Audacityを使用した基本的な録音と編集

このインストラクションでは、Audacityの基本的な機能を紹介します。 Audacityは無料のオーディオ編集ソフトウェアです。 使い方はとても簡単ですが、便利な機能がたくさんあります。 質問がある場合や、Audacityの特定の機能についてより詳細な説明が必要な場合は、コメントしてください。できる限りサポートいたします。

この説明が好きなら、A / Vコンテストで投票してください。 ありがとう!!!

ステップ1:記録と再生

最初に紹介するのは、Audacityでサウンドを録音および再生する方法です。 これらは、Audacityの最も基本的な機能です。
記録するには、左上隅の赤い点をクリックするだけです。
記録を停止するには、左上隅のオレンジ色の四角をクリックします。
録音またはインポートしたサウンドを再生するには、左上隅の緑色の三角形をクリックします。

ステップ2:オーディオトラックのインポート

オーディオトラックをインポートするには、画面の左上隅にあるプロジェクトタブをクリックします。
次に、オーディオのインポートをクリックします。
開きたいファイルを選択します。
開くをクリックします。

ステップ3:オーディオの選択

-すべてのオーディオを選択するには、編集タブをクリックしてから、選択をクリックしてから、すべて選択をクリックするか、キーボードのCtrl Aを押します。

-オーディオトラックの一部を選択するには、左上隅の選択ツールが選択されていることを確認してください。
次に、選択するセクションの先頭をクリックしたままにします。
次に、選択するセクションの最後にカーソルをドラッグします。

-カーソルから開始または終了を選択するには、編集タブをクリックします。
次に、選択をクリックします。
次に、「終了するカーソル」または「カーソルの開始」をクリックします

(オーディオの選択されたセクションは濃い灰色になります)

ステップ4:オーディオのテンポを編集する

-オーディオのテンポを編集するには、編集するオーディオのセクションを選択します。
-次に、エフェクトタブをクリックします。
-次に、[テンポの変更]をクリックします(変更速度をクリックしないでください。これにより、オーディオの速度とピッチが変更されます)
-メーターをクリックしてドラッグし、テンポを変更します(正しいテンポを取得するために必要な「変化率」を知るには、実験する必要があります)
-ここで編集した音声のサンプルをプレビューをクリックします
-オーディオのテンポが気に入ったら、「OK」をクリックします
(テンポを変更すると、選択されたエリアは短くて速くなるため縮小されます)

ステップ5:オーディオのピッチを編集する

-オーディオのピッチを編集するには、編集するオーディオのセクションを選択します。
-次に、エフェクトタブをクリックします。
-[ピッチの変更]をクリックします
-メーターをクリックしてドラッグし、ピッチを変更します(正しいptichを取得するために必要な「変化率」を調べるには、実験する必要があります)
-ここで編集した音声のサンプルをプレビューをクリックします
-オーディオのピッチが気に入ったら、「OK」をクリックします

ステップ6:オーディオを削除する

オーディオを削除するには、削除するオーディオのセクションを選択して編集タブをクリックしてから削除するか、Ctrl-Kを押すか、キーボードの削除キーを押すか、キーボードのバックスペースキーを押します

ステップ7:オーディオトラックを分割する

オーディオトラックを分割するには、分割する2番目のトラックを選択する必要があります。
次に、編集タブをクリックします。
次に、分割をクリックします。
(分割されたオーディオの後半は別のトラックに移動します)

ステップ8:オーディオのエクスポート

オーディオをエクスポートするには、[ファイル]タブをクリックします。
次に、「WAVとしてエクスポート」または「MP3としてエクスポート」をクリックします(必要なオーディオファイルの種類に応じて)
ファイルに名前を付けて、[保存]をクリックします。

(WAVまたはMP3としてエクスポートした後にサウンドがめちゃくちゃになった場合は、最初に使用したものとは別のファイルタイプとしてエクスポートしてみてください)

関連記事