てて所定の位置に置いたら、追加のナットをホルスターに締め付ける必要があります。

前の手順で作成したZ軸キャリッジを用意し、図6に示すようにホルスターをいくつかのナットとボルトで接続します。

ステップ10:Z軸ステッピングモーターホルスター

再び金属板が必要になります! 先に進み、図1に示すように曲げます。 これは、Y軸ステッピングモーター用に作成したホルスターとほぼ同じであるため、測定や作成に問題はありません。 その場合は、手順3と7に戻って参照してください。

ホルスターを作成したら、モーターに接続されたねじ付きロッドをスライドさせます(カップリングナット構造はベアリングの間になければならないことに注意してください、ステップ5を参照)。押出機のホルスターとZ軸キャリッジにネジ付きロッドに取り付けてから、ロッドを他のベアリングに通し、最後にモーターをホルスターに取り付けます(図3および4)。 Uチャンネルレールが互いに重なり合っていないことを確認してください。

おめでとう! 3Dプリンターの構築が完了しました。 ドリルのこぎりを片付けることができます! :)

これですべてを接続しましょう。 最初のオブジェクトの印刷からわずか数歩です!

ステップ11:Y軸プラットフォームと加熱ベッドの取り付け

このステップでは、耐熱テープを使用して100kサーミスタを加熱ベッドに接続します。 カプトンテープは私にとって完璧に機能しました。

加熱されたベッドには2種類の表面があることがわかります。 少し粗いものを下部として使用し、滑らかなものを上部として使用します。 底があなたに面しているように加熱されたベッドを反転します。 加熱されたベッドの中央には小さな穴があります。 サーミスタを反対側からはみ出さないように、サーミスタを十分内側に差し込みます。 カプトンテープを使用して、その位置に固定します。

サーミスタの両端に2本の小さなワイヤをはんだ付けします(図2)。 サーミスタには特定の極性がないため、ワイヤが混同する心配はありません。

次に、加熱されたベッドの穴に合う4本のボルト(長さは関係ありません)を取り出し、図4のように各コーナーに固定します。 3.底部のナットを使用して、ベッドの高さを調整します。

手順6で取っておいたY軸プラットフォームを取り出し、カップリングナット構造(最後の空のねじ棒にあるはずです)に固定します。 4.繰り返しますが、ガイドUチャンネルが長いものと並んでいて、互いに重なり合っていないことを確認してください。

ステップ6でドリルで開けた穴にすべてのネジが合うように、加熱ベッドをY軸プラットフォームの上に置きます(図5および6)。

図を観察してください。 7.加熱されたベッドに描かれた表は、使用している電源に基づいて配線する方法を示しています。 図のように、12ボルトの電源を使用しています。 8、加熱ベッドの端子1に1本の正極線をはんだ付けし、端子2および3に1本の負極線をはんだ付けします。

加熱されたベッドよりわずかに小さいガラスの薄い部分を置き、いくつかのバインダークリップでクリップダウンします。

最後に、水準器を使用し、地面に平行になるまで加熱ベッドのナットを調整します。

ステップ12:エンドストップの取り付け

このステップでは、購入した3つのエンドストップが必要になります。

エンドストップは各軸の位置ゼロを決定し、軸が実際にできる以上に進むことを防ぎます。

軸のプラットフォームをサポートするUチャンネルの1つに、各軸のステッピングモーターのすぐ横に各エンドストップを取り付けます(どちらでもかまいません)。 エンドストップの背面にスーパーグルーを数滴塗り、それをUチャネルに配置しました。 移動するアクリル製プラットフォームに金属製スイッチが向いていることを確認してください。 したがって、アクリルシートが近づきすぎると、スイッチがオフになります。

ステップ13:電源の配線

図1に示すように、メーターが1つか2つ必要です。 1および図2に示すプラグ上部。 2。

3本のケーブルワイヤをはがすことから始めます。 次に、図のようにプラグの上部を開き、配線します。 3および4。

図5はプラグの前面を示しています。 気がつくと、文字L、N、Eが刻まれています。 Live、Neutral、Earthの略です。 これにより、どのワイヤが何に接続されているかがわかります。 これを覚えて、電源に正しく接続できるようにする必要があります。 たとえば、黄色のワイヤは地球に接続され、赤はライブに接続され、青はニュートラルに接続されます。 電線の絶縁体をねじ込まないようにしてください。

先に進み、3本のケーブルワイヤの反対側を剥ぎ取り、ワイヤをプラグに固定する方法に従って電源に取り付けます。 私の場合、黄色は地球、赤はライブ、青はニュートラルに接続されます。 まだプラグをソケットに入れないでください。

現在は住んでいる場所によって異なりますが、一部の地域では、ソケットに3つのピンがなく、2つ(ライブおよびニュートラル)しかありません。 その場合、2本のケーブルを使用して、電源のアース端子を空のままにしておくことができます。

電源のステッカーを観察し(図7)、スイッチが正しい電圧に設定されていることを確認します(これは居住地によって異なります)。

ステップ14:RAMPS 1.4の接続

RAMPS 1.4シールドとArduino Megaをショッピングバッグから取り出します。

RAMPS 1.4をArduino Megaに取り付けて、RAMPS 1.4が完全に収まるようにします。

RAMPS 1.4を正しく接続するには、このガイドに従ってください。

重要:完了したら、 すべての接続を再確認してください 。 裸の隣接するワイヤが互いに接触していないことを確認してください。 何かを爆破したり、火災を引き起こす危険はありません。

ステップ15:機能させるソフトウェア

Arduino MegaのMarlinファームウェアをここからダウンロードします。 Zipファイル(fig.1)をダウンロードし、すべてのファイルを抽出します。 「Marlin」フォルダー内には、「Marlin」INOファイル(またはarduinoファイル。図2)があります。 それをArduino IDEで開きます。 configuration.hタブに移動し、図5と同じものが表示されるまで下にスクロールします。 3.図に一致するように数字を変更します。 4.ファイル全体を保存し、Arduinoにアップロードします!

まだお持ちでない場合は、ここからArduino IDEをダウンロードしてください。

Repetier Host(3D印刷およびスライスソフトウェア)をここからダウンロードします。

Repetier Hostを起動し、最大ビルド寸法などのプリンターに関する基本情報を入力し、テスト3Dオブジェクト(できればキューブ)をアップロードし、オブジェクトをスライスして、印刷ボタンを押します! 今すぐ電源コードをソケットに差し込むことを忘れないでください。 :)

Arduinoは常にラップトップ/ PCに接続する必要があります。 RAMPS 1.4用のSDカードスロットを購入できます。 このSDカードホルダー(後でオブジェクトを印刷するためのコードが含まれます)をRAMPS 1.4ボードに挿入すると、ラップトップまたはPCが接続されていなくてもプリンターを実行できます。

(Cura EngineまたはSlic3rで)オブジェクトをスライスする前に、構成を編集して、プリンターを正しい温度に設定する必要があります(使用しているプラ​​スチックと印刷するオブジェクトに基づいて)。

ステップ16:ヒントとコツ!

おめでとう! 独自の3Dプリンターが完成しました!

印刷するには、プラスチックフィラメント(ebayまたはAmazonで簡単に入手可能)が必要になります。

一般的に使用されるプラスチックには、ABSとPLAの2種類があります。 このガイドに従って、どのプラスチックがニーズに合っているかを確認してください。

プリンターの設定温度(摂氏)は次のとおりです。

PLA:

温床温度:70度

ホットエンド温度:190-200度

ABS:

温床温度:90〜100度

ホットエンド温度:230〜240度

PLAを加熱したベッドのガラスに直接印刷しましたが、ABSでは、最初の層がベッドにくっつくように、青いテープをベッドに貼り付ける必要がありました。 この記事を見て、あなたに最適なものをご覧ください。 :)

あなたがこれを楽しんだことを願っています! 質問がある場合は、下のコメントセクションに自由に投稿してください。投票を忘れずに投稿してください。 どうもありがとう。 :)

関連記事