Arduino関数Serial.read()およびSerial.readString()

Arduinoのシリアルモニターは非常に便利な機能です。シリアルモニターは、受信データの表示、データの送信、データの印刷などに使用されます。シリアルモニターは、シリアル通信を介してArduinoに接続されます。 このシリアル通信は、ArduinoのRX(ピン0)およびTX(ピン1)端子を使用して行われます。 このシリアルモニターを介して、あらゆる種類のデータを送信できます。 Arduinoで受信データを読み取るには、「Serial.reads()」および「Serial。readString()」が2つの非常に便利な関数です。 これにより、Arduinoシリアルポートに送信されるデータが機能します。 ただし、2つの関数には少し違いがあります。「シリアル読み取り()」関数は、データをバイト単位で読み取ります。「int a = Serial.read();」コマンドを記述した場合、「a "in bytes。" Serial.readString() "は、文字列のシリアルデータを読み取ります。これは、" String a = Serial.readString(); "を意味します。 コマンド「a」ストア文字列。写真には2つの写真があり、1つはardino IDEシリアルモニター、もう1つはプロテウス仮想端末です。

ステップ1:Serial.read()

シリアル機能

read()を使用して、着信シリアルデータを読み取ります。 読んだ()。

これにはパラメーターがありません。

戻り値

使用可能な着信シリアルデータの最初のバイト(またはデータが使用できない場合は-1)-int

構文
Serial.read()

詳細については

リンク://www.arduino.cc/en/Serial/Read

ステップ2:Serial.read()の例

コード:

int incomingByte = 0;

void setup(){

Serial.begin(9600); //シリアルポートを開き、データレートを9600 bpsに設定します

}

void loop(){

if(Serial.available()> 0){

incomingByte = Serial.read(); //着信バイトを読み取ります:

Serial.print( "I received:");

Serial.println(incomingByte);

}

}

これは、「Serial.reads()」関数のサンプルコードです。シリアルモニターからデータを送信し、そのデータはSerial.read()関数を読み取ります。 前述したように、Serial.reads()関数を使用してデータを受信するのはバイト単位です。 したがって、整数変数が宣言されます。 Serial.read()関数Serial.println()関数で何が起こっているかを理解するため。 しかし、Serial.writes()関数を使用すると、シリアルモニターでどの文字が押されているかを確認できます。

Youtube

ステップ3:Serial.readString()

シリアル機能

readString()は、シリアルデータから文字列を読み取ります。

これにはパラメーターがありません。

戻り値
シリアルから読み取る文字列。

構文
Serial.readString()

詳細については

リンク://www.arduino.cc/en/Serial/ReadString

ステップ4:Serial.readString()の例

コード:

文字列a;

void setup(){

Serial.begin(9600); //シリアルポートを開き、データレートを9600 bpsに設定します

}

void loop(){

while(Serial.available()){

a = Serial.readString(); //着信データを文字列として読み取ります

Serial.println(a);

}

}

「Serial。readString()」関数は、シリアルデータを文字列として読み取ります。 そのため、一部のデータがシリアルで与えられると、Serial.readString()関数は文字列として読み込まれます。 図では、仮想モニターをシリアルモニターとして使用しています。 しばらくして「私の名前はマムンです」と返ってきてから、「私の名前はマムンです」と書きました。 ここから、「Serial.readString()」関数がどのように機能するかが明確に理解できます。

Youtube

関連記事