MKS Sbase V1.x 32ビットコントローラーの基本とスムージーウェアの紹介の構成。

プロルージュ

SmoothiewareとMKS Sbase 1.xコントローラーへのこの基本的な紹介がどのように注目を集めているかを見て本当にうれしく思います。

これについて:

このInstructablesは、MKS Sbase 1.x 32ビットコントローラーカードの基本とSmoothiewareの紹介の方法と設定について説明しています。 ほとんどの点で、スムージーボードにも使用できます。

これを説明し、単一の押出機を備えたUltimaker 2クローンの新しいコントローラーとして動作するように設定します。

これがどうなるか:

関連するケーブルを接続する必要があることを除き、ボードのハードウェアには触れません。

ファームウェア/設定で高度なことは何もしません

目次:

  1. 接続してインストールする
    1. USBを接続する
    2. ファームウェアのインストール
  2. Marlinと比較したSmoothiewareの構成
  3. マーリンとの明らかな違い
    1. それほど明らかでない差異
    2. ファームウェアおよび構成ファイル
    3. ファームウェアの構成
    4. コメント
  4. ファームウェアステップ1:デフォルトの送り速度
    1. 1/32マルチステップ
    2. モーターの接続
    3. 外部モーターコントローラー
  5. ファームウェアステップ2:デカルト軸の速度制限、ピンおよび電流
    1. ピン
    2. 電流
  6. ファームウェアステップ3:LCD、SD、Extruder
    1. LCDおよびSD
    2. 押出機のセットアップ
    3. デルタドライバー電流
  7. ファームウェアステップ4:ホットエンド温度制御構成
    1. サーミスタタイプ
    2. PIDチューニング
    3. Hotendサーミスタ-物理レイアウト
    4. ホットエンドヒーターピン-物理レイアウト
  8. ファームウェアステップ5:加熱床温度制御構成
    1. サーミスタタイプ
    2. 温度調節ベッドBANG-BANG
    3. 加熱ベッドサーミスタ-物理的なレイアウト
    4. 加熱ベッドヒーターピン-物理的なレイアウト
  9. ファームウェアステップ6:エンドストップの構成
    1. ホーミング方向
    2. 未使用のエンドストップを無効にする
    3. 軸サイズを定義する
    4. エンドストップ出力の反転
    5. 高速および低速のホーミング率
  10. ファームウェアステップ7:ネットワーク設定
  11. ステップ8:次は?
    1. より高度なセットアップ?
    2. スイッチを使用する

ステップ1:接続とインストール

コンピューターにMKS Sbase v1.x(Aliexpressでショップを開く)ボードのドライバーをインストールするには、まずGithub.comのmakerbase makerbase-mksから必要なドライバーをダウンロードする必要があります

注: MKSファームウェアは編集されているため、使用しないで ください 常にスムージーウェアのファームウェアを使用してください。 「リポジトリ」という名前について混乱している場合は、単にファイルのフォルダとして見てください。

ファイルをクリックし、Githubの[ ダウンロード ]をクリックしてコンピューターのどこかに保存し、フォルダーに展開します。

USBの接続

USBをボードに差し込み、左上隅のLEDを確認します。
すぐにD7が点灯します。 ビットD1が稲妻を開始した後、 D2D3が急速に点滅します。

デバイスマネージャーを開き、新しいSmoothie / Seriel USBデバイスのドライバーを、見つけやすいフォルダーにあるGithubからダウンロードした署名済みドライバーで更新します。
\ MKS-SBASE \ MKS-SBASE \ Driver \ smoothieware-windows-signeddriver-v1.0

MineはWindows 10 x64 proに正常にインストールされました。

ファームウェアのインストール

  1. MKSのファームウェアはSmoothiewareの古いコピーなので、常にSmoothiewareの最新バージョンを使用したいだけです。
    1. つまり、常にSmoothiewareのファームウェアを使用します。
    2. 元のスムージーウェアからconfig.txtファイルが見つからない場合は、MKSのファイルを使用してください。
  2. 独自のGithubページのサブページであるSmoothiewaresファームウェアページから公式ファームウェアをダウンロードします(config.txtファイルを見つけるには、完全なgithubリポジトリ(フォルダー)をダウンロードすることをお勧めします)
    1. 安定版を使用して開始します。 すべてが正常に機能している場合は、代わりにNightlyバージョンを使用できます。 これは最新バージョンですが、まだ完全にはテストされておらず、 ベータ版/テスト版と見なされています。
  3. SDカードをMKS Sbaseボードに挿入し、USBケーブルを差し込みます。 これで、SDカードがファイルエクスプローラーに表示されます。
    1. そうでない場合は、ドライバーがインストールされていることを確認する必要があります。
  4. Smoothiewareからconfig.txtファイルが見つからない場合は、 \ MKS Sbase \ MKS-SBASE-master \ MKSSBase-firmwareconfig.txtを見つけて、SDカードにコピーします。
    1. Smoothiewareでは、USBに接続するときにSDの自動マウントを無効にすることをお勧めします。 特にMACを使用する場合、MAC OSXは奇妙な時にファンキーなことをする傾向があるためです。
    2. win10で何も変更していません。 過去1年間、悪いことは何も起きていません。
  5. D1の直後にD7が点灯します。 D2、D3、D4が点滅し、D2とD3が点滅し続ける間、D4は安定します。
    1. この時点で、変更されたfirmware.binはSDカード上のfirmware.curファイルに変更されていました
  6. 更新が成功すると、ファイル名はfirmware.curに変わります。

ファームウェアの変更または更新

SDからfirmware.curファイルを削除するか、またはfirmware.cur.oldなどに名前を変更して、新しいfirmware.binファイルをSDにコピーするだけです。 プリンターの電源を入れ直し(USBを取り外します)、SDカードに新しいfirmware.curファイルが表示されます。

注: config.txtファイルに将来変更を加えた後、コントローラーの電源を再投入する必要があります。つまり、電源(使用している場合)とUSBの両方を切断します。 リセットコマンドを送信できますが、Printrun / Pronterfaceなどではなく、実際の端末でのみ使用できます。

エッジファームウェアを使用できます。 エッジファームウェアは本質的に現実的な候補であり、より多くの機能を備えていますが、エラーが含まれている場合もあります。 これはこのInstructablesの裏にあります。

手順2:Marlinと比較したSmoothiewareの構成

私は大部分の3Dの人々と同じように、Arduino + Rampsで長い間Marlinファームウェアを使用しているため、ファームウェアを構成するための比較ソースとしてMarlinを使用します。

マーリンとの明らかな違い

Smoothiewareの設定は、Arduino IDEのような大きなプログラムの代わりにメモ帳を使用して、SDカードに直接保存される単一のconfig.txtファイルで行われます。 ファームウェアの設定は、プリンターの電源を入れ直すか、プリンターにリセットコマンドを送信することで更新されます。 これは、追跡および変更する必要がある非常に大量のスケッチ(ファイル)を持つMarlinと比較して-私がここで積極的にアップグレードしているプリンターの設定については、写真を参照してください!

それほど明らかでない差異

MarlinとSmoothiewareには、それほど目立たない違いがいくつかあります。

  1. SmoothiewareとMarlinでは、速度がmm / secおよびmm / minのばらつきとしてかなり混乱してリストされているため、これに注意する必要があります。 明確なパターンはありません。
  2. Marlinの軸はXYZおよびExtruderとしてリストされ、Smoothiewareの軸はAlpha、Beta、GammaおよびDelta / E0およびE1としてリストされます。

ファームウェアおよび構成ファイル

ご存じのとおり、Smoothiewareファームウェアは2つのファイルに基づいています。 firmware.binおよびconfig.txtファイル。 ベースのconfig.txtファイルと、サブフォルダーにあるMKSのリポジトリーにある事前構成された一連の構成ファイルがあります。 構成ファイルには、.txt拡張子を付けずに名前を付けることもできます。

注: これはテンプレートであり、単に挿入して使用するものではありません。

DeltaCartesianなど、お使いのプリンターに最も似ているものを選択できます。 基本的なConfig.txtファイルを使用します。

ファームウェアの構成

まずconfig.txtファイルのバックアップを作成してから、メモ帳を使用してconfig.txtを開きます。 一部のユーザーを混乱させる可能性があるため、「 ワードラップ 」を無効にします。

SmoothiewareはNotepad ++に対して警告します。

また、マイクロステップ乗数を考慮することを忘れないでください。 ここでのセットアップは、DRV8825ドライバーのビルドを活用するために、1/32マルチステップに基づいています。 マルチステップジャンパーは右上隅に配置されます。 (1)

コメント

行の先頭に#を書いてからテキストを書くことで、独自のコメントを作成できます。 これは何かが何かを思い出すのに非常に便利です。

ファイルの先頭に行を追加しています:#Ultimaker 2

ステップ3:ファームウェアステップ1:デフォルトの送り速度

Marlinには300mm / secがあり、これは18000mm / minに相当します。したがって、事前に構成された4000を18000に変更します。
Default_feedは、MarlinのDEFAULT_MAX_FEEDRATEに変換されます。

alpha_steps_per_mmbeta_steps_per_mmは160に変更する必要がありますが、gamme_steps_per_mmは800に変更します。

加速度は300に変更され、z_accelerationは80に変更されます

1/32マルチステップ

上記はすべて1/32マルチステップです。 1/32を使用するには、コントローラーに正しいジャンパーを設定する必要もあります。 ほぼ右上隅にあり、 16 | 32が隣にあります。 ピンの名前はJ3です。

注: 電源がオンの状態でジャンパーを変更しないでください。 接続されたUSBケーブルを含む

モーターの接続

それほど多くはありません。 いくつかの4ピンXH 2.54 4ピンコネクタが必要です。 デュポンも使用できますが、脱落する傾向があります。

コントローラーボードには、 XCm2_M2 )、 YCm3_M3 )、 ZCm2_M4 )、 E0Cm2_M1 )およびE1Cm3_m5 )のラベルが明確に付けられています。

外部モーターコントローラー

外部モーターコントローラーを接続する必要がある場合は、ドライバーの上の大きなヒートシンクのすぐ下のピンを使用して接続できます。

ピン配列には、 Jc_M2Jc_M3Jc_M4Jc_M1 、およびJc_M5というラベルが付いており 、上記のモーターコネクタの順にリストされています。

ステップ4:ファームウェアステップ2:デカルト軸の速度制限、ピンおよび電流

デフォルトは10000mm / minで、これは166mm / sec(Marlinユーザーへの参照を維持するため)に相当し、多くのプリンターで十分です。 設定後にメモにデフォルト/現在の値を書き留める方法に注意してください。 これは、変更が必要な場合(いつ)によいアイデアです。

ただし、Ultimaker 2では300mm / secなので、XYには18000、Z軸には4800を入力します。

ピン

現時点ではピンを変更していませんが、各軸に_max_rateを入力する必要があります。デカルトプリンターでは_axis_max_speedと同じです 。 これは、デルタプリンターの場合ではありません。

したがって、 alpha_max_rateおよびbeta_max_rateには18000を入力し、 gamma_max_rateには4800を入力します。

に注意してください_dir_pinの後にリストされます-これは軸の方向を示し、削除または追加できることを意味します 軸の方向が間違っている場合。

ケーブルを交換する代わりに、必要に応じて後で戻ってこれを変更します。どのような場合でも適切なコネクタを使用する場合はできません。

電流

私のXYZ Nemaモーターの定格は3.2電圧、1.7アンペアです。

モーターに最大電流を供給したい場合は、 _current1.7アンペアに設定しますが、モーターはかなり熱くなりますので、代わりに1を使用してみます。

Zモーターを0.8アンペアに設定しましたが、実際にはあまり仕事をしていないため、 gamma_current 0.8に変換します

ステップ5:ファームウェアステップ3:LCD、SDおよびExtruder

LCDおよびSD

LCDとSDに関しては何も変更しません。

押出機のセットアップ

私は元の押出機を使用していないので、私の数字はここで異なります!

ここでは、2つの設定のコメントを外しました。

デルタドライバー電流

ここで注意すべき点の1つは、 デルタドライバーの電流です。これは、Extruder 01モーターに変換されます。

私の押出機モーターの定格は2.5アンペアです。 私はそれにジュースを与えたいが、それを熱くしすぎないようにしたいので、1.5ampで入れる。 5.1ギア付き押出機を実行しているため、実際に圧力をかける必要はありません。 1.5ampもおそらく多すぎます。

ステップ6:ファームウェアステップ4:Hotend Temperature Control Configuration

使用するピンやコネクタは変更しませんが、デフォルトのままにします。

サーミスタタイプ

使用するサーミスタの種類を変更します。 Semitecサーミスタが付属しているE3Dホットエンドを使用しているため、これを変更する必要があります。

正しいサーミスタを見つけるために、次を見てください://smoothieware.org/temperaturecontrol#toc5

PIDチューニング

これを設定する必要がありますが、すべての設定を最初に行う必要があるため、この段階では実際には設定できません。

準備ができたら、コマンドはMarlinファームウェアの場合と少し異なります。

Smoothiwareでは、コマンドは60cでテストするM303 E0 S60です。 60でテストを行い、次に新しい値で200でテストを行いました。

Hotendサーミスタ-物理的なレイアウト

サーミスタを実際に接続するために、ピンの画像を見て、接続先を見つけます。

ホットエンドサーミスタのデフォルトコネクタは、ボード上のTH2という名前のコネクタです。

  1. TH1はP0.23-加熱ベッド
  2. TH2はP0.24-Hotend
  3. TH3はP0.25-未割り当て
  4. TH4はP0.26-未割り当て

config.txtファイルに小さなコメントを追加して、0.24がTH2であることを思い出させます

ホットエンドヒーターピン-物理レイアウト

Control.hotend.heater.pin 2.7は、ボード上のHeater1というラベルの付いたネジ留め式端子です。

下のグラフはかなり不規則に見えますが、コントローラーボード上で左から右にリストされています。 ボード自体にリストされているため、見た目ほど悪くはありません。

  1. ホットベッドはP2.5-加熱ベッド
  2. Heater1はP2.7-Hotend01です
  3. Heater2はP2.6-Hotend02
  4. FANはP2.4-FAN

ステップ7:ファームウェアステップ5:加熱床温度制御の構成

加熱ベッドセクションの開始を明確に述べるコメントはなかったので、ホットエンドセクションの開始に合わせて開始コメント#加熱ベッド温度制御構成を作成しました。

サーミスタタイプ

サーミスタをセットアップに適したタイプに変更する必要がある場合があります。 それ以外には何もありません。

正しいサーミスタを見つけるために、次を見てください://smoothieware.org/temperaturecontrol#toc5

温度調節ベッドBANG-BANG

私は、より高いPWM信号を使用するPIDの処理があまり得意ではないSSR(ソリッドステートリレー)を介して加熱ベッドを実行しています。 スムージーウェアのサイトによると、信号を20に下げることでそれを行うことができましたが、正直なところ、自分の加熱ベッドのPID調整を行う方法がわかりませんか?

ベッドの周波数を指定する場合、次のようになります。

 temperature_control.bed.pwm_frequency 20 

temperature_control.bed.bang_bangのコメントを解除して設定をtrueに変更し、次の行のtemperature_control.bed.hysteresisのコメントも解除します

加熱ベッドサーミスタ-物理的なレイアウト

ここでもう一度、ピンの画像を見て、サーミスタの接続先を見つけます。

加熱床サーミスタのデフォルトコネクタは、ボード上のTH1という名前のコネクタです。

  • TH1はP0.23-ホットベッド
  • TH2はP0.24-Hotend
  • TH3はP0.25-未割り当て
  • TH4はP0.26-未割り当て

config.txtファイルに小さなコメントを追加して、0.23がTH1であることを思い出させます

正しいサーミスタを見つけるために、次を見てください://smoothieware.org/temperaturecontrol#toc5

加熱ベッドヒーターピン-物理的なレイアウト

temperature_control.bed.heater_pin 2.5は、 HOT-BEDネジ留め式端子です。 これは、電源入力のすぐ横にある大きなネジ留め式端子です。

下のチャートはかなり不規則に見えますが、コントローラーボード上で左から右にリストされています

  1. ホットベッドはP2.5-加熱ベッド
  2. Heater1はP2.7-Hotend01です
  3. Heater2はP2.6-Hotend02
  4. FANはP2.4-FAN

加熱ベッドはデフォルトでbang_bangに設定されていますが、これは加熱ベッドのような広い領域に適しています。

ステップ8:ファームウェアステップ6:エンドストップの構成

このセクションは一見非常に混乱しているように見えますが、どのように注文されているかを最初に理解するとき、それは本当に悪くありません。

Smoothiewareソース://smoothieware.org/endstops

ホーミング方向

Ultimakerスタイルプリンターのホーミング方向を設定できます。 X min、Y max、Z maxに対応していることがわかります。 これは次のように翻訳されます:

  • alpha_homing_direction home_to_min
  • beta_homing_direction home_to_max
  • gamma_homing_direction home_to_max

未使用のエンドストップを無効にする

X max、Y min、Z minのエンドストップは使用しないため、ncと入力して無効にし、 N ot C onnectedに変換します。

  • alpha_max_endstop nc
  • beta_min_endstop nc
  • gamma_min_endstop nc

軸サイズを定義する

プリンターのサイズを定義する必要があります。 これは、Marlinのソフトウェアエンドストップに変換されます。

  • alpha_max 213
  • beta_max 179
  • gamma_max 195.8

エンドストップ出力の反転

M119コマンドを発行して出力をテストします。 これはMarlinを使用する場合とは異なるため、 triggeredではなく、endstopがヒットを通知している場合は1を取得します。

誤検知が発生した場合は、 !を追加してエンドストップ信号を元に戻す必要があります ピン番号の後。

私がどのように削除したかを見ることができます alpha_min_endstopと、 M119コマンドを発行したときに出力がどのように変化したかから。

ヒント:ピン番号である1.24、1.27、1.29に焦点を合わせないでください!

高速および低速のホーミング率

ホーミングレートは、移動速度mm / secに直接転送されます。

XとYの_fast_homing_rateを100に、Zを20に上げました。Ultimaker2はZ maxにホームします。デフォルトのままにすると、ホームに戻るのに時間がかかります。

私は実際にマーリンでこれを2倍にしましたが、温めるベッドを重いものに変えたので、上げる前に少し試してみたいと思います。

エンドストップを押すと、軸は少し後退します。ここで、距離iは_homing_retract_mmで定義され、その後ゆっくり戻ります。 これは、 _slow_homing_rate someによって定義されます。 特にZ軸については、これらを上手に上げました。

ステップ9:ファームウェアステップ7:ネットワーク設定

ネットワークオプションを使用する場合は、 DHCPを有効にし、プリンターにルーター/ DNSサーバーからIPが与えられる自動セットアップを使用できます。

代わりに静的アドレスを使用してプリンターを構成する場合は、ここにIPアドレスとサブネットマスクを入力するだけです。

サブネットに適したものに変更しました。 あなたとは違って見えるかもしれません。

これで、標準のインターネットブラウザまたはPronterfaceの両方を使用してプリンタに接続できます。

Explorerを使用すると、使用するための簡略化されたPronterface GUIが得られます。

telnetが提供するオプションを確認したいので、telnetを有効にしておきました。

注:使用しないネットワークサービスを無効にしてください。これにより、セキュリティ侵害が発生し、ユーザーがマシンを乗っ取る可能性があります。 特に使用しない場合は、Telnetを無効にしてください。

ステップ10:次は?

これは今のところです!

スムージータイプのボードとスムージーウェアを飛躍させるか、または離れていくかを決定するのに役立つことを願っています。

Sbase 1.2コントローラーとSmoothiewareの使用を開始することで、このInstructablesの目的を完全に満たしたと思います。

これで機能的なプリンターが必要になりますが、多少の調整は依然として必要です。

より高度なセットアップ?

Hotend Temperatureと-fanswitch(2スイッチ)をセットアップしました。これについては、今後のInstructablesで説明します。

スイッチを使用する

1)ファンスイッチ::ホットエンドヒートシンクを冷却するために使用されるファンのオン/オフを切り替えられるようにする-ノイズが多いため、必要でない限り常にオンにしたくない。

2)ホットエンドの温度をポーリングするスイッチ。その後、ファンスイッチを使用して、50℃以上の温度でファンをオンにし、温度が50未満になったら再びオフにします。

関連記事