MATLABで関数を作成する

MATLABは、エンジニアやその他の専門家がデータを迅速かつ効率的に分析し、計算を行い、情報を表示するために使用できるツールです。 ユーザーがMATLABと対話できる多くの方法の1つは、関数の使用です。 関数は、入力と呼ばれる特定の情報を受け取り、入力を使用して、出力と呼ばれる表示する他の情報を計算します。 このインストラクタブルは、関数を作成するプロセスを詳しく説明し、独自の関数を作成するユーザーをガイドします。

この説明可能な手順を完了するには、次のものが必要です。

1. MATLABにアクセスできるコンピューター

2. 5〜10分

ステップ1:MATLABを開く

まず、画面の左下隅にあるWindowsボタンを押すか、キーボードのWindowsキーを押して、スタートメニューを開きます。 次に、検索バーに「MATLAB」と入力し、「MATLAB R2013a」を選択します。 MATLABのバージョンが古い場合、プログラムの正確な名前はわずかに異なることに注意してください。 バージョンが古い場合でも、画像に表示されているのと同じシンボルが表示されるはずなので、これを使用して適切なプログラムを見つける必要があります。

ステップ2:スクリプトウィンドウを開く

MATLABが開くと、ユーザーはMATLABのプライマリウィンドウ(コマンドウィンドウとも呼ばれます)に移動します。 ただし、関数を作成するには、ユーザーがスクリプトウィンドウを開く必要があります。 強調表示されたボタンを選択して、スクリプトウィンドウを開きます。 スクリプトは、一度に実行できるコマンドの保存可能なシーケンスです。 関数は、実行されるたびに異なる入力を受け取ることができる特別な種類のスクリプトです。 古いバージョンのMATLABでは、強調表示されたボタンは表示されず、ユーザーは[ファイル]> [新規]> [スクリプト]を選択してスクリプトウィンドウを開く必要があります。

ステップ3:最初の行

スクリプトウィンドウが開いたら、1行目に「function f = make_a_square(x)」と入力します。「function」という単語は、このスクリプトが関数であることをMATLABに伝えます。 単語「関数」と=の間のテキストは、関数の出力を示します。この場合は「f」です。 括弧内のテキストは入力を示し、この場合は「x」です。 最後に、括弧のすぐ左側のテキストは関数の名前であり、この場合は「make_a_square」と呼ばれます。

ステップ4:機能の終了

関数の最初の行が入力されたら、「f = x ^ 2;」と入力してコードを完成させます。 2行目と3行目の "end" 行を終了するセミコロンは、MATLABがその行を後で出力しないようにします。 セミコロンを使用しなかった場合、後で関数を使用したときに出力が2回表示されます。 3行目は、関数が終了したことをMATLABに伝えます。

ステップ5:関数を保存する

機能が完了したら、保存ボタンを使用して機能を保存します。 保存ファイルのデフォルト名は、関数の名前と同じです。 これを変更しないようにしてください。 1行目の名前と同じにならないように保存の名前を変更すると、関数が正しく機能しなくなる可能性があります。 ステップ2のように、MATLABの古いバージョンにはボタンが強調表示されていないため、[ファイル]メニューから保存する必要があることに注意してください。

ステップ6:関数を実行する

コマンドウィンドウに戻ります。 「make_a_square(3)」と入力し、キーボードのEnterキーを押して機能をテストします。 コードは3を出力し、9を出力します。コードがこれを実行しない場合は、コマンドウィンドウで関数のスペルが正しいことを確認してください。 これで問題が解決しない場合は、スクリプトウィンドウで関数を再度開き、エラーがないことを確認します。 コードが正しく出力されると、最初のMATLAB関数が正常に作成されました。

関連記事