コマンドプロンプトマトリックス番号

マトリックスに関する最後のInstructableは文字のみでしたが、これは数字を使用するバッチファイルであり、より現実的に見えます。 実際のマトリックスは、日本語の文字と他の記号を使用していましたが、これは異なる順序とサイズの数字を使用しているだけで、前回のInstructableからより現実的に見えます。

それは非常に簡単ですので、それに着きましょう。

ステップ1:必要なテクノロジー

必要なもの:

  • コマンドプロンプト付きのPC
  • メモ帳アプリケーション
  • 提供するコード

ステップ2:コード

OK、コードを入力するには、メモ帳を開く必要があります。

このコードを入力してください:

@エコーオフ
色0a
:上
echo%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%%random%
一番上に行って

  • %random%が画面の1行にあることを確認し、別の行に行かないようにしてください。

ステップ3:.batとして保存する

メモ帳ファイルを.batファイルとしてDekstopに保存します。

名前を付けて保存:

matrix.bat

.batはバッチであり、バッチはコマンドプロンプトで使用されるため、これが機能するためには最後に.batが必要です。

手順4:開いて実行する

デスクトップでそれを開き、実行してみましょう!!!

友達に見せて、彼らが驚かれるのを見てください。

ステップ5:画面を大きくする

全画面表示にするには、上部の青いバーを右クリックして、プロパティをクリックします。

レイアウトを選択し、ウィンドウサイズの高さと幅を300に変更します。300をデフォルトにする場合は、トップバーをもう一度右クリックし、デフォルトを選択し、レイアウトを再度選択して、高さと幅を300にします。

留意してください:

  • 画面を大きくする場合は、コードに%random%を追加する必要があります。

そのため、コードを約20回繰り返しコピーするだけです。

楽しんで!

関連記事