スイッチ内蔵のDIY延長コード-安全、迅速、簡単

このきちんとした小さなデバイスは、家の周りや庭で実験や仕事をしているときによく出くわす3つの問題を解決します。

1)延長コードの長さに関係なく、常に3フィートは短すぎます。 私のプロジェクトでは、延長コードに6フィートを追加します。 ビルドする場合は、必要なだけコードを作成できます。 それに応じて、アプライアンスの電力をディレーティングすることを忘れないでください。

2)延長コードがどこにあっても、それを見つけることはできません。 もう1つは、もう1つが見つからない場合や、もう1つが使用中の場合に備えて追加しています。

3)一部のアプライアンスには、オン/オフスイッチがありません。 私は温水式太陽熱集熱器でいくつかの実験を行っていますが、使用しているポンプにはオン/オフスイッチがありません。 ポンプを制御するには、プラグを抜き差しする必要があり、面倒です。 通常スイッチに付属していない他のものは、はんだごてとホットグルーガンです。

使用されるすべての材料がCSA承認済みであり、デバイスが適切に接地され、ワイヤが適切なサイズであり、コードに適切なストレインリリーフデバイスが使用されているため、このプロジェクトは安全です。

このプロジェクトは迅速です。 完了するのに約15分しかかかりません。

このプロジェクトは、いくつかのコンポーネントと簡単な配線だけで簡単です。

ステップ1:材料

必要な材料とツールはわずかで、そのほとんどは地元の建物供給店で入手可能です。

コンジットエントリが1つあるダブルギャングPVCコンジットボックス
単極スイッチ
120ボルトのレセプティクル
コンビネーションスイッチ/受容壁プレート
1/2インチのねじ付きブッシング
1/2インチスレッドナイロンドームコネクタ
約14ゲージの圧着フェルール
6フィート以上の14/3 SOOWケーブル
120ボルト15A延長コードのオスプラグ

ナイロンドームコネクタとフェルールは、見つけるのが少し難しいかもしれません。 私はelecdirect.comからオンラインで注文し、温室効果自動化プロジェクトの残りのカップルを持っています。 地元の金物店から入手できない場合は、地元の電気用品店から入手できるはずです。

すべての材料は約30ドルかかります

手順2:延長コードプラグの配線

ホットワイヤ(黒)は常に真鍮色のネジの下に、中性線(白)は常に銀色のネジの下に、アース線(緑)は常に緑のネジの下にあることに注意してください。 自己保存のために、このデバイスを適切に接地することを絶対に確認したい場合があります。

ワイヤはネジ端子の下に一方向にしか挿入できないことに注意してください。 ネジを締めた状態で回転する方向にワイヤーを挿入します。 そのようにすると、ねじはワイヤを押し戻すのではなく、引き込みます。

ステップ3:ワイヤーをデバイスボックスに通す

デバイスボックスの底部には1インチの穴があります。 最初のブッシングはPVCコンジット接着剤で入り、穴を1インチから3/4インチに減らします。

2番目のブッシングは、PVCコンジット接着剤を使用して入り、3/4インチの穴を1/2インチの雌ネジに減らします。

ナイロンドームコネクタは最後に挿入されます。 2番目のブッシングにねじ込む1/2インチの雄ねじがあります。 ナイロンドームコネクタに付属しているゴム製のOリングを使用することを忘れないでください(写真では黄色)。

ナイロンドームコネクタが入ったら、十分なSOOWケーブルを挿入し、ケーブルをしっかりと固定するまでドームコネクタのナットを締めます。 これにより、ケーブルの張力が緩和されます。 ケーブルを引っ張ると、デバイスボックス内の電気接続部ではなく、ケーブルの固定部分を引っ張ることになります。

ステップ4:スイッチとレセプタクルを接続する

ボックスに入る3本のワイヤのそれぞれに14ゲージのフェルールを圧着します。 スイッチとレセプタクルの端子は撚り線用ではなく、単線用に設計されているため、フェルールが必要です。 フェルールは、端末で撚り線を単線に「変換」します。 フェルールが見つからない場合は、GFCI保護された屋外定格のレセプタクルを使用し、スイッチを使用しないこともできます。 GFCIで保護された受容体の端子は、より線を受け入れることができます。 「テスト」ボタンと「リセット」ボタンを使用して、デバイスのオンとオフを切り替えることができます。

入ってくる接地線と中性線は、それぞれ受容体の緑色と銀色のネジにまっすぐに行きます。 ホットワイヤはスイッチに入り、(短いジャンパワイヤを介して)レセプティクルの真鍮色のネジに進みます。

スイッチとレセプタクルの取り付けネジには、小さな正方形のビニールがあり、それらを固定します(写真4を参照)。 デバイスをPVCボックスに固定する前に、これを取り外す必要があります。 ビニールの四角を取り除くと、レセプタクルからの地面が、PVCボックスの真鍮製接地バーを介してスイッチに引き継がれます。

デバイスを取り付けたら、ウォールプレートカバーを取り付ければ完了です。

ステップ5:新しいスイッチ/レセプタクル/延長コードをお楽しみください

コンセントに物を差し込んで、スイッチで制御できるようになりました。 デモンストレーションのように、ドリルプレスの写真をデバイスに接続しました。 ドリルプレスに組み込まれたランプは、デバイスのスイッチで制御できます。 スイッチをフリックすることにより、基本的にドリルプレスを抜き差しします。

まあそれはそれについてです。 独自の交換延長コードを作成するのに十分な情報を提供していただければ幸いです。 いつものように、読んでくれてありがとう、質問、コメント、建設的な批判を共有することをheしないでください。

関連記事