Arduino Keypad 4x4チュートリアル

キーパッド入力は、arduino unoおよび4x4キーパッドのフルコードでシリアルモニターに表示されました...

ステップ1:Arduinoとの接続

aruduinoデジタルピンでキーパッドを接続する:

キーパッドピンはArduinoピンに接続します

1 D9

2 D8

3 D7

4 D6

5 D5

6 D4

7 D3

8 D2

ステップ2:コード

コード:

#含める

constバイトnumRows = 4

constバイトnumCols = 4;

keymap [numRows] [numCols] = {{'1'、 '2'、 '3'、 'A'}、

{'4'、 '5'、 '6'、 'B'}、

{'7'、 '8'、 '9'、 'C​​'}、

{'*'、 '0'、 '#'、 'D'}};

バイトrowPins [numRows] = {9, 8, 7, 6}; //行0から3

バイトcolPins [numCols] = {5, 4, 3, 2}; // 0から3列

// Keypadクラスのインスタンスを初期化します

キーパッドmyKeypad = Keypad(makeKeymap(keymap)、rowPins、colPins、numRows、numCols);

void setup(){

Serial.begin(9600);

}

//キーが押された場合、このキーは「keypressed」変数に保存されます//キーが「NO_KEY」と等しくない場合、このキーが出力されます//カウント= 17の場合、カウントは0にリセットされます(これキーパッドスキャンプロセス全体でキーが押されないことを意味します

void loop(){

char keypressed = myKeypad.getKey();

if(キー押下!= NO_KEY)

{

Serial.print(keypressed);

}

}

ステップ3:

ここに私のブログスポットリンクがあります、それはあなたが役に立つと思うかもしれないいくつかの余分な図を持っています...ブログスポットリンク

添付ファイル

  • keypad1.inoダウンロード

ステップ4:ライブラリーの追加

ライブラリの追加:

ライブラリを追加するには、Skeetchesに移動します->> Include library- > libray名「keypad」を入力してからinstallを押します。次に、スケッチをarduinoにアップロードします。
オプションのリンクは次のとおりです。

ワードプレスのブログ

ブログスポット

関連記事