Arduino Nano ATmega238P / CH340G V3.0 PCBレイアウト

これらは、eBayで人気のあるNano ATmega238P / CH340Gに関する私のメモです。

CG340Gチップは、公式にリリースされ文書化されたArduino Nanoで使用されているFTDI USBチップに代わるものです。 この設計は公式のNano回路図とは異なり、このNanoのCH340Gバージョンの回路図は見つかりませんでした。 オームメーターを使用して調査し、ボードレイアウトを調査して注釈を付けました。ハードウェアのハッキングや修正に興味のある方のために、共有したいと思いました。

CG340Gには外部水晶があり、Nanoには水晶に関連するコンデンサ用の未実装パッドがあります。

RXおよびTX LEDは、公式のNanoのようにUSBチップ上の別々のピンで駆動されるのではなく、ATmega328PのRXおよびTXピンに接続されます。 公式Nanoと同様に、RXおよびTX LEDはアクティブLowで、ピン13と電源LEDはアクティブHighです。

公式Nanoとの違いを含む可能性のある残りの興味深いものは、ボードの下部にあります。

5VレギュレーターはAMS1117です。

CH340GのRXおよびTXラインとArduinoヘッダーおよびATmega328PチップのTXおよびRXラインの間には、公式のNano回路図と同じ1Kの抵抗があります。 これらはA3およびA4ピンの近くに配置されます。

D2ピンに最も近いコンデンサは、USBシリアル接続でリセットするために使用されるDTRからRSTへのコンデンサです。

RX0ピンに最も近い抵抗はリセットプルアップです。 これは、他のArduinoに比べて1Kでかなり強力なプルアップですが、公式のNanoでも1Kです。 他のほとんどのArduinoは10Kプルアップで設計されています。

NanoとHC-05 Bluetoothボードを併用する場合の注意事項

Pro MiniやPro Microなどの他のArduinoモデルで動作する0.1 uFコンデンサを介してStateピンをRSTに接続することにより、HC-05 Bluetoothボードを配線してNanoを自動リセットできます。 Nanoの場合、1Kの外部プルダウン抵抗をリセットピンに追加する必要があることがわかりました。 NanoのオンボードDTRコンデンサは、HC-05状態ピンからリセットパルスを送信するために追加したDTRコンデンサと干渉するため、これが必要です。 NanoからDTRキャップを取り外してCH340Gの自動リセットを無効にした場合、その問題は発生せず、プルダウン抵抗は不要です。

また、HC-05 Bluetooth TXとNano RXピン間の接続が問題を起こすことがあります。 HC-05のTX出力は、Nano RXピンを駆動する3.3Vのロジックレベルでは十分に強くないようです。 他のArduinoモデルには同じ問題はありません。 ブレッドボード上で、Nanoシリアルピンの近くにHC-05 Bluetoothボードを配置し、ワイヤをできるだけ短くし、2本のワイヤを走らせてさらに良好な接続を行うと、正常に機能します。 また、ロジックレベルコンバーターを使用して接続を作成しましたが、これは最も信頼性の高いソリューションです。 3または4チャネルコンバーターモジュールがeBayに$ 0.99 USDでリストされており、多くの場合、送料が含まれています。

追加の技術情報

Arduinoコミュニティのメンバーmarpikによって調査された、回路図などの技術情報の詳細:

//actrl.cz/blog/index.php/2016/arduino-nano-ch340-schematics-and-details/

上記のリンクは他の人のブログへのものであり、正確な情報が保証されているわけではないことに注意してください。 私はそれを研究しましたが、それは有用な情報であり、一般的に正確だと思います。 DanielB122は、回路図のRXおよびTXルートの問題を特定し(以下のコメント)、回路図の改訂で修正されたようです。

CH340Gの英語のデータシートはメーカーのものではなく、中国語以外の言語で情報を提供しようとする自家製の試みです。 私が読んだデータシートおよびその他の情報によると、CG340Gに接続されている水晶は12MHzであると想定されています。 しかし、私がナノで観察し、写真を見せた結晶は20.0と刻まれています。 私はそれで何が起こっているのか分かりません。

より有用な情報:

//fobit.blogspot.com/2014/11/ch340g-in-eagle.html

関連記事