ブラジャー

ブラジャーはもう少し高度なプロジェクトですが、それはあなたが思うほど難しくはなく、中程度の縫製スキルを持つ人の手の届かないところに決してありません。 パターンの調整に少し時間をかけることをいとわない場合は、自分にぴったり合ったブラジャーに仕上げることができます。市販のブラジャーはごくわずかです。

ステップ1:ツールと材料

材料:

  • 少なくとも左右に伸縮する生地
  • 縁取り用の非対称ランジェリーエラスティック
  • ストラップゴム
  • アンダーワイヤー
  • フックと目
  • 少しニットのインターフェース
  • オプションで、装飾用のストレッチレース
  • オプションで、装飾弓のリボン
  • オプションで、ストラップを調整するためのプラスチック製のハードウェア-ただし、これを省いてb / c調整する必要なく、ストラップを正確な長さにすることができます!

一部のファブリックストアまたはオンラインでアンダーワイヤーを購入できますが、捨てる必要がある古いブラジャーがある場合は、まずアンダーワイヤーを回収します。 正しいサイズのアンダーワイヤーを得るために最善を尽くします(乳房の下にそれを保持し、乳房に突っ込むことなくぴったりと収まることを確認します)。 それらは少し曲げることができますが、形状をより良く保持するために、実際には丸いワイヤーではなく、U字型の平らな金属で作られています。

ステップ2:パターン

ブラパターンは購入できますが、既存のブラからパターンを作成しました。 一部の部品は追跡可能でしたが、カップの部品はアンダーワイヤーのせいではありませんでした(アンダーワイヤーを取り外してオリジナルを台無しにしたくありませんでした)。 だから私のパターンはおおよそのものでした。テストブラを作り、それがどのようにフィットするかに従ってパターンを修正しました。

4つのパターン要素があります。
  • 上カップ
  • 下カップ
  • サイド/バック
  • フロントステイ

パターンに関する重要なことは、a)カップピースの合わせ方、b)伸びの線、c)縫い代が必要なエッジとそうでないエッジです。 布地は、ほぼ確実に90度方向よりも一方向に伸縮します。 最も伸びる方向は、カップピースとフロントステーで上下しますが、サイド/バックピースは横向きです。 ストレッチ方向のマーキングについては、写真をご覧ください。

カップピースには、上部カップの上部を除いて縫い代が必要です(そこにはいくつかのオプションがあります。カップの手順をご覧ください)。 サイド/バックピースの必要なのは、カップに取り付けられるエッジの縫い代のみです。残りのエッジは伸縮性があります。

ブラパターンはほとんどあなたに合わないので、ここには追加しません。とにかくたくさんの変更を行う必要があり、フィットすることを知っている既存のブラからそれをトレースするのは本当にもう少しの作業ですまたは、それがどのようにうまく適合するかを正確に知っている)。

ステップ3:パターンの調整の詳細

パターンの作成中に、1つの部分的なブラジャーと1つの追加の完全なブラジャーを作りました。 下の写真の緑色のものは完全にウェアラブルですが、伸縮性は非常にカーリーなので、平らにレイアウトされているのは本当に奇妙に見えます。

可能な調整はいくつでもありますが、最も一般的なものは次のとおりです。

  • カップの形状は、カップ下部の上部の曲線を変更することで調整できます。 ここでの小さな調整は長い道のりを行くので、一度に8分の1インチずつ変更し、ラインを十分に滑らかにしてください。 ここで多くの変更を行う必要がある場合は、おそらくカップ上部も調整する必要があります。これにより、カップの下部の長さの違いに対応するために、少し長くしたり短くしたりできます。
  • センターステイ。 乳房の広さに応じて、短くするか長くする必要があります。 また、側面の角度を変更すると、より直線または三角形の平らな方がよりフィットするようになる場合があります。
  • カップの上端-ブラジャーを完全に覆うよりも少し小さくしたいので、カップの外側の端を下げました(内側の端は下げませんでした)。 また、これを補うためにストラップを長くする必要がありました。
  • サイド/バックが短すぎるか長すぎます。 脇の下の領域でこの部分を調整します。

ステップ4:カット

それぞれ2個ずつ切り取ります。 生地の最も伸びる方向にマークを付けたときに、ストレッチラインを忘れずにレイアウトしてください。 また、1つの縫い目をなくすために、センターステイを折り目にカットしました。 ステーのストレッチラインは左右ではなく上下に伸びています。 非常に伸縮性のある生地を使用している場合は、安定性のために、ステーを連結したり、別の伸縮性のない生地と並べたりすることもできます。

ステップ5:カップ

2つのカップピースを中央に沿って縫い合わせ、互いに対して正しい向きになっていることを確認します。 トップステッチ; 必要に応じて、生地が非常に細かい場合など、この縫い目の裏側を裏打ちすることができます。

カップの上端を自由に仕上げます。 ここにストレッチレースピースを追加しましたが、ランジェリーエラスティックのピースを使用することもできます。または、先に考える場合は、上部の2つのピースをカットして端に向かって顔を合わせることができます。 その場合は、おそらく最初にエッジの縫い目を行い、次に両方の上部ピースを下部ピースに縫い合わせます。

私がやったようにストレッチレースを着れば、おそらくカップの縫い目を縫う前にそれを縫う方が簡単でしょう! あなたはレースをカップよりも少し小さくしたいです(結局伸びます)。 レースの端を上部カップの上端に沿って置き、小さなジグザグのステッチで縫います。 最後に、レースの下から元の生地の一部を切り取ります-または、オーバーレイの外観が好きな場合はそのままにしてください!

ステップ6:センターステイ

ステーを上部(折り目で切断しなかった場合は下部)で縫い合わせ、右側を外側にします。 それをカップの内側に固定し、上端を合わせます。 アンダーワイヤチャンネルが完全な1/4インチになるため、1/4インチ未満の縫い代を縫います。

ステップ7:サイド

古いブラジャーを装着した状態で、背中のアンダーワイヤーエッジから他のカップエッジまでゴムを持ち上げます。 適度に締めます。 これにより、サイドパネルの下部に必要な長さの2倍の伸縮性が得られます。 端と中央を固定して各辺の長さを取得し、側面の部品に取り付けます。 (エラスティックがサイドパネルより1インチまたは2インチ短い場合は、弾性測定とサイドピースパターンのいずれかが間違っているため、再確認してください)。

ランジェリーエラスティックを取り付けるための縫製技術は、脚のエラスティックについてのステップで説明できる私のパンティーで説明されています。

次に、中央のフロントステーの縫い方と同じように、縁を1/4インチより少し小さく、カップに側面を縫い付けます。

ステップ8:アンダーワイヤー

カップの下端と長さ1インチの長さの2つのインターフェイスストリップをカットします。 1つを縦に半分に折って(アイロンを使用する必要がある場合は、接着剤が内側に折り畳まれていることを確認してください)、コップの下端の周りにピンで留めてください。 写真のように、縫い代の横に少しスペースを残して、フロントステーとサイドピースの上に置きます。 1/4インチの縫い代を使用してブラカップの端にチャネルを縫い付けます。 前のステッチラインはまったく表示されません。

次に、アンダーワイヤチャネルをブラカップの内側に折りたたんでラップし、ステーとサイドピースを外します。 カップの内側4分の1インチより少し上に置き、すべての未加工エッジを覆う必要があります。 これを、チャネルの折り畳まれたエッジの近くの所定の位置にステッチします。

中央のフロントステイのそばでチャンネルの端にバータックを縫い付けて、アンダーワイヤーが出ないようにします。 次に、作成したチャンネルにアンダーワイヤをスライドさせるだけで、外側の端からアンダーワイヤを挿入します。 アンダーワイヤは対称ではありません。 短い差と長い差がありますが、違いは小さい場合があります。 長い方の端は外側の端になります。

ステップ9:サイドエラスティックとストラップ

ブラジャーの後ろからサイドピースの上部の側面の周り、カップの上部まで、試行錯誤により、ゴムの正しい長さを決定します:最初に、元のブラジャーを着用している間に正しいようにピースを保持します。 長さを書き留めて、縫ってみてください。 それを選択し、必要に応じて調整することができます(または練習用に作業している場合は、修正する必要はありません)。

サイドエラスティックがオンになったら、ストラップのエラスティックの長さを計算します。 ストラップの片方の端を、伸縮せずに残りのバックエッジのそれぞれに縫い付けます。 これで、ブラを自分に固定して、ストラップの長さを決めることができます。

マークを付けた場所で、ストラップをカップに縫い付けます。 まだ伸縮していない場合はゴムを切り、ストラップを折り畳んで、最後の写真のように切り口をジグザグに縫って、整頓します。

私はこれをしようとは思いませんでしたが、古くなったブラジャーが摩耗していて、ストラップやストラップのハードウェアがまだ良い場合は、それらの部品を再利用できます。

ステップ10:フックと目

代わりに、一部の生地店で販売されているブラジャーバックエクステンダーを使用するか、自分でフックと目に縫い付けることができます。 私は怠gotになったので、通常のように小さなフックと目のペアの代わりに、広い単一のフックとバーを使用することになりました。 しかし、それはうまく機能します。

最初に生の両端を柔らかいもので覆います-Tシャツの布の切れ端は素晴らしい作品です。 私は単に正方形を切り、片方の端をブラジャーの端の右側に縫い付け、両側を下に折って、それらを下に縫い合わせます。

次に、手または機械でフックとアイを縫うだけで、着用時にフックが背中を傷つけないように、目の端に十分な尾があることを確認します。

関連記事