かぎ針編み:マジックリング(あみぐるみの調整可能なリング)

マジックリング(または調整可能なリング)は、ラウンドでかぎ針編みするときに使用され、あみぐるみプロジェクトに使用する必要があります。 マジックリングを使用する利点は、一度締めると作業の中心に穴がなくなることです。 これは、多くのかぎ針編みプロジェクトの最初のステップである「フックから2番目のチェーンのCh 2と単一のかぎ針編みx」のステップを置き換えます。

メインの写真を参照すると、古いメソッドが緑色で表示され、マジックリングが青色で表示されます。

(マジックリングの真ん中に穴がないことに注意してください)。

マジックリングを作成するには、次の手順に進みます。

かぎ針編みの詳細な手順、パターンの読み取り方法、ツールと素材の選択、さまざまなステッチの作成方法については、「かぎ針編みの方法:あみぐるみの基本」の説明を読んでください

ステップ1:マジックリングの作成:ステップ1〜4

マジックリングを作成するには、写真を参照してください。

ステップ1:まず、図のように糸を指に巻き付けます。

ステップ2:かぎ針編みのフックを、図のようにループの中央に通します。

ステップ3:図のように、ループの中央に糸(ボールから来る糸)を引っ張ります。

ステップ4:図のように(ボールから来る)糸を引っ掛け、かぎ針編みのフックのループに糸を通します。

マジックリングの開始は、写真2のようになります。

次のステップに進みます。

ステップ2:マジックリングの作成:ステップ5〜8

(写真を参照)。

ステップ5:図のように、かぎ針編みのフックをループの中心に通します。

ステップ6:図のように、糸(ボールから来る糸)を引っ掛けます。

ステップ7:図のように、糸をループの中心に通します。

ステップ8:上図のように糸を上から引っ掛け、かぎ針編みのフックの両方のループに糸を通します。

これで、マジックリングに最初のシングルクロシェ(sc)が作成されました。 写真2のようになります。

手順5〜8を繰り返して(パターン内の)単一かぎ針編みの数を完了し、最後の手順に進みます。

ステップ3:マジックリングの仕上げ

単一のかぎ針編みの数(パターンに示されている)を作成したら、写真1のようなものが必要です(8 scを作成しました)。

マジックリングを完成させるには、ステッチがリングを形成し、中央の穴が消えるまで(写真2のように)短い糸の端を引っ張ります。

マジックリングを作成することの利点(「2番目のchの2番目のかぎ針編みx」の代わりに)は、最後に目に見える中央の穴がなくなることです。

プロジェクトが完了したら、マジックリングを簡単に締め直し、糸の針で糸の端を隠すことができます。

かぎ針編みの詳細な手順、パターンの読み取り方法、ツールと素材の選択、さまざまなステッチの作成方法については、「かぎ針編みの方法:あみぐるみの基本」の説明を読んでください

関連記事