Arduino基本チュートリアル

みなさんこんにちは。 私はバングラデシュのズバイエル・タミドです

Rajuk Uttara Model Collegeを代表しています。

今日、私はArduinoに関する非常に基本的なチュートリアルを書いています。 インターネットを介して閲覧しているさまざまなWebサイトで多くの検索を行いましたが、Arduinoの基本概念について説明または議論するチュートリアルはありませんでした。 それでは、始めましょう。

ステップ1:Arduinoとは?

Arduinoは、AVRマイクロコントローラーをメイン制御ユニットとして使用するオープンソースのハードウェア開発ボードです。 Arduinoは一般に、組み込み電子機器やロボット工学プロジェクトの作成に使用されます。 Arduinoは、初心者が組み込み電子機器とロボット工学の基礎を学ぶのに最適な製品です。

ステップ2:Arduinoボードとインストール

Arduinoで作業を開始する前に、Arduinoボードが必要です。

Arduinoボードには多くの種類があります。つまり、Arduino Uno、Arduino Mega、Arduino Nano、Arduino Due、Arduino Fioなどです。しかし、Arduino Unoは基本を学ぶのに最適なボードです。

書かれたコードをArduinoボードにアップロードするには、WebサイトからArduino IDEをダウンロードする必要があります。 リンクを提供しています://www.arduino.cc/en/Main/Software

インストールプロセスが完了した後、Arduinoをうまく開くと、上の写真のようになります。

ステップ3:Arduino IDE

Arduino IDEのさまざまな部分について教えてください。

1:それはあなたが書いたコードを検証するためのボタンです
Arduino Boardにアップロードする予定です。

2:これは、コードをArduino Boardにアップロードするためのボタンです。

3:これは、新しいユニットを開くためのものです。

4:これは、以前のコードを開くためのものです。

5:これはコードを保存するためのものです。

ツールセクションでは、Arduinoボードを選択する必要があります
使っている。

Arduinoボードを選択した後、
Arduinoボードを検出するコンピューターのポート。 ただし、このポートは、コンピューターにArduinoボードを接続した後に選択する必要があります。

ステップ4:Arduinoプログラミングの一部

このステップでは、Arduinoプログラムのさまざまな部分について学習します。

最初の部分で記述するコードは、Arduinoによって一度だけ実行されます。

例を見てみましょう。 13番が必要な場合。 出力としてArduinoのピンを使用し、この部分にpinMode(13、OUTPUT)を記述します。 また、入力として使用する場合は、pinMode(13、INPUT)を記述します。 Arduinoがこのコマンドを1回読み取った場合、13個のnoが設定されます。 指示通りのピン、入力または出力。

一方、第2部ではArduinoによって継続的に実行するコードを記述します。

ステップ5:Arduinoの部品

このステップでは、Arduinoのさまざまな部分について理解します。

1:これらはすべてArduino Unoのデジタルピンです。

2:これらはArduinoのICSPヘッダーです。これにより、AVRマイクロコントローラーでArduinoファームウェアをブートロードできます。

3:これはArduinoのメインAVRマイクロコントローラーです。

4:このピンはArduinoの電源ピンです。

5:これらはアナログピンです。

6:このICはUSBシリアルコンバーターです。

7:これらはTx Rx LEDです。

8:これは、デジタルピン13に接続されているユーザー向けの組み込みLEDです。

9:これは、コンピューターに接続するためのUSBポートです。

10:これは、Arduinoに電力を供給するための電源ポートです。

11:これは、Arduinoボードを再起動するためのボタンです。

ステップ6:LED点滅プロジェクト

さまざまな創造的なプロジェクトを作成し、私たち自身の創造性を磨くことで、Arduinoを上手に学ぶことができます。 次に、単純な点滅LEDプロジェクトを作成します。

プロジェクトの基本的な回路と作業プロセス:

LEDは、デジタルピン番号の2k抵抗によって接続されます。 Arduinoの13。 LEDが1秒間点滅し、1秒間点滅が停止します。

プログラミング:

/ * Arduino点滅プロジェクト

* Zubayer Tahmidによる

* /

void setup(){

pinMode(13、OUTPUT);

}

void loop(){

digitalWrite(13、HIGH);

delay(1000);

digitalWrite(13、LOW);

delay(1000);

}

void setup()関数で、13 noを宣言しました。 出力としてピン。 次に、void loop()関数でArduinoに13 noでHIGH値を与えるように命令しました。 ピン。 次に、1000ミリ秒の遅延を与えました。 それから、13番でLOW値を与えるようにArduinoに命じました。 ピン。 その後、再び1000ミリ秒の遅延を与えました。 Arduinoにコードをアップロードすると、コードで指示したとおりに機能します。

ステップ7:結論

Arduinoの基本を学べることを願っています。 あなたはそれをマスターするためにArduinoを練習し続けなければなりません。 チュートリアルで間違いを見つけた場合は、電子メールでアドバイスするか、コメントセクションでコメントしてください。 このチュートリアルで良い反応が得られたら、Arduinoロボットの基礎に関する完全なシリーズチュートリアルと、Arduinoの高度なチュートリアルを作成します。 組み込み電子機器の世界で非常に幸せな体験をしてください。

私のメール:

関連記事